Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

TOKYO IDOL FESTIVAL 2021に日向坂46、大トリに乃木坂46が出演!

2021/10/4 13:29

TOKYO IDOL FESTIVAL 2021に日向坂46、乃木坂46が出演!

 日向坂46-1003-1

フジテレビTOKYO IDOL PROJECTは、10月2日(土)、3日(日)に「TOKYO IDOL FESTIVAL 2021」を開催。最終日、HOT STAGEには「日向坂46」が登場。キャプテンの佐々木久美が「改名する前の、時代から出させて頂いていて、非常に思い入れのあるステージなので、本当に嬉しく思います!」と、3期生を含めた、総勢21名の迫力のパフォーマンスを披露した。

 

乃木坂46-1003-1

HOT STAGEの大トリを務めた「乃木坂46」は、キャプテンの秋元真夏から「乃木坂46は、TIFには、昨年4期生が出演したのですが、このメンバーで出演するのはかなり久しぶりということで、このステージに立てることをとても楽しみにしていました」とTIFへの意気込みを語ると、ステージ上では、メンバーの遠藤さくらの誕生日の話になり、「本日20歳になりました。乃木坂46は、優しいグループだな思います。優しさを受け取った時に、乃木坂46に入れてよかったと思い、これからも乃木坂46のためにもっと頑張っていきたいと思ってます。20歳になっても頑張ります!」とコメント。

 

グランドフィナーレ-3

グランドフィナーレでは、お笑い芸人の濱口まさるとチェアマンの長濱ねるが登場すると、「濱濱コンビですね!!!しかも難しいほうの。『濱』の字の画数は省略して書いてます?あるあるですよね!!」と名前の「あるある話」で意気投合した。また、TIFでアイドルデビューするという企画「TIF de Debut」では、グランドフィナーレでデビューステージと合わせて、グループ名の発表があり、「可憐なアイボリー」と決定。長濱ねるも「今から推せば、古参ですね!」と新しいグループの誕生を祝いました。グランドフィナーレの最後では、毎年恒例となっている「TOKYO IDOL FESTIVAL」の号令で締めくくった。

関連記事


Page Up