演劇界の最強ユニット“ねずみの三銃士”がPARCO劇場に還ってくる!山本美月、池谷のぶえ、宮藤官九郎出演

2020/7/20 22:07

“ねずみの三銃士”第 4 回企画公演「獣道一直線!!!」

senzai-(002)

既に10月にPARCO劇場にて上演が発表されている、PARCO劇場オープニング・シリーズ“ねずみの三銃士”第4回企画公演「獣道一直線!!!」。演劇界のチームリーダーである、生瀬勝久、池田成志、古田新太が“今、一番やりたい芝居を、自分たちの企画で上演したい!”思いで結成された“ねずみの三銃士”による企画公演が上演される。

第4弾となる今作も前3作同様に、ねずみの三銃士発案のネタをベースに、宮藤官九郎が新作を書き下ろし、河原雅彦の演出、お楽しみのゲスト俳優を迎え、6年ぶりに新生PARCO劇場のオープニング・シリーズとして還ってくる。

この度、ゲスト俳優は、2度目の舞台出演となる山本美月と存在感ある演技を発揮する個性派・池谷のぶえが決定。さらに、第一回から脚本を手掛ける宮藤官九郎も今回出演として初参加する。

また、解禁されたビジュアルは宇宙を連想させるような銀色の服に身を包み、覗いている万華鏡のごとく、それぞれ違った表情をしたインパクトある仕上がりとなった。

演劇界を率引するねずみの三銃士に、一筋縄ではいかない個性豊かなゲストを迎えて贈る本作は、3つの事件を軸にブラックな笑いを交えながらもどこか不気味で中毒性があること間違いなし。

 

cast6-(002)

脚本:宮藤官九郎 コメント
ほぼ毎回そうですが、女の人に騙される男性の話です。これまで、作品の中で起きる「事件」を追いかけるルポライターや作家を必ず登場させてたのですが、今回も誰にやってもらおうかとなった時に、成志さんから「宮藤出られないの?」というお話をいただきました。このシリーズ旅公演も多いので、その楽しかった話をよく聞いていて、僕はいつも行けないので、羨ましいなと思っていて(笑)、出られるなら出ておきたいなと思って、今回は出演者としても参加させていただくことになりました。自分で書いたものを自分で演出せず、役者で出るというのは初めてなので、どんな風になるのか、今は想像がつかなくて、すごく楽しみです。このシリーズ、ちょっと「いや~な」芝居ですが、僕も舞台上で笑いを散りばめながら楽しんでもらえるものにしていきますので、是非劇場に足をお運びください。

古田新太 コメント
今回の元ネタのアイデアはおいらが出しました。老人がそんなにきれいでもない女性に財産をつぎ込むまで騙されてしまう。「老人」を三銃士がやるってのを宮藤に書いてほしい、というのをリーダー(河原雅彦)に伝えました(笑)。そしたら成志さんが「宮藤にも出てもらおう」と言い出して、今に至ります。
おいら達がどんな目にあっても良いので、女性がチャーミングにうつる作品にしたいなと思ってます。

 

PARCO劇場オープニング・シリーズ “ねずみの三銃士”第 4 回企画公演「獣道一直線!!!」
【東京公演】 10月6日(火)~11月1日(日) PARCO劇場(渋谷PARCO 8F)
【長野公演】 11月5日(木)~8日(火) まつもと市民芸術館
【北海道公演】 11月13日(金)~15日(日・祝) カナモトホール(札幌市民ホール)
【京都公演】 11月19日(木)~23日(月・祝) ロームシアター京都 メインホール
【福岡公演】 11月27日(金)~29日(日) 久留米シティプラザ ザ・グランドホール
【高知公演】 12月3日(木)~6日(日) 高知県立県民文化ホール オレンジホール
【沖縄公演】 12月11日(金)~13日(日) アイム・ユニバース てだこホール

関連記事


Page Up