Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

主演・金子大地/醍醐虎汰朗 Huluオリジナル「未来世紀SHIBUYA」 2036年デジタル社会のお悩み解決!?

2021/10/29 15:46

主演・金子大地/醍醐虎汰朗 Huluオリジナル「未来世紀SHIBUYA」

main_miraiseikishibuya

Huluの新たなジャンルに果敢に挑む異色の挑戦作「未来世紀SHIBUYA」(全6本)が2021年11月26日(金)より配信開始される。

本作が映し出す世界は、デジタル技術が今よりも更に進んだ2036年の日本。何の取り柄もお金も無いデジタル社会の底辺に生きる若者が、動画配信WeTuberとして、“元気”と“友情”を武器に“バカパワー全開“の体当たりで、一攫千金を夢見て、人生大逆転の配信動画を撮りまくる。

今より少し先の将来を生きる彼らが解決しようとする人々のお悩み内容は、バーチャルの世界で本気で恋愛をするAI彼女を持つ男子とそれを心配する両親、交通事故で失われた父親の記憶を取り戻したい娘、本人には知らされずに記憶移植し過去の記憶を作り替えられた人など、今後発生しそうな数々の問題を炙り出したリアルかつとてもクリティカルな世界。一級品の脳内チップを埋め込み超人的な力を手にした人たちがいる一方で、B級チップしか入れられずバグって人体に危険が及ぶ人たちなど、デジタル社会がもたらすディストピアを映し出す。

本作に登場するWeTuber〈正義マン〉、ミツルとカケルを愛嬌たっぷりでエネルギッシュに演じるのは、実力派若手俳優の金子大地と醍醐虎汰朗。『猿楽町で会いましょう』や『サマーフィルムにのって』など2021年の話題作への出演が相次ぎ、「第31回映画祭TAMA CINEMA FORUM」最優秀新進男優賞受賞が発表された今最も期待される金子がミツルを、映画『天気の子』主人公・森嶋帆高で一気に注目を集め、22年公演の舞台『千と千尋の神隠し』でハクを演じることでも話題、ネクストブレイク筆頭の呼び声も高い醍醐がカケルを、躍動感たっぷりに演じ切る。

そして、カメラマン・田中に篠原悠伸、ミツルたちが憧れるデジタルハイスペック超人気カリスマWeTuberキリタを藤森慎吾、その妹で同じく人気WeTuberアコをHina(FAKY)、さらに、彼らの人生を大転換させるキーパーソン〈マネキンおじさん〉を怪演する名バイプレイヤーの宇野祥平らが、抜群の存在感を発揮している。

また、本作は、全編POV(主観映像)手法を取り入れ、監督・白石晃士が自らカメラを持ち全編を撮影。日本におけるフェイク・ドキュメンタリーの第一人者と賞賛されるテクニックと白石監督のオリジナル脚本により、誰もが楽しめるエンターテインメント性と真摯な作家性を兼ね備えた作品が誕生!

本作の独特でクリティカルな世界の主題歌を担当するのは、新生バンドDiosによる「ダークルーム」。本作の世界感を体現するこの楽曲は、動画配信サービスやSNSとも親和性の高い彼らならではで、書き下ろすにあたり、Diosは「ドラマの舞台である未来の渋谷をイメージしつつ、登場人物たちの内面につながった一曲になったと思います」とコメント。

WeTuber正義マンは、人々の悩みを解決し大金を手にして社会の底辺から抜け出すことができるのか――。

予告映像〈ロング〉https://youtu.be/1Y_I2A0MCO4
〈30秒〉https://youtu.be/W-aT9FpjMrs

〈15秒〉https://youtu.be/AwZpgeCicCM

公式サイト:https://www.hulu.jp/static/shibuya2036/
公式Twitter:@shibuya2036hulu(https://twitter.com/shibuya2036hulu

公式Instagram:@shibuya2036hulu(https://www.instagram.com/shibuya2036hulu/

関連記事


Page Up