風間俊介、倉科カナ、中川翔子、前田亜季による怒涛の会話劇『パークビューライフ』本日開幕

2021/4/7 04:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

4月7日(水)に世田谷パブリックシアターにて開幕する舞台『パークビューライフ』の開幕直前取材会が6日(火)に行われ、風間俊介、倉科カナ、中川翔子、前田亜季の4人が登壇した。

 

319A9173s

本作は、孤独な人生を送っていた男性が、職を失った冴えないアラサーシングル女性3人と共同生活を送ることになる怒涛の会話劇。性格の全く違う4人が互いの欠点も含めて共に生きていく、ほろ苦くも心温まるエピソードを綴る物語。

 

319A9468s

はじめに、風間は「本作は今を描いた物語で、人との接触や出会いが難しくなった今だからこそ、新たに人と出会ったり、人と一緒に暮らすという決意みたいなものの大切さがしっかりと描かれているので、今を生きる皆さんに是非見ていただきたいと思います」と挨拶。

倉科も「この物語は約1時間40分の怒濤の会話劇となっています。物語自体はとても温かく、私たちはエネルギーマックスで演じていますので、たくさんの方に来ていただいて、このエネルギーを少しでも受け取っていただけたら嬉しいです」と力強く語る。

 

319A9266s

そして、中川は「(お客さまに)お会いできることで、ナマでお客さまの生きている姿を感じ取れて、なんと尊くて素晴らしいことか、コロナ禍になってから人生観が大きく変わりました。是非こういう世界だからこそ、この舞台は多幸感、幸せな笑顔の光のツボを必ずお持ち帰りいただける作品になっています。お互いハッピーになります」、さらに前田も「稽古場では、感染対策をしっかりとりながら、4人で濃厚、濃密な稽古期間を過ごしてきました。(原作の)岡田惠和さんから『小さな幸せも全力で愛してください』というメッセージをいただいたので、それを心に一生懸命演じたいと思います」とそれぞれが開幕を前に高まる胸の内を語った。

 

319A9332s

このあとの質疑応答で、台詞の量が多かったかと問われ、風間は「覚えられるか全く自信が無かったのですが、この3人と一緒にやっていて、役が身になじんできたので、3人に助けられたという感じです」と仲間に感謝した。

風間は自身の役どころについて「あまり人と関わらずに生きてきたからこそ、人との接触に憧れを持っている。新宿御苑が見渡せるビンテージ・マンションに一人で暮らしているところに、この3人がひょんなことから迷い込んできて、共同生活を始める。僕が演じる成瀬洋というキャラクターにとっては、天変地異のような出来事。それによって起こる変化を皆さんの人生と照らし合わせて、楽しんでいいただけるかなと思っています」とコメント。

“4人の中で男性一人、馴染んでいますね”との問いかけに、風間は「そう言っていただけると嬉しいです」と回答すると、倉科が「馴染み倒してますよ!」とツッコみ、中川も「大人だから、すこやかなんですね。誰も気を遣っていない(笑)」と応酬。

 

319A9440s

続いて、役どころを問われた倉科は、「3人は幼馴染みで、瀬戸内海の島育ち。前田さん演じる望ちゃんは優等生、中川さん演じる香苗は変な子、私(玉枝)は普通という役柄です。ツッコミ役が多いですね」と紹介。風間が「普通は普通だけれど、一番ムードメーカーとして大車輪の働きをしているのは玉枝だと思う」と倉科を立てたが、倉科は「こう言ってくださってますけど、滑る役です」と自嘲気味に応えていた。

女性3人組について問われ、倉科は「友達というのを超えてますね。楽屋が3人一緒なんですけど、今日も、私食べ過ぎて、一人でユーチューブを見て痩せるダンスをずっとやってたんです(笑)。それも受け入れてくださる家族みたいになってきたなと、最近思います」と楽しげに語ると、風間が「やろうよ、その痩せる踊り!皆でやろう」と茶化していた。

 

319A9429s

中川は「風間さんは“踊らないジャニーズ”って言うけど、踊りはキレッキレなんですよ。(劇中での踊りを)私たちが全然出来ないので、踊って教えてくれるんです」と風間を称賛すると、風間は「ジャニーズの中では落ちこぼれなんだけど、ちょっと外に行くと“踊れんじゃん”って。あの頃の自分を呼び起こすような瞬間があります」と自慢そうだった。

 

319A9195s

舞台『パークビューライフ』
<東京公演>4月7日(水)~4月18日(日) 世田谷パブリックセンター
<大阪公演>4月23日(金) 17:00 4月25日(日) 12:00/17:00サンケイホールブリーゼ
<愛知公演>5月1日(土)13:00/18:00 5月2日(日) ウィンクあいち 大ホール

関連記事


Page Up