Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

KAAT神奈川芸術劇場 岡山天音舞台初主演『ビビを見た!』7月に上演!

2019/4/9 11:23

KAAT神奈川芸術劇場

岡山天音舞台初主演『ビビを見た!』7月に上演!

vivi_flyer_s1

KAAT 神奈川芸術劇場では7月4日()15(月・祝)まで、松井周演出、岡山天音主演の舞台『ビビを見た!』が上演される。

いま注目を集める演出家・松井周が長年あたためていた、幻の童話作家と言われた大海赫の絵本「ビビを見た!」が舞台化される。絵本「ビビを見た!」は、よしもとばななが絶賛し、Amazon のカスタマレビューは驚異の星 4.9 と知る人ぞ知る絵本業界の傑作。盲目の少年・ホタルが 7 時間だけ目がみえるようになることから始まる物語は、全身緑色の少女・ビビ、鎖をきひずった 大男・ワカオなどが登場し、一見ファンタジックにもみえるが、その衝撃的なストーリーと、強烈な色彩感は大人も強くひきつける。

松井は本作で描かれるパニックに陥った社会・集団心理の中に、今の全体主義的な社会風潮へつながる予兆を感じている。現在の社会風潮に疑問を抱いた松井は、舞台化を通じて、社会へ一石を投じる!

出演は、いまテレビや映画で大活躍中の岡山天音が舞台初主演、実力派若手女優の石橋静河がビビを演じる。そして、二人を取り巻くのは、元宝塚トップスターの樹里咲穂、舞台を中心に多岐に活躍する久ヶ沢徹、個性的な演技で注目をあつめる瑛蓮、師岡広明ほか。

KAAT_ヒ〓ヒ〓を見た!_CastPhoto並ひ〓_color1

ストーリー
盲目の少年・ホタルに「7 時間だけ見えるようにしてやろう」と言う声が聞こえた。
ホタルの目が見えるようになると同時に、まわりの人は光を失ってしまう。母も猫も、町の人も・・・。
突如、町が正体不明の敵に襲われると警報がながれ、人々はパニックに陥る。 盲目になった母と逃げるために列車に乗り込こむホタル。
そこで、ホタルはやぶれた美しい羽と触覚を持った緑色の少女ビビと出会う。
天真爛漫で無邪気なビビに手を焼きながら、一緒にいるホタル。 ホタルたちの乗った列車を謎の巨人・ワカオが追いかけてくる・・・。


 

関連記事


Page Up