「TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご」 10月開催決定

2020/9/19 17:42

TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご

shinosuke_h1_0916_fix-(002)

2020年10月に、「TBS赤坂ACTシアタープロデュース 恒例 志の輔らくご」の開催が決定した。2009年にTBS赤坂ACTシアターで初めて開催し今年で12年目を迎える。芸能の街・赤坂にあり、多くの演劇、ミュージカルが上演されている劇場だからこそお届けできる特別の落語会「志の輔らくご」。

2020年の演目は、第一部「大忠臣蔵~仮名手本忠臣蔵のすべて~」、第二部「落語 中村仲蔵」。

落語「中村仲蔵」は、よく知られた古典落語のひとつ。実在した歌舞伎役者、初代中村仲蔵は、歌舞伎役者の家の生まれではなかったが、真摯に役に向き合うことを続け、周囲にも認められて、名題という地位にまで出世した有名な役者。そして、彼を描くために欠かせないのが「仮名手本忠臣蔵」。

落語「中村仲蔵」を楽しんでいただくための「志の輔らくご」としての工夫、それは「仮名手本忠臣蔵」全十一段を知っていただくこと。 そのために、第一部を「大忠臣蔵」と銘打ち、それぞれの段の解説を志の輔自らが浮世絵などの映像を用いて、登場人物たちの描かれ方を解説する。

第二部はお待ちかね、落語「中村仲蔵」。高座の志の輔を中心に、舞台・音響・照明と、演劇公演さながらに作り上げた舞台は、観るものの心に迫る!

志の輔がTBS赤坂ACTシアターでの「志の輔らくご」について語るとき、必ずこう語る。「普通なら落語には広すぎるこの劇場で、どんな落語をすればすべてのお客様に届くのだろうか・・・。『中村仲蔵』という落語ならこの劇場でしかできない『志の輔らくご』になるのではないか。毎年回を重ねるうちに、いつも新しい発見があり、同じものにはならないのが面白い」。

 

2020年10月19日(火)~25日(日)  TBS赤坂ACTシアター 22日(木)は休演
公式サイト:https://www.tbs.co.jp/act/event/shinosuke2020/
チケット発売日: 2020年9月27日(日)10 時

関連記事


Page Up