Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

主演・草彅剛、歌に踊りに躍動!ヒトラーを模したギャング熱演 舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』 KAAT神奈川芸術劇場にて本日開幕!

2021/11/14 01:44

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

11月14日より神奈川芸術劇場(KAAT)にて初日を迎える草彅剛・主演の舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』のメディア向け公開ゲネプロが11月13日(土)に行われた。

 

319A7362s

本作は2020年1月に演出家・白井晃が芸術監督就任中のプログラムとして創作(現芸術監督は長塚圭史)。この度、圧倒的な支持を得て再演を熱望する。ヒトラーが独裁者として上り詰めていく過程を、シカゴのギャングの世界に置き換えて描いた問題作で、ファンクミュージックを散りばめた斬新な演出で描かれる。

主演は初演に引き続き、草彅剛がシカゴのギャング、ウイを演じ、共演には神保悟志、渡部豪太、松尾諭、小林勝也などが続投。新たに榎木孝明、七瀬なつみが出演。

劇中音楽はファンク・オブ・ソウルと呼ばれるジェームス・ブラウンの楽曲を中心に構成、オーサカ=モノレールによる生演奏。また、諸園児には齋藤茂男が手掛けた照明が読売演劇大賞最優秀スタッフ賞を受賞、本作の世界観を一層引き立てるライティングも見どころのひとつになっている。

幕が開いて、ほぼ出ずっぱりの草彅剛が歌に踊りを織り交ぜ、躍動して動き回る姿が印象的だった。

 

319A6950s 319A7157s 319A7294s

 

演出:白井晃 コメント
初演から2年弱の間に世界は大きく変わりました。
あの時問題にした政治的状況も一見変化したようで、実は益々深刻になっています。
それだけに、この作品の必要性が増しているように思います。リハーサルの中で、草彅さん演じるウイも益々鋭角的に研ぎ澄まされてきています。全神経をこの作品に注ぐ姿は清々しくもあります。キャスト・スタッフとも更にパワーアップされて、世界を突き抜く作品がお見せできそうです。この瞬間を是非とも目撃ください。

アルトゥロ・ウイ役:草彅剛 コメント
シカゴギャング団のボス、アルトゥロ・ウイはとにかく野心に溢れた人物。
ウイの気持ちを受け止めて演じること、そして歌に踊りに、心身ともに大変な舞台ですが、自分の積み上げてきた全てを出せる集大成となる舞台だと思っています。
今回は横浜・京都・東京と3都市で上演できることも楽しみにしています。
コロナ感染対策も十分行って、ご覧になられた方たちに、舞台からエネルギーを伝えられるよう、2022年まで、カンパニー全員で突っ走ります!!

 

319A7407s 319A7414s 319A7471s

 舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』
<演出>白井晃
<音楽・演奏>オーサカ=モノレール
<出演>
草彅剛
松尾諭 渡部豪太 中山祐一朗 細見大輔 粟野史浩
関秀人 有川マコト / 深沢敦 七瀬なつみ 春海四方
小川ゲン 古木将也 ワタナベケイスケ チョウヨンホ 林浩太郎
Nami Monroe FUMI suzuyaka
神保悟志 小林勝也 / 榎木孝明

横浜公演: 2021年11月14日(日)~12月3日(金) KAAT神奈川芸術劇場<ホール>
京都公演: 2021年12月18日(土)~12月26日(日) ロームシアター京都 メインホール
東京公演: 2022年1月9日(日)~1月16日(日) 豊洲PIT
公式サイト:https://arturoui-stage.com/

関連記事


Page Up