映画初出演の我が家・坪倉由幸が演じる“永遠のNo.2” 大泉洋主演『騙し絵の牙』 新たな場面写真が解禁

2021/3/24 23:51

大泉洋主演『騙し絵の牙』 新たな場面写真が解禁

「騙し絵の牙」ポスタービジュアルsss

俳優・大泉洋を主人公にあてがきした「騙し絵の牙」が、吉田大八監督(『桐島、部活やめるってよ』『紙の月』)により実写化!主人公の雑誌編集長・速水役には、もちろん大泉洋。他、大泉と映画初共演で吉田組には『桐島、部活やめるってよ』以来となる松岡茉優の他、佐藤浩市、宮沢氷魚、池田エライザ、中村倫也、佐野史郎、木村佳乃、和田聰宏、坪倉由幸、斎藤工、塚本晋也、リリー・フランキー、小林聡美、國村隼など日本を代表する超豪華俳優陣が大集結。それぞれがクセモノ揃いのキャラクターを見事に演じ、崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる、仁義なき騙し合いバトルが誕生した。

本作には、TBS「アンナチュラル」「下町ロケット」や、NTV「あなたの番です」など脇役ながら印象に残る名演技を見せてきた坪倉由幸が出演。本作が映画初出演となるが、大泉洋演じる雑誌「トリニティ」編集長の下で奔走する副編集長・柴崎真二の役という重要なポジションだ。もちろん坪倉も騙しを仕掛けるクセモノたちの一人だ。

 

メイン_00986_810_7449sサブ1_04155_11804745sサブ2_04743_11806073s

 

この度、主演の大泉洋や吉田大八監督、撮影現場について伺ったインタビューと、新たな場面写真が解禁となった。

Q: 撮影現場はいかがでしたか?
A: 監督も凄い方だし、大泉洋さんをはじめ、松岡茉優さんや共演の皆さんも凄い方ばかりなので、緊張しました。

Q: 大泉洋さんについて
A: 座長の大泉さんが、凄い雰囲気を良くしてくださって、自ら話しかけてくれるんです。大泉さんが「俺、自信ないから稽古するぞ」と言ってみんなを集めて。でもご本人はひとりでも出来るんです。多分僕たちのためにそういうことをやってくれて、分け隔て無くチームにしてくださって助かりました。

Q: オファーを受けて
A: 正直「なんでかな?」という感じでした(笑)。「こんな凄い方々といいのかな?」と。

Q: 副編集長・柴崎役について
A: 僕も人生の中でトップに立ったことがないので、編集長になれそうだったのに(大泉演じる)速水がやって来て編集長になれない柴崎の気持ちは分かります。芸人としてもトップに立てなくて、賞レースに出ても準決勝止まりでいつも悔しい気持ちがあって。嫉妬じゃないですけれど。事務所内でも頑張ってネプチューンさんに追いつこうと思ったら、ハナコとか四千頭身が来ちゃったみたいな(笑)。そんな感じが(役と自分が)近いところがあるのかなと。

Q: 吉田大八監督について
A: 監督の印象は良い意味で細かいかなという感じはします。他の方の撮影を見ていても一発OKがあまり出ないのかなと思って。一番良いところを引き出そうとしてくださっているのか、ただ本当に細かいだけの人なのか(笑)。事細かく説明してちゃんと指導していただけるので、OKが出た時は凄く嬉しかったです。

Q: 作品について
A: 本当に面白い作品ですし、作品を壊さないように頑張って演じていますので、是非たくさんの方に観ていただきたい思いです。

映画『騙し絵の牙』は、3月26日(金)より全国公開される。

関連記事


Page Up