Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

吉岡里帆演じる主人公・瞳、窪之内英策描き下ろしのコラボビジュアル登場! 映画『ハケンアニメ!』

2022/5/13 17:00

吉岡里帆 映画『ハケンアニメ!』

【5月13日(金)17時解禁】『ハケンアニメ!』吉岡里帆さん-(002)

辻村深月の大人気小説を映画化。世界中が注目する日本のアニメ業界を舞台に、最も成功したアニメの称号=「ハケン(覇権)」を手にすべく奮闘する者たちの姿を描いた、“胸熱”お仕事ムービー 『ハケンアニメ!』(配給:東映)が5月20日(金)より全国公開される。

いよいよ公開まであと1週間、人気漫画家・窪之内英策が、吉岡里帆演じる主人公・斎藤瞳を描き下ろし。コラボビジュアルの隣に並ぶ吉岡の“2ショット写真”が、絶賛コメントと共に到着した。本作では、瞳が手がける劇中アニメ『サウンドバック 奏の石』のキャラクター原案を務める窪之内。到着したのは、瞳/吉岡が真剣な表情でアニメ制作に打ち込んでいる姿。瞳のトレードマークともいえる眼鏡やポニーテール、タブレットに絵コンテを描く時に使う愛用のペンなど、「アニメ監督・斎藤瞳」らしさが細部まで、窪之内ならではの手描きのぬくもり溢れる繊細なタッチで表現されている。ビジュアルを手掛けた窪之内は「普段の煌びやかな吉岡さんとは違う、劇中で演じる『斎藤瞳』の静かな剥き出しの情熱をその横顔にしたためました。」と熱い想いをコメント。

吉岡は今回の描き下ろしイラストビジュアルについて、「タッチが柔らかく温かみがあり、斎藤瞳の内なる闘志も感じられるイラストで、初めて見た時は嬉しくて飛び跳ねたくなるような気持ちになりました!色味や細やかな毛の流れ、上着のクタッと感など、好きなポイントが本当にたくさんあります。まさかこんなご褒美が待っているとは!」とコメントしている。それぞれの熱い“想い”をぶつけあいながらアニメの頂点を目指す仕事人たち。果たして「ハケン(覇権)」をめぐる勝負の行方は?そして瞳の想いは、人々の胸に刺さるのか?

新人アニメ監督・斎藤瞳を吉岡里帆、彼女のライバルとなる天才ワガママ監督・王子千晴を中村倫也、瞳を振り回す掴みどころのない超クセ者プロデューサー・行城理を柄本佑、王子の才能に人生を懸ける作品命のプロデューサー・有科香屋子に尾野真千子と、実力派俳優陣集結の本作。監督は、『水曜日が消えた』(20)の吉野耕平。さらに劇中アニメの制作には、『攻殻機動隊』シリーズなどで知られるProduction I.Gをはじめ、日本を代表するアニメプロダクションやトップクリエイター陣が参加し、老舗アニメ制作会社・東映アニメーションが監修を手がけている。

映画『ハケンアニメ!』は5月20日(金)全国ロードショー

関連記事


Page Up