Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変」7月開幕!伊達政宗役の塩野瑛久さんと真田幸村役の松村龍之介さんに独占インタビュー!(後編)

2016/5/15 17:16

2016.04 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

13

―舞台で激しい立ち回りの稽古をしていたら、実生活でも動きが素早くなったり、得することはありますか。

塩野:モノが落ちる瞬間に、空中でキャッチすることがよくあります。もともと僕は反射神経がいいこともあって。自慢じゃないですけど(笑)

松村:僕は傘を持っているときに、(剣を突くしぐさをして)こんなふうにやったりとか、僕もモノが落ちそうになった時に上手く拾えた瞬間に「活かされてる!?」って思います! 体力がつくのもいい。舞台に向けて体を作ると、ほかの舞台でも活かされますね。

塩野:趣味でフットサルとかやる人もいますけど、僕はスポーツは全然しないので、普段体を動かさないんです。でも、舞台をやると運動できる。それは得かなって思います。

松村:僕は体作りや運動するのが好き。『BASARA』の舞台の稽古終わりとか、筋トレ後のお酒がめちゃくちゃ美味く感じられるのもいいですよ(笑)!

5

―自分が演じる役と別の役を演じるなら、どのキャラクターをやってみたいですか。

塩野:後藤又兵衛をやってみたいです! あのキャラ(浪人。プライドが高く執念深い)はいいですよ!

松村:いいよね〜!

塩野:『BASARA』のゲームをやる時も、けっこうセレクトしたりします。

松村:僕は山中鹿之介。『BASARA』の舞台ではみんな衣装が最初から最後までフル装備なんですけど、鹿之助は変身するんですよ。ヘタレなんですけど、人間臭くて武将っぽくないので、お客さんも共感しやすいと思います。機会があったら、ダブルキャストでやってみたいです!

12

―2人のコミュニケーションはどうでしたか?

塩野:前回のビジュアル撮影のときに初めて会ったんですけど、年が近いこともあってノスケくんから話しかけてくれて、帰り際にはLINEを交換しました。そういうウェルカムな雰囲気を作ってくれて嬉しかったです。

松村:僕すごい人見知りなんです(笑)。瑛もどっちかというとそうだよね?

塩野:僕は人見知りじゃない(笑)。

松村:あっ違うの、すみませんでした(笑)。

松村:僕は人とのコミュニケーションには、基本的には労力を費やさないと。でも向こうから来てくれるとこっちも行きやすい(笑)

塩野:僕はコミュニケーションをとるのが得意ではないので、がんばっています。正直、最初にノスケくんに会ったときはがんばったよ。

松村:ちゃんと伝わってましたよ(笑)。

塩野:伝わってた? それはヤバイな(笑)。ノスケくんがすぐに心を開いてくれて、今は本当に仲良くなって、会話しなくても大丈夫、という安心感があります。僕はがんばって近づくくせに、自分の心の扉があまり開かないほうなんで(笑)。相手が心の扉を開くのが見えたら、それを確認しつつ行くという(笑)

松野:分かりますね(笑)

松村:心の層が何段階かあるとしたら、僕は第一段階までは“スッ”と行くんですけど、そこから相手を引き入れたり、自分から行くっていうのにすごい勇気がいるんです。でも、瑛にはそれがなくて、気づいたら自分の心が開いていて…。

塩野:ノスケがバーッてしゃべるので、女の子としゃべってる気分になりますよ、「誰にでも言ってるんでしょ!」って(爆笑)

松村:それ、言われる〜(笑)。そんなことない! 心を開けないでいる姿を見せたい! 動画で(爆笑)!

 9

―最後に、ファンへメッセージを。

塩野:前回の反省点や「もっとこうできたら」ということを踏まえて、より素晴らしい公演をお届けします! 準備する時間もあるので、キャストもスタッフも気合を入れて、前回よりもさらにパワーアップしたものを作り上げていきます!

松村:“斬劇”ということで、見せ方も前回までとは若干ニュアンスが変わりますが、これまでの舞台をしっかり継承しつつ、進化したところを表現できたらと思います。僕と瑛の関係性がお客さんの心に一番残るものだと思いますし、役としてのぶつかり合いも前回よりパワーアップすると感じています。今日こうして話をしていて、「やっぱり隣にいてくれて良かったな」って思いました。

塩野:どうせ他の子にも言ってるんでしょ(笑)!

松村:絶対、言ってないです(笑)。お客さんには「期待して待っててください!」としか言えないですけど、絶対にその期待を越えてみせます! 瑛と一緒に! コヤツと越えます!

―7月の公演が楽しみです。ありがとうございました。

【取材後記】

終始マイペースの塩野瑛久さんに、茶目っ気たっぷりの松村龍之介さん。舞台で息の合った立ち回りをみせる2人は、「瑛(あき)」「ノスケ」と呼び合うほど仲良しで、笑いの絶えないインタビューとなりました! さらに激しくなるという殺陣も楽しみな、新作「斬劇『戦国BASARA4 皇』本能寺の変」。2人が再び演じる新たな伊達政宗、真田幸村に期待です!

前編~ http://ranran-entame.com/ranran/39883.html

 



斬劇「戦国BASARA4 皇」本能寺の変

【公演日程】

《東京公演》

2016年7月1日(金)~7月10日(日) Zeppブルーシアター六本木

《大阪公演》

2016年7月16日(土)~7月18日(月・祝) 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

 

9J9A3216-2a

【サイン入りチェキプレゼント】
●応募方法

RanRan Entertainment(ランランエンタメ)のTwitterをフォローしてくださり、リツイートしてくださったのちに
ダイレクトメールからお申込みください。
ダイレクトメールからはフォローして頂いていませんとお申込みができませんので、ご注意ください。

Twitterアドレス  https://twitter.com/ranranentame

①BASARAチェキ希望
②お名前
③送り先

●締切 6月6日

●送り先は日本国内に限らせて頂きます。
チェキはお選び頂けませんので、ご了承ください。
抽選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。

関連記事


Page Up