Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

玉木宏、濃すぎるぐらい濃い!キャストによるすごいパワーの映画! 『極主夫道 ザ・シネマ』公開直前祭

2022/5/25 05:00

取材・撮影/RanRanEntertainment

2020年に高視聴率を記録したドラマ「極主夫道」を映画化した『極主夫道 ザ・シネマ』の公開直前祭が5月24日(火)、都内で行われ、主演の玉木宏、共演の川口春奈、志尊淳、松本まりか、滝藤賢一、吉田鋼太郎、稲森いずみ、竹中直人が浴衣姿で登壇した。

 

0D2A9994s

数々の伝説を残した最凶の極道 “不死身の龍(たつ/玉木宏)”が、足を洗い選んだ道はなんと専業主夫!極道時代の外見や言動が抜けておらず、強面にグラサン、スーツの上に柴犬のキャラクターがプリントされたエプロンを身につけ、高すぎる主夫力で料理、洗濯、掃除など家事全般に命を賭け、時にはご近所のトラブルに奮闘。玉木宏が全身全霊、爆笑アクションを連発で演じる“史上最強の主夫”のキャラクターは腹筋崩壊の爆笑コメディが映画になって帰ってくる。

 

0D2A0040s

玉木はキャストの面々を見ながら「濃いですね!濃すぎるぐらい濃い!現場が楽しかったことを思い出しますし、これだけすごく力がある方々と一緒に作品を作れたということがすごいパワーになっているし、早くお客様に観ていただきたいなと思います」と本作をアピール。さらに、浴衣姿について「この数年は夏祭りにも行けなかったので、こうして浴衣を着させていただき気分も上って、このまま夏を迎えてさらに気持ち良く行動していけたらいいなと思っております」と満足気。

 

0D2A9761s

龍の妻・美久を演じた川口も「久しぶりに着れて、すごいテンションが上がっていますし、皆さんも浴衣でめちゃくちゃ凛として、かっこいいなと思って見とれていました」と嬉しそうに語った。

まず、映画がドラマからスケールアップしたポイントについて、玉木が紹介。「吉田鋼太郎さん、松本まりかさんという強力な方が登場していただいたことで、ドラマのスケールが更に大きくなった。イタリアのちょっとマフィアのヤクザっぽい人を演じられるのは吉田鋼太郎さんしかいないし、何の違和感もなく活躍されていました。松本まりかさんもめちゃくちゃキュートなんです。是非楽しみにしてもらいたいなと思っております」と見どころを念押し。

 

0D2A9780s

イタリアのマフィアかぶれを演じた吉田は「世の中にそんな人いないですから演じようにも、どこを手本にしていいのか分かりませんので、あんまり深いことを考えずに演じました。出演者の方が竹中親分を筆頭にふざけた人ばっかりなので、くよくよ悩まず飛び込んだという感じです」と振り返る。

本作では龍を巡る恋のバトルも。川口は「虎春さん(松本)とバチバチにやらせていただきまして、ドラマよりも強い龍ちゃん愛を表現できていたらいいなと思って、そんなすごく龍を思う可愛らしい美久の乙女心に注目していただければと思います」と見どころのひとつを紹介。

 

0D2A9717s

対する虎二郎(滝藤)の妹広島レディース連合三代目元総長虎春役の松本は「まず肩書きがすごい。特攻ピンクの特攻服を着て、今日もピンクに虎の浴衣なんですけど、中身はものすごい純。そのギャップがすごく、最初どう演じたらいいのかよく分からなかったんですけど、春奈ちゃんが本当に面白くって。春奈ちゃんとのキャットファイトで、春奈ちゃんの『ズドド~ン!』という台詞は本当に注目していただきたいです。とても笑えるし、目が点になるくらい面白かった」と注目ポイントを披露した。

 

0D2A9861s

みんなに慕われる龍の元舎弟・雅役の志尊はカラダを張ったすごく多かったそう。志尊は「僕の感覚がマヒしているのかもしれないですけど、ドラマで色々やりすぎて、映画ではカラダを張った記憶あまりないです。慣れちゃったんでしょうね。ビンタを何回か受けているシーンもあるんですけど、カットされたので監督に文句を言いたいなと思っています」といつものビンタシーンにも注目だ。

 

0D2A9704s

伝説の極道虎二郎はドラマでは龍とライバル関係だが、映画では龍と連携して共通の敵に立ち向かう。虎二郎を演じた滝藤は「カーアクションがあって、最初アクション部がやった動画を見てくれと。殺す気かと思って、僕は全力を拒否したんです。でも、現場に行ったら車の横に宙づりになっている玉木さんを見たんです。それで、やらざるを得なくなって食らいついてやりました(苦笑)。急カーブで振られている玉木さんを見てすごいなと思いました」とカラダを張ったシーンにも注目だ。

そして、龍が元所属していた天雀会の会長・江口菊次郎を演じた竹中が推す爆笑シーンとは。竹中は「吉田鋼太郎さんとは初めての共演。絶対近づけないところから、二人でじじい!って罵り合ったところが一番楽しかったです」。吉田も「あれ、楽しかった。竹中さんとは初めどのように対応していいか全然分からなかったんだけれども、最後は僕の役名じゃなくて、『おい、吉田!てめぇの方がじじいだろ!』みたいな。ぜひそこを使ってほしかったんですけど・・・(笑)」と罵り合いも見どころのひとつ。

 

0D2A9817s 0D2A9789s

 

天雀会の姉御・江口雲雀を演じた稲森は「竹中さんとのシーンでは、毎回竹中さんがアドリブされてその熱量がすごいので、本当に洗練されたパフォーマンスを見てすごく刺激を受けました。それから、台本には叩くシーンが多々加えられていたんですけど、毎回ごめんなさいと思いながら、思いっ切り、切れ良くどつかせてもらいました」と振り返った。

イタリア語を連発する近藤というキャラクターについて、吉田は「あんまり馴染みがないので、大変でした。アリベデルチ(さようなら)が言いづらかったです。本当に意味が分かって言っているのかと自問自答しながらやっていました」、玉木は「そんな不安を抱えているとは思えない迫力で、やっぱり鋼太郎さんはすごいなあと感じましたね。僕が好きなのは、保育園の前で自己紹介をしているところがあるんですけど、幸太郎さんの汗がすごすぎて、なんとか負けじと頑張ってやらなきゃと思った」と吉田を称賛。一方の吉田は「それができたのは玉木君のおかげ。玉木座長のおかげ」と讃え合った。

このあとはお祭りムードにちなんで、二組に分かれての輪投げ対決が行われ、会場は一層の盛り上がりとなった。

 

0D2A0001s

 

そして、最後には、キャストを代表して玉木が「構えないで観られる楽しい映画になっていると思います。公開は6月3日となりますが、公開したら是非皆様の周りの方に勧めていただいて、一足早い夏祭り気分を味わっていただきたいと思っております」とイベントを締めくくった。 

『極主夫道 ザ・シネマ』は、6月3日(金) 全国の映画館で公開。

関連記事


Page Up