永瀬廉、伊藤健太郎や橋本環奈らのもとにママチャリで颯爽と登場!映画『弱虫ペダル』キックオフイベント

2020/7/15 10:56

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

公開まで1ヶ月に迫った7月14日(火)、東京・秋葉原UDXのアキバ・スクエアにて映画『弱虫ペダル』の“キックオフイベント”が行われ、主演の永瀬廉(King & Prince)、共演の伊藤健太郎、橋本環奈、坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎、菅原健、そして三木康一郎監督が登壇した。

 

319A0931s

後段左から:三木監督、菅原健、坂東龍汰、竜星涼、栁俊太郎
前段左から:橋本環奈、永瀬廉、伊藤健太郎

 

本作は、大人気の同名青春コミックスの実写映画化で、地元千葉から秋葉原までママチャリで通う高校生・小野田坂道(永瀬)が仲間と自転車ロードレースに挑む熱い奇跡の物語。

 

319A0610s

永瀬は、チームの仲間たちに扮する伊藤健太郎らが待つステージに颯爽とママチャリに乗って登場。「撮影時を思い出しましたね。劇中で実際に使っていた自転車なので、(サドルに)跨がった瞬間、坂道に戻った感覚になりました」と感慨深げ。続いて、「(撮影でも訪れたという)秋葉原は坂道にとって想い出深い地ではあるが、僕には坂道ほど想い出がないのは残念。今日皆さんと人生初めてと言っていい秋葉原での楽しい想い出を作りたい」と挨拶した。

 

319A0665s

そして、同じく同級生のライバルで今泉俊輔を演じた伊藤は「こういう(コロナ禍の)状況のなかで、多くのマスコミに来ていただき、いよいよ公開が近づいてるという気持ちでいっぱいです」と喜びの表情。自転車競技部マネージャーの寒咲幹を演じた橋本も「公開日もズレずに公開されるというのが嬉しく、こういうイベントをさせていただけるのがすごくありがたいです」と笑顔で語った。

 

319A0889s

一方で、坂道の同級生でチームメイトの鳴子小吉を演じた坂東は「個人的に秋葉原に来たのは初めて。たくさんガチャガチャが並んでいて・・・、ガチャガチャが楽しかったです」、また上級生・金城真護を演じた竜星は「メイド喫茶の女の子に声を掛けられました(笑)」など、二人とも秋葉原の話題で盛り上がっていた。

永瀬と伊藤は、劇中でプロレーサーでもキツいと言われる急坂コースに挑戦。永瀬は「やるしかないという気持ちだった。限界の先が何回かあったくらい過酷でしたけど、完成したものを観れたことが不思議ですね。安心感もありつつ、あと1ヶ月。早く皆さんに届いたらという思いです」と満足感に溢れていた。

 

319A0713s

橋本は「実際近くで見ていて、こんなにも過酷なんだと感じました。皆、撮影の前からすごく練習していて・・・。普通にこんな激坂を上れるんだと思いながら見てましたね。胸が痛い」と感想を漏らすが、伊藤は「(見ていて)愉しんでましたよね」とツッコミ。永瀬が「愉しんでいたのは監督ですよ!」、橋本は「監督は『皆キツそうだな』って、笑ってました」と同調していた。

そこで監督が「最初、自転車ロードを撮影するのは大変だと思ったので、CGでやろうと思ったんですね。でも、どこかのタイミングで、全部(実演で)やらした方が面白いなと思って・・・」とCG案があったことを明かした。伊藤は「どこかのタイミングで!っていうとき、監督は僕に言ってきたんです。『キツいから、本気で練習してね』って」と振り返った。永瀬は「CG案があったことさえ、知らんかった!」とビックリ。監督「狙いどおり、凄く苦しい表情をしていたので、それは見ていて面白かったです」と満足げだったが、永瀬、伊藤二人は大苦笑だった。

 

319A1022s

映画のコピーも「青春を走れ!希望をつなげ!」。とっておきの青春エピソードは?と問われ、永瀬「高校生の頃、男3人千葉県の海辺に行って、翌朝までレジャーシートで雑魚寝。朝めっちゃ雨が降ってきてレジャーシートを被りながら駅まで帰ったことを思い出します」、伊藤も同様に「18歳免許取り立ての頃、親友とクルマで海に行った。ただ行くだけ。今考えると青春だったのかな」と海繋がりで語った。

橋本は「高校生時代から仕事で忙しく、通っていた福岡の高校には、空港で制服に着替え。10日間くらい、東京福岡を繰り返し。スイッチのオンオフがなかった。久々に学校に行くと友達がお弁当を作ってくれたのがすごく嬉しかった」と忙しいなか、ほっこりする想い出を披露した。

坂東は「出身の北海道での高校3年間を懸けた青春。電車通学のなか他校の女子高生に一目惚れ。3年間ずっと片想いという・・・」と恥ずかしげに語るが、菅原から「3年間はキモいぞ」とツッコまれていた。

 

319A0882s319A0746s319A0902s

竜星は「『弱虫ペダル』撮影中に青春っぽいことができた。3人(永瀬・伊藤・坂東)が自転車撮影中に、3年生(竜星・栁・菅原)はゆっくりする時間が多くて、レンタカーで(撮影地の三重県から)大阪に行ってたこ焼きを食べていた。下級生が頑張っている間に、上級生は絆を深めることができた」と自慢すると、永瀬は「オレらも猿田彦神社で恋おみくじを引いた。オレだけいい結果(大吉)でした」と対抗した。

そして最後、永瀬が「僕たちは全力で自転車に挑んで、全身全霊でこいだ作品です。青春の尊さ、この時代だからこそ大切にしたい人との繋がり、頑張ろうという気持ちを蘇らせてくれる作品になっていると思います。『弱虫ペダル』をよろしくお願いします」と締めくくった。

映画『弱虫ペダル』は8月14日(金)全国公開される。

関連記事


Page Up