Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

WONBIN(オ・ウォンビン)独占インタビュー!(前編)

2015/5/27 01:21

2015.05.  取材:記事・写真/RanRan Entertainment

グループFTISLANDでの活動を経て2010年からソロ活動を始め、2012年3月には日本でインディーズ・デビューしたWONBIN(オ・ウォンビン)。1stアルバムではシンガーソングライターとしての一面も発揮し、日本で積極的に活動を開始した。そんな彼が本国での活動と学業をこなしながらも2015年の2月7日、約2年半ぶりに原宿アストロホールでファンミーティングを開催。韓国では2つの映画出演を通して演技者として、そして日本では音楽を中心に活動を再開することになり、いよいよ来る6月、ファン待望の単独ライブ「オ・ウォンビン~THE LIVE!! 2015~」が開催決定!自身の一部ともいえる日本のファンたちが喜んでくれるようなステージにしたいと準備に余念のないWONBIN(オ・ウォンビン)の、ライブを目前に控えた独占インタビューをお伝えします!

SMJ_0870のコピー

Q: 初主演映画である『The Wind』と映画『世界の果ての愛』という2つの違ったタイプの映画を通して韓国での活動を再開されましたが、映画に出演すると決まったときのお気持ちはいかがでしたか?

ウォンビン:主演作の話をいただいたときは、これが初めての公式的な映画出演になるので、とにかく迷惑をかけないようにしなければと思いました。準備する期間も短かったのでもっと皆さんと交流しようと心がけ迷惑をかけないようにと思い撮影に臨みました。でも、監督さんもスタッフの皆さんも親切にして頂き、とても楽な気持ちで演技することができて皆さんに感謝しています。

SMJ_0827-2のコピー

Q: 『The Wind』では、事務所の先輩であるコ・ウナさんと共演されましたがいかがでしたか?

ウォンビン:事務所に移籍する以前からの知り合いだったので、気楽にいろいろなことを教えて頂きました。カメラの見方など演技の指導もして頂き、精神的に楽に演じることができました。

Q: The Wind』はオール済州島ロケということでしたが、いかがでしたか?

ウォンビン:とてもよい経験になりました。今回は撮影のためにどこにも行くことができなかったんですよ~(残念そうな表情・・)。済州島はとても水が綺麗ですよね。もう少ししたら夏だし、友達とまた行きたいなと思いました。

Q: おいしいものは食べれましたか?

ウォンビン:お弁当でした!(笑)それと撮影中のケータリングでした。

Q: また『世界の果ての愛』では、義理の父と娘の愛を描くという内容で、主人公の女性のボーイフレンド役ということですが、演じるにあたって特に気をつけたところはありましたか?

ウォンビン『世界の果ての愛』の場合は、それほど多くのシーンはなかったんですが、『The Wind』の撮影と時期が重なっていたので、ソウルと済州島を行き来しながらの撮影だったので、少しスケジュール的にきつい部分もありましたね(笑)。現場でわからない部分などは、相談しながら撮影に臨みましたので、自分なりにうまく演じられたんじゃないかなと思っています(笑)

SMJ_0821のコピー

Q:  今までいくつかのドラマ出演を通して演技の経験をされてきましたが、今までの演技を通して手ごたえを感じたことは?

ウォンビン:演技をするに当たってもいろんなやり方がありますよね。そういった方法がある中で僕自身に合ったものを探していく過程が面白いなと感じました。それから別のアドバイスを頂いたら、そのアドバイスを通してまた違った面白さも感じることができました。 僕の中にある一面を引き出すというか、歌を歌うことの面白さとはまた違った面白さを感じられましたね。

Q: 演技トレーニングも受けているということですが、今後の演技者としての目標などはありますか?

ウォンビン:演技トレーニングはグループ活動の時からずっと続けてきてずいぶん長くなりますが、実際カメラの前に立って演じてみると、トレーニングの時とは違いがありました。これからも現場を通してたくさんのことを学べたらいいなと思います。これからどういった演技者になっていくのかまだ分からないけれども、一つずつ学びながらこれらかの僕がどう成長していくのか僕自身も楽しみです!

