黒柳徹子と生田斗真による、79歳と19歳の恋物語がいよいよ開幕!舞台『ハロルドとモード』

2020/9/28 23:00

黒柳徹子×生田斗真 舞台『ハロルドとモード』

キメカット★DSC_4364-(002)

舞台『ハロルドとモード』が9月28日(月)、東京・EXシアター六本木で開幕した。出演は、79歳のモードを演じる黒柳徹子、モードに恋する19歳のやんちゃな少年ハロルドに生田斗真、さらに趣里、浜田信也、相島一之、秋本奈緒美と豪華な顔ぶれで、型破りな二人の生き様と恋模様が描かれる。

1977年にジャン=ルイ・バローの演出により舞台化された後、同じくバローの劇団の来日公演が上演されるなど、ストレートプレイからドラマリーディング、ミュージカルと、キャストや上演形態を変え幾度となく上演された。本作は、これまでに数多く脚本・翻訳・演出を手掛けてきたG2が、新たに脚本を書き下ろした朗読劇で、9月28日(月)~10月3日(土)まで東京・EXシアター六本木にて、10月14日(水)・15日(木)に大阪・シアター・ドラマシティにて上演される。

 

舞台写真★DSC_4115_2-(002)

写真はいずれも、撮影:濱谷幸江

 

G2は、「黒柳さんはとてもキュート。周囲への気遣いもとても自然で、場がとても和らぎます。斗真くんはとてもナチュラル。芝居へかける静かな情熱を持つジェントルマン。他の皆さんも楽しく、かつ、しっかりと物語空間を創り上げようとする姿勢が素晴らしく、稽古場は私にとって癒やしの場。本番が始まれば、次は客席が癒やし空間に早替わりすることでしょう」と自信を覗かせ、黒柳は「生田さんは、とても大人っぽく男性的なので、私はひきずられっぱなしです。何歳なのかは伺ってないのでわかりませんが、堂々としていて、魅力的です。こういうかたと芝居できてラッキーです」と満足げ。そして生田は黒柳について「日本にテレビが普及した時から今日に至るまで、たくさんの日本人に愛されて続けている、日本のヒロイン。そんな黒柳徹子さんと恋人役をさせて頂けるなんて夢にも思わなかった事です。稽古場でもいつも可愛いお洋服をお召しになっています。ご自身の信念と誇りを持って毎日を過ごされている姿に沢山のエネルギーと勇気を貰えます」とコメントを寄せた。

 

関連記事


Page Up