映画『事故物件 恐い間取り』 亀梨和也に迫りくる恐怖とは?!場面写真初解禁

2020/6/6 16:40

亀梨和也・主演 映画『事故物件 恐い間取り』

★0606解禁メイン『事故物件-恐い間取り』

「事故物件」…それは殺人・自殺・火災による死亡事故等があった“いわくつき”の部屋。そんな事故物件に住み続けている1人の芸人がいる。彼の名は松原タニシ。<事故物件住みます芸人>として活動するタニシ氏の実体験による著書ベストセラーノンフィクション「事故物件怪談 恐い間取り」が映画化!亀梨和也・主演の映画『事故物件 恐い間取り』が、8月28日(金)より全国公開される。

物語は、タニシ氏の実話をベースに、亀梨和也演じる売れない芸人・山野ヤマメが制作会社プロデューサーの松尾(木下ほうか)から「テレビに出してやるから事故物件に住んでみろ」と無茶ぶりされ、殺人事件が起きた事故物件に住むところから始まる。1軒目の部屋で撮影された映像の中には白い“何か”が映っていたり、音声が乱れたり・・・。番組は盛り上がり、ネタ欲しさに事故物件を転々としていくヤマメを待つ“最恐”の事故物件とは—!?

監督を務めるのは、『リング』(98)で日本映画界のホラーブームを牽引しその後も数々のヒット作・ 話題作を生み出し、『スマホを落としただけなのに』(18)の大ヒットも記憶に新しいホラー映画の巨匠・中田秀夫監督。

6月6日は【恐怖の日】。この度、恐怖の日を記念し、亀梨和也演じるヤマメに事故物件の恐怖が迫りくる戦慄の場面写真が初公開された。場面は、劇中でヤマメがTV番組への出演を条件に住むことになった事故物件1軒目での1コマ。

ヤマメは事故物件へと足を踏み入れる。そこは以前、一人暮らしの女性が殺されたという“いわくつき”の部屋だった。ひとりで部屋にカメラをセッティングするヤマメの元に、プロデューサーの松尾からの電話が入る。早速ヤマメの部屋の様子が気になる松尾だったが、電話の向こうのヤマメに奇妙な違和感を感じる。ヤマメに忍び寄る恐怖の正体とは一体・・・。

亀梨のほか、ヤマメを密かに応援するメイクアシスタント・小坂梓を奈緒が演じ、お笑いコンビ・ジョナサンズでヤマメの相方・中井大佐を瀬戸康史が演じる。さらに、ヤマメに事故物件に住むことを提案する制作会社プロデューサー・松尾を木下ほうか、ヤマメに事故物件を紹介する不動産屋・横水を江口のりこ、梓のヘアメイク先輩・カオリをMEGUMI、怪しい宮司・伊崎を高田純次、心霊研究家・篠崎を小手伸也など多彩なキャストが集結している。

 

映画『事故物件 恐い間取り』
©2020「事故物件 恐い間取り」製作委員会
公式サイト: movies.shochiku.co.jp/jikobukken-movie
2020年8月28日(金)全国公開

関連記事


Page Up