Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

猿之助 × 壱太郎『二人を観る会』5月開催!市川猿之助、取材会で意気込みを語る!

2022/5/3 06:00

取材:撮影/RanRanEntertainment

市川猿之助と中村壱太郎による「猿之助×壱太郎『二人を観る会』」が2022年5月23日(月)、24日(火)に日本教育会館 一ツ橋ホールにて開催される。本公演の演目は、素踊り『種蒔三番叟』、歌舞伎舞踊『お祭り』。公演にさきがけて、5月2日(月)に都内で取材会が行われ、市川猿之助が本公演にかける思いや見どころなどを語った。

319A5016-2s

演目について

『種蒔三番叟』を猿之助が最初に披露したのは、現在の藤間の宗家と行なった明治座での舞踊公演。猿之助の曽祖父初代猿翁と、藤間宗家の祖父勘十郎との『種蒔三番叟』はNHKに白黒の映像が残っているそうで、「それを孫と曾孫がやったら面白いだろうなということで明治座の時に上演しまして、(京都芸術劇場)春秋座でもやっておりまして、今回は、いつも宗家がやっていた「千歳」を壱太郎君に相手が代わりまして素踊りでご覧いただきます。」と、この演目と猿之助自身の関わりも含めて説明した。

「『お祭り』という清元舞踊は私の伯父(二代目)猿翁と壱君(壱太郎)のおじいさまで、この間亡くなられた藤十郎のおじさま(四代目)がやっている映像がありまして、二人のゆかりのものということで」と、『お祭り』が今回の演目となった理由を明かした。

両演目ともシンプルなもので、二人だけで踊るものなので踊り手の技量などが非常によくわかるものとなっているという。

319A4854-2s

中村壱太郎について

猿之助にとって壱太郎は慶應義塾大学の後輩でもあり、「歌舞伎役者としても僕に近いタイプであります。社会の中でちゃんと暮らしていける役者だと思います。世界の中は今どうなっているのかそういうことがきちっとわかるタイプの人間だと思います。歌舞伎役者だけでなく、コーヒーショップでバイトをしたり、自分から進んで歌舞伎以外の生活も送るようにしていますね」と、壱太郎を分析。「社会から見たらまっとうな二人がやるまっとうな会(笑)。それを観ていただきたいと思います。」と頼もしい後輩との公演に対する意気込みを口にした。

座談会について

今回は二つの演目の間に、座談会の時間が設けられている。これについて、猿之助は「たぶん壱君(壱太郎)が一人でしゃべって終わると思う」と話すと、取材会の記者たちから笑いが起こった。「とても弁が立つというか、ものすごく考えると思います。僕は思いついて話しますが、彼は下調べをするんです。彼が勝手に流れを決めてくれると思います。僕も楽しみですね。明るい希望を語りたいです。学生生活はどうだったのかとか(笑)。コーヒー屋のバイトで覚えたコーヒーの淹れ方とか聞きたいです。彼はプロ並みですからね。」と話し、続けて「ほんとに詳しいですよ。豆の挽き方とか香りとか。そこを皆さんに知ってもらいたいです。(笑)」と、壱太郎の意外な一面をお客さまに披露するのが楽しみな様子だった。

壱太郎は、猿之助に、芸の上の相談をよくしてくるそうで、同じ役をやる時に壱太郎の祖父藤十郎から「お兄さんはどういうことを教わりましたか」と聞いたり、猿之助が南座に壱太郎が出演している公演を観に行ったときには「ありがとうございました。何か気づいたことありましたか?」と、とても研究熱心だという。今回、一緒の舞台に立つことで、「舞台への向き合い方とか、体から発するものを肌で感じ取ってもらえたらと思いますね」と、後輩壱太郎への思いを語った。

二人の共通点は、「どこまでもお芝居が好きなこと、やっていることが楽しい、二人とも舞台に出ると興奮しがちなこと」だそうで、「彼の若さの中に自分の面影を見ます。テンション高い二人が組んだらどうなるのかを観ていただきたいです。彼を舞台の上で興奮させるように仕向けたいです。でも彼はこの頃興奮しないように自制するので、邪魔してやりたいと思います(笑)。熱っぽいということを感じて欲しいです。そこは売りです。」と話しながら、そこしか売りが無いと謙遜もしていた。

「『二人を観る会』って二人で舞台にいるだけじゃだめなのかな?(笑)」と冗談を口にし、場をなごませた。最後に、今後について問われると、「若いつもりでいたけれど、世代交代を否が応でも感じるんです。いつまでもやりたいという気持ちはありますが、元気なうちにバトンを渡したいです。いい時に渡して、いい時を見てもらいたい。長い目で、芸の上での終活に入らなければいけないのかなと思います。10年、20年かかると思うので、今から始めないと。自分も頑張りながらバトンタッチしていきたいです。」と、思いを伝えた。

319A5068-2s


猿之助 × 壱太郎『二人を観る会』


日時:2022年5月23日(月) 開演18:00(開場17:30)
2022年5月24日(火) ①開演12:00(開場11:30)②開演15:00(開場14:30)
会場:日本教育会館 一ツ橋ホール
出演:市川猿之助 中村壱太郎
演目:
一、素踊り『種蒔三番叟』清元連中
二、座談会
三、歌舞伎舞踊『お祭り』清元連中

主催:ニッポン放送
制作:三響会企画
制作協力:全栄企画株式会社 / 株式会社ちあふる
協力:松竹株式会社

公式サイト http://www.zen-a.co.jp/futari2022/

 

 

関連記事


Page Up