Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

藤原竜也はまさかのプレゼン放棄宣言!? 代わりに赤ペン瀧川が熱弁解説!映画『太陽は動かない』公開御礼舞台挨拶

2021/3/21 22:41

映画『太陽は動かない』公開御礼舞台挨拶

【メイン】_AAA2295-(002)

公開から2週間が経ってもなお、SNSでは「アクション邦画としては最高峰」、「最初は主題歌『泡』に惹かれて観るに至ったのですが、こうも世界観に引き込まれる作品とは思いもしませんでした!」など壮大なスケールのアクションと、“絶体絶命”のミッションとのコントラストが鮮やかに表現されるエモーショナルなドラマにも絶賛の声が寄せられている本作。この度、大ヒットを記念した公開御礼舞台挨拶が3月21日(日)に都内で行われ、主演の藤原竜也、共演の竹内涼真、羽住英一郎監督、そしてスペシャルゲストとして映画プレゼンターの赤ペン瀧川が登壇した。

舞台挨拶前にコメンタリー収録を終えてきたばかりの藤原は、本作を観直し「(ピョン・)ヨハンとか(ハン・)ヒョジュちゃんとか、みんなに会いたくなりましたね。といっても、ヨハンからは2日に1回くらいメールが来るので実際に会っているようなものですが」と笑い、大変な撮影だったからこそ、今も共演者との固い絆で結ばれていることを明かした。

現在出演中のドラマチームや親戚からも反響をもらったという竹内は「ノースタントで竜也さんと挑戦したアクションは、生っぽい、人間同士のぶつかりあいがちゃんと画に出ていて、同業者の方からはそこがすごかったと言ってもらえることが多いです」と、自信を持って本作のアクションについて語る。

さらに羽住監督は原作の吉田修一から「キャストとスタッフが全力で映像にしてくれて、感謝していますという内容で、結構長文で熱いお手紙を頂きました」と直筆の手紙をもらったエピソードを告白。長らく実写化不可能と言われていた原作だったが、羽住組の熱意がそのまま刻まれた作品は原作者も太鼓判の映画となったようだ。

また、これまで数々のイベントで本作の魅力を余すことなく伝えてきた藤原と竹内。藤原は「改めて今日、舞台挨拶に来てくださったみなさんにどんなプレゼンをしようかと思ったんですが、今日はもうしません!」とまさかのプレゼン放棄宣言!?

 

 【サブ】_AAA2226-(002)

 そして藤原と竹内より”我々よりもさらに『太陽は動かない』の魅力を伝えられる人”としてお墨付きの映画プレゼンター、赤ペン瀧川がスペシャルゲストとして登場した。本作について、「吹き替えなしでアクションしていることがわかるように、後ろ姿じゃなくて、本人がやっているとしっかりわかるように撮影されているシーンが連発されているし、冒頭からクライマックスみたいに熱量があるシーンが続いてかなり興奮しました」と語る。

普段は映画を観る前の方に向けてプレゼンをすることが多いが、今回は映画を観終わったばかりの方へ向け、『太陽は動かない』を”おかわり”したくなるようなプレゼンを披露した。陸・空・海のありとあらゆるシチュエーションで展開され、敵に拉致されてやっと止まるというほど、とにかく移動が多い藤原演じる鷹野、竹内演じる田岡の“最強バディ”。実はこれは、原作の吉田修一がなぜ「太陽は動かない」を生み出したのかという秘話から、その理由が見えてくると紹介。鷹野は、吉田修一が「大阪二児餓死事件」で亡くなった子供たちを想い、自らの作品の中だけも、広い世界を見せてあげたいという想いから誕生したキャラクターであるということが明かされた。

これには藤原も「吉田先生の想いが詰まっていたんですね」と感嘆の声を漏らした。赤ペン瀧川の華麗なプレゼンに竹内も、「何度か瀧川さんの解説は拝見しているんですが、今回もやっぱりすごかった。これだけ魅力を語っていただけるのは嬉しいですね」と笑顔を見せた。

最後に、竹内が「2回、3回と観ても語りきれないほど素晴らしい作品になっています。プロモーションが終わるのは少し寂しいですが、またこの作品に関わるどこかで、みなさんとお会いできれば嬉しいです」、藤原は「涼真も言うように、少し寂しい思いもありますが、ひとりでも多くの方にご覧いただけるように僕らも頑張りたいと思います。今後ともよろしくお願いします!」と締め、本イベントの幕が閉じた。

映画『太陽は動かない』は大ヒット公開中

関連記事


Page Up