Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

仲野太賀&衛藤美彩 W主演主演 映画『静かな雨』 第20回東京フィルメックスにて観客賞受賞!

2019/12/2 16:09

仲野太賀&衛藤美彩 W主演主演 映画『静かな雨』

ティザーメイン-(002)s

本格派俳優として注目の仲野太賀と“乃木坂46”を卒業し新たな一歩を踏み出した衛藤美彩のダブル主演映画『静かな雨』が2020年2月7日(金)よりシネマート新宿ほか全国順次公開される。

本作が、「第20回東京フィルメックス」のコンペティション部門に入選し、さらに“最も観客から支持を集めた”「観客賞」を受賞した。

中川龍太郎監督は受賞にあたり、次のとおりコメントしている。
東京フィルメックスという、学生時代から友人としょっちゅう通っていた映画祭で観客賞という、素晴らしい賞をいただけて本当に嬉しく思っています。学生時代に何度も何度も行っていた映画祭なので、その時一緒に観ていたお客様からのご指示が少しでもいただけたのだとしたら、こんなに光栄なことはございません。この映画(『静かな雨』)は2020年2月7日に劇場公開されますので、その時また観ていただけたら嬉しいです。今回は、本当に有難うございました。


本作は、『羊と鋼の森』で2016年の本屋大賞1位を受賞した作家・宮下奈都の小説デビュー作を映画化。仲野、衛藤のほか、三浦透子、坂東龍汰、古舘寛治、川瀬陽太のほか、萩原聖人、村上淳 、でんでん等が出演。さらに、『殯の森』『あん』などで世界的な監督として知られる河瀨直美監督も女優として出演している。

日本人が持つ“真の愛”と、誰もが感じたことのある“愛”の前での人間の無力さを描いた本作で、日本映画界に真の愛を問いかける。

<ストーリー>大学で生物考古学研究助手をしている行助(仲野太賀)は、パチンコ屋の駐車場でおいしそうなたいやき屋を見つける。そこは、こよみ(衛藤美彩)という、まっすぐな目をした可愛い女の子が一人で経営するたいやき屋だった。そこに通ううちにこよみと少しずつ親しくなり、言葉を交わすようになる。 だがある朝、こよみは交通事故で意識不明になってしまう。毎日病院に通う行助。そしてある日、奇跡的に意識を取り戻したこよみだが、事故の後遺症で記憶に障害があることがわかる。事故以前の記憶は残っているが、目覚めてからの記憶は一日経つと消えてしまうのだ。行助は記憶が刻まれなくなったこよみと、変わらずに接していこうとするが……。外は静かな雨が降っていた。

『静かな雨』は2020年2月7日(金)シネマート新宿他全国順次ロードショー
©2019「静かな雨」製作委員会 / 宮下奈都・文藝春秋

 

関連記事


Page Up