Q: こんな演技をしてみたい!という役柄は?

ウォンビン:あ~!いつもどちらかというと明るくてキラキラした感じ?(笑)の役柄だったんですけど、ノワール的なジャンルにも挑戦してみたいし、サイコパスみたいな役もやってみたいです(笑)もちろんたくさん練習もしないといけないですけどね。

Q: そうなんですね。それではご自身の実際の性格はどのようなタイプですか?実は男らしいタイプ?それともおとなしいタイプ?

ウォンビン:実際の僕は男らしい面が強いと思うんですけど、ファンの皆さんには可愛い美少年?というイメージが強いようですね(笑)これからは作品を通して少しずつ俳優としてのイメージに変えていきたいです。成熟した姿もお見せできたらいいですね。

 SMJ_0902のコピー

Q:  バラエティや音楽番組など多彩な活動をしているスターも多いですが、ウォンビンさんが今後挑戦してみたい分野は?

ウォンビン:バラエティの場合はトーク中心のものと、共同生活したり、野外に行くものなどいろいろありますよね?僕はユーモアがなくてトークで人を笑わせるというのはちょっと難しいので(笑)リアルバラエティに挑戦してみたいです。

Q: それじゃ、野生バラエティで突然ジャングルに行ってください!と言われたら行けちゃうほうですか?!

ウォンビン:(きっぱり)はい!(笑)可能です!

Q: 普段よく見る番組はありますか?

ウォンビン:僕は・・日本のアニメーションがとても好きなんです(笑)日本語を勉強する方法はほとんどアニメーションを通してですね。中学生のころから好きで今でも見ています。そうすることでとても自然に覚えられるんですよ。僕が好きなもの、関心のあることをずっと見続けていたらいつの間にか自然に字幕なしでも見れるようになれましたし、話もできるようになりました。

Q: どんなアニメーションが好きですか?

ウォンビン:『寄生獣』が好きですね。『NARUTO –ナルト– 疾風伝』も好きだし、『ONE PIECE』(ワンピ)もそうだし、本当にたくさん見ました。ファンの皆さんも知らないようなものまで知っているくらいです(笑)。

Q: マニアですね(笑)

ウォンビン:もうマニア層ですよね(笑)でもフィギュアは集めませんけど、『ガンダム』なんかは昔の第一作目から見てますね!

Q: 日本語は主にアニメーションを通して学ばれたんですね。

ウォンビン:そうですね。でも、ひらがなカタカナもきちんと勉強しましたよ。

SMJ_0956のコピー

 後編に続く~

オ・ウォンビン~THELIVE‼2015~

日時:2015年6月13日(土)

1部:開場13:30開演14:00

2部:開場17:30開演18:00

会場:原宿アストロホール

料金:¥7,500(税込)【オールスタンディング】

◆チケット発売スケジュール

<サイト先行販売>

・2015年5月10日(日)~5月17日(日)ディスクガレージ

<プレイガイド先行販売>

・2015年5月19日(火)~チケットぴあ、イープラス、ローソンチケットにて販売

<一般販売>

・2015年5月27(水)~チケットぴあ、イープラス、ローソンチケット等にて販売

☆☆☆ WONBIN(オ・ウォンビン)さんのサイン入りチェキを2名様にプレゼントいたします。

RanRan EntertainmentのTwitterでこの情報をツイートしてくださった方、またはフォローして下さった方、ダイレクトメールにてお申込みください。
双方でフォローしておりませんとダイレクトメールでお申込みできませんので、フォローがまだの方は「フォロー希望」とご連絡下さい。
RanRan Entertainment TwitterURL https://twitter.com/ranranentame

【記載事項】
1. ウォンビンチェキ希望
2.お名前
3.お送り先
【募集締切】  6月14日(日)

抽選結果に関しましてのお問い合わせは受け付けておりませんでのご了承ください。

関連記事


Page Up