Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

トロット歌手“スッケン”単独インタビュー!

2012/7/8 03:00

“トロット”。もちろん、ご存知の方も多いだろうが…。日本語でいえば、演歌だ。韓国の演歌・トロット界にセクシーな新星が舞い降りた。2011年10月に「スッケン」がそのトロット界に満を持して「0順位」を引っさげてデビューした。

一口に演歌といっても、ド演歌からポップスに近い演歌まであるように、トロットも同じだ。スッケンの「0順位」は「0(ヨル)、0(ヨル)…」と明るく、ポップな感じがする。いわば、“trot-pop”という新しいジャンル。

そして、スレンダーでありながら、セクシー感漂うナイスバディのスッケン。その身体から繰り広げられるダンスも見ものだ。デビューしてからまだ8ヶ月ほどの彼女だが、今回、公式プロモーションとして初の来日を果した。


忙しいなか、RanRan Entertainmentにも時間をさいていただいた。部屋に入ると、ロングヘアのスッケンがいた。そして、白のペムラムシルエットワンピースが窓から差し込む日差しに映え、色白の彼女をさらに輝かせていた。終始、笑顔で笑い声が絶えないインタビューだった。

Q1: K‐POPアイドルが全盛のなか、トロット歌手を目指した理由は?

A1:そうですね。デビューする前に4~5年、エレクトリックキーボードやヴァイオリンの演奏と少し歌を融合させたエレクトリックチームで活動していました。舞台に立つと、当時からどのジャンルの歌よりも“トロット”が観客の皆さんに喜んでいただけるジャンルだと感じていました。そして、この“トロット”の持つバイブレーションが自分自身に合い、好きなジャンルだともずっと感じていました。また、“トロット”なら、世代を超えて、聴いていただけるし…。メロディも覚えやすくて、皆さんにカラオケでも歌っていただけるじゃないですか。それに韓国でも日本でも30~40代はアイドル世代と演歌トロット世代の狭間で浮いている世代でもあると考えています。そこで、私が目指している“trot-pop”はポップスとトロットのジャンルを融合させている曲調なので、あらゆる世代の皆さんに受け入れてもらえるのではないかと…。特にその30~40歳の年代の男性には“セクシーさ”をアピールしたいですね。(笑)


Q2:休日はどんなジャンルの歌を聞きますか?

A2:いろんなジャンルの曲を聴くようにしています。でも、やっぱり、バラードが好きかな?!「雪の花」(日本原曲:中島美嘉、韓国原曲:パク・ヒョシン)は大好きな1曲です。

Q3:リスペクトしている歌手は誰?

A3:イン・スニ先輩です。(力強く即答)バラードもそうですし、すべてのジャンルの曲をこなせるすばらし歌手ですから。私はまだまだ彼女の足元にもおよびませんが、目標にしています。

Q4:アメブロでブログも開設されていますが、日本語は難しい?

A4:(あー、ごめんなさい。照。)実は、これからちゃんと勉強しないといけないと思っています。いまは「すみません」「ありがとうございます」程度しか話せないので。頑張ります!

Q5:来日は何回目?

A5:公式には初めてです。でも、おばが東京にいるので、プライベートでは5回ほど遊びに来ています。これまでは“遊びに来る”という感覚でしたが、今回はプロモーションで来ることができて、またこのようなインタンビューをしていただけるということを光栄に思っています。

 
Q6:家族構成は?

A6:両親と妹の4人家族です。時には家族とも一緒にカラオケに行くことがあります。父はとても音楽が好きで、ピアノが弾けて、歌も上手いんです。そして、父方の親戚が集まるとみんなでカラオケ行くぞ!なんてことになります。そのときも“トロット”や“バラード”などをよく歌います。

Q7:日本食で好きな食べ物は?

A7:日本食はすべて好きです。すし、うどん、シャブシャブ、てんぷら、とんかつ、それにカレー!!(次から次へと止まらない。)いろいろあるけど、やっぱり、ラーメン!ですかね。それも安めのほうが好みです。高価なのはお醤油味が辛く感じるので、ちょっと苦手なんです。(笑)

Q8:行ってみたい場所は?

A8:大阪!事務所のスタッフの本拠地ですから、いろいろ連れて行ってくれるかな?って期待して…。(笑)

Q9:今後の活動予定は?

A9:日本における活動は…。今回はプロモーションだけですが、今後はイベントや放送出演やアルバム企画も予定しています。韓国での活動は、帰国後の7月からテレビ出演も決まっています。これから韓国で皆さんとお会いできる機会が多くなります。日本でも韓国と同じように皆さんとお会いできるようになればうれしいです。


Q10:未来の日本のファンに一言

A10:通常は韓国での活動があって、来日となるところ、私は韓国でデビューしてからわずかでこのようにプロモーション来日という機会を与えていただいて、本当に光栄に思っています。1日でも早く雑誌などマスコミの一面を飾れるように一生懸命頑張っていきますので、期待して、応援してください。そして、ストレスがたまったときなど、お母さんお父さん、お姉さんもお兄さんもみんなでカラオケに行って、私の曲で楽しめる親しみやすく、皆さんに受け入れられるかわいくて、セクシーな(笑)歌手になりたいと思っています。どうぞ、これからも“スッケン”をよろしくお願いします。

和やかな雰囲気のもと、行なわれたインタビュー。いつもそこには笑いと微笑みがあり、歌同様、親しみやすい1人の女性・スッケンがいた。

この後、フォトセッションの際にも、自ら進んで、テーブルを動かして、セッティングするなど、芸能人然としていない彼女に好感以外持ちようがない。

韓国ではもちろんのこと、日本での活躍も期待している。彼女の持つ明るい性格とpopなトロットとで、きっと、ライブは楽しいステージになることだろう。

★スッケンさんのサイン色紙を2名様にプレゼントいたします。

1、スッケンさんのサイン希望

2、お名前

3、年代

4、連絡先

5、応援しているアーティスト(何名でも可)

6、ご意見ご希望をお書きの上お申し込みください

プレゼント申し込み

締切 7月20日

関連記事


Page Up