『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』 高杉真宙演じる鈴井は今作でも絶好調の負け顔を披露!

2021/4/20 18:00

『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』
高杉真宙、絶好調の負け顔披露!

高杉真宙-(002)

河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」。2018年1月に実写ドラマ化され、手に汗握るゲーム展開、個性的なキャラクターと最旬若手俳優たちの振り切った演技が大きな話題となり、2019年春には「賭ケグルイ season2」の放送、続く2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が全国ロードショーされ大ヒットを記録した。そして2021年4月、前作の熱狂再び、待望の続編がいよいよ公開される。

ギャンブルの強さだけで学内のヒエラルキーが決まる私立百花王学園。最狂の賭け狂い・蛇喰夢子(浜辺美波)の脅威に、生徒会が危機感を募らせる中、2年前のある事件を機に、停学処分を受けた視鬼神真玄(藤井流星)が舞い戻る。彼の策略にハメられた夢子は打ち負かされ、生徒会長の座から引きずり下ろされた桃喰綺羅莉(池田エライザ)と共に、視鬼神に“公式戦”を申し込むのだった――

この度、本作より高杉真宙演じる鈴井涼太の場面写真が解禁となった。これまでのシリーズでは“ヘタレ”、“ポンコツ”、“モブ”キャラとして負け顔を披露しまくっていた鈴井。公開された場面写真でも、相も変わらず絶好調のとぼけたような負け顔を見ることが出来る。今作でも相変わらずのヘタレキャラか?と思いきや、今回の鈴井は一味違うという。最凶最悪のギャンブラー・視鬼神真玄(藤井流星)、蛇喰夢子(浜辺美波)、桃喰綺羅莉(池田エライザ)の三つ巴のギャンブルバトルに夢子の人質として巻き込まれてしまう鈴井。命を賭けたギャンブル『指名ロシアンルーレット』で夢子を勝利に導くために鈴井はモブでは考えられないある驚きの“賭け”に出る。

果たして鈴井は本作でモブキャラ脱却なるのか・・・!?

4月29日(木・祝) TOHOシネマズ 日比谷 他 全国ロードショー

関連記事


Page Up