竜星涼・犬飼貴丈W主演 映画『ぐらんぶる』 裸、裸、裸の特報映像&ビジュアル解禁!英勉監督最新作

2020/2/1 13:45

竜星涼・犬飼貴丈W主演 映画『ぐらんぶる』

映画『ぐらんぶる』ファーストビジュアル-(002)

講談社「good!アフタヌーン」にて連載中の原作:井上堅二、漫画:吉岡公威のコンビによるダイビングサークルを舞台にした超人気漫画「ぐらんぶる」が実写映画化される。

主に衣装の面で絶対に映像化不可能と言われている本作の監督を務めるのは英勉。『ハンサム★スーツ』や『ヒロイン失格』『映画 賭けグルイ』などを手掛けたキングオブコメディが、スクリーンの限界に挑む!

竜星涼(北原伊織役)と犬飼貴丈(今村耕平役)がW主演、5月29日(金)公開が発表され、あわせて劇中映像初公開となるほぼ服を着ていない特報映像と、こちらもほぼ服を着ていないファーストビジュアルも解禁となった。

特報映像:https://www.youtube.com/watch?v=0rQNizEnY8A

特報は南国らしい楽し気な音楽に合わせて、美しいサンゴと熱帯魚の美しい海が拡がる。実際に沖縄の離島で撮影されており、そこは圧倒的にキレイな海!しかしそこから一転…主人公の伊織はなぜか服を着ず、真っ裸のままキャンパスに!? そこに同じく服を着ていない耕平までもが現れ…2人は服を着ていないのか、なぜキャンパスで目覚めたのか???ストーリーのあらすじはいまだ謎に包まれているが、とにもかくにも主人公が予告の中で一度も服を着ていない衝撃的な映像になっている。

竜星は、「来る日も来る日も裸。裸、裸、裸、ん?最初に想像していたイメージとはだいぶかけ離れてしまいましたが、かけがえのない裸の先輩と裸の相棒に出会うことができました」とコメント。また犬飼も「漫画アニメが大好きなので、漫画原作映画に携われたことに大変嬉しく思います。ほぼ裸でしたが。沢山の素敵な出会い、撮影期間が夏だったので、かけがえのない夏の思い出ができました。ほぼ裸でしたが」と本作に臨んだ思いを語った。

今回かなり振り切った演技を披露している2人だが、そうなってくると心配なのが、長年2人を手塩にかけて育て見守ってきた事務所の方々がどう思っているか。竜星を担当するマネージャーは初めてオファーを受けた時、「最大のチャンスと最大のピンチが同時に来たなと思いました」と当時を振り返りつつ、「彼なら全力でやり遂げると信じてお引き受けしました」「竜星が文字通り体を張った作品なのでマネージメントも気合を入れて大ヒットさせます!」と言いつつも、「イベントに裸で出てくださいと言われたらどうしようと思うと怖くて眠れません・・・。」と本作でしか起こりえない心配もうち明けた。また犬飼の担当ネージャーは、「ジュノンボーイから始まり、仮面ライダー、朝ドラなど、今まで培った経験だけは身に纏い、犬飼は文字通り裸一貫頑張りました」「特報やポスター大丈夫かな。社長、申し訳ございません!!」と社内報告のようなコメントを寄せている。

エグゼクティブプロデューサーの関口氏は、「英監督からプロデューサーへの唯一の質問は、『振り切っていいですか?』という一言でした。もちろん、『振り切ってください』と答えました」と起用時のエピソードを明かし、2人に関して「主人公達はほぼ全編裸。さすがに竜星さんも犬飼さんも、ここまで裸の撮影が続くとは思っていなかったのではないでしょうか」と慮った。実際に撮影を終えて、「実際に現場での二人は最後まで嫌な顔ひとつせず全力・全裸で撮影に取り組んでくれました。私には二人がまるで原作から飛び出してきた伊織と耕平のように見えました。原作を知らない方も原作ファンの方も楽しんでいただける、今まで見たことのない男の友情、青春コメディ映画となっています」と絶賛。本作の完成に自信をのぞかせた。

映画『ぐらんぶる』は、5月29日(金)より全国公開される。

 

関連記事


Page Up