Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

前田敦子監督作品「理解される体力」 ポスタービジュアル&場面写真公開! WOWOW『アクターズ・ショート・フィルム2』

2022/1/17 15:00

前田敦子監督 ショートフィルム「理解される体力」

前田敦子_理解される体力_横ポスター-s

前田敦子が監督を務め、柳英里紗と三浦貴大がW主演を務めるショートフィルム「理解される体力」の作品ポスタービジュアル、場面写真が解禁となった。

小さな喫茶店の店中に響き渡る大声で泣くキエ(柳英里紗)と、やさしくそれを受け止めるユミ(三浦貴大)。キエは貪るように巨大なパフェを食べ、貪るように涙を流して子どもみたいに大声で泣いている。どうやら旦那に浮気されたらしいキエは、とどまることのない怒りと 涙と食欲の激流に押し流されている。喫茶店の店長(野間口徹)は、キエが大声で泣いているその理由を想像してキエにつたえるのだが…。

解禁となったポスタービジュアルにはクールな表情でポーズを決めるキエ(柳英里紗)とユミ(三浦貴大)の姿が。舞台となるレトロな喫茶店の雰囲気や衣装の可愛さも相まって、目を惹くビジュアルに仕上がっている。

 

理解される体力1_W_73_2285-s 理解される体力2_W_73_7129-s 理解される体力3_W_73_1845--ss

今回三浦は性別が異なるユミという役を演じているが「三浦貴大くんの女性としての所在の秀逸さを楽しんでいただければ」と柳は太鼓判を押す。一方で三浦は演じたユミについて「意識せずに当たり前のようにキエの古くからの友人としてそこにいる、というなんとも難解で面白みの詰まった役でした」と語っており、難しい役柄ながら自然体で演じることを心掛けていたようだ。

WOWOWが開局30周年記念、プロジェクト『アクターズ・ショート・フィルム』。予算・撮影日数など同条件で5人の俳優たちが25分以内のショートフィルムを制作。米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」(SSFF & ASIA)のグランプリ:ジョージ・ルーカス アワードを目指すというもの。

2月6日(日)午後5:00~ WOWOWで放送・配信となる『アクターズ・ショート・フィルム2』では、青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子(※五十音順)と錚々たる豪華俳優陣5名が監督を務め、各作品の主演には、青柳翔監督作に村上虹郎、玉城ティナ監督作に琉花と奥平大兼(W主演)、千葉雄大監督作は千葉雄大自ら主演も務め、伊藤沙莉とW主演、そして永山瑛太監督作に役所広司、前田敦子監督作に柳英里紗と三浦貴大(W主演)と多彩な俳優陣が集結している。

前田敦子監督作「理解される体力」を含む全5監督のティザー映像:
https://youtu.be/Iy-M6eAaoqM

 

監督:前田敦子 インタビュー
Q:初監督作となる「理解される体力」が完成を迎えますが、今の率直なお気持ちを教えてください。
全体を通してすごく楽しかったです。監督業は全くの素人なので、最初は何のアイデアもないままこの仕事を受けましたが、キャスト・スタッフの皆様に助けていただき形にすることが出来ました。監督らしいことはそんなにしていないような気もします(笑)。でも、やりたいことは全て出来たと思うので、とてもすっきりした気持ちです。

Q:本作ではふたりの友情を描いていますが、このような題材を作品に選んだ理由はございますか。また、どのようなこと から着想を得て物語に落とし込んでいったのでしょうか。
親友の柳英里紗を主演にしたいと思っていたので、普段の彼女の魅力を存分に発揮できるような題材にしたいと考えていました。あとは、この作品を観た方を元気づけられるような作品にしたくて、ハッピーエンドにこだわりましたね。以前から脚本家の根本宗子さんの舞台や世界観が好きでお仕事をしてみたいと思っていたので、この機会に是非と思い脚本をオファーしました。根本さんと打ち合わせをしたときは作品についてのお話より、女子トーク全開で恋愛話なども赤裸々に語り合った記憶があります(笑)。その時の要素も作品内に上手く盛り込まれていて、書いていただいた脚本を読んで思わず唸りました。

Q:監督として臨む撮影と役者として臨む撮影の違いや、監督を務めて感じたこと・新たな発見などがあればお聞かせください。
撮影前の準備段階を初めて知ることができました。役者のときは全てが完璧に整った状態で現場に入るので、事前にこんなに準備することが沢山あるなんて知らなかったです。とても新鮮でしたね。

Q:特に注目していただきたいシーンがあれば、その理由とともにお教えください。
キエが何度もあくびをするシーンにこだわりました。難しい設定のシーンなので、英里紗がどう演じるか悩んでいたのですが、彼女のなかで腑に落ちて、とてもいいシーンになりました。ストレスであくびが出るってないですよね(笑)。貴大くんはとても自然体で演じてくれたのですが、作品を観たらユミみたいな友達がいたらいいな、ときっと思っていただけると思います。それくらい魅力的にユミという難役を見事に演じていただきました。

Q:本作に込めた思いや視聴者へのメッセージをお願い致します。
英里紗と貴大くん、野間口さんのいいところを存分に活かせた作品に仕上がりました。3人の意外な一面を描けたのかなと 思います。一緒に笑ってくれたら一番幸せですし、「前田敦子ってこういう作品を撮るんだ」という意外性を楽しんでくれたら嬉しいです。

関連記事


Page Up