Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ふぉ~ゆ~主演×小林顕作演出×厨房男子メンバー 大好評シリーズ第5弾!舞台「隅田川ヤングロード物語 ~嗚呼!そりゃあいけねえぜ!~」上演決定

2022/8/1 10:00

「隅田川ヤングロード物語 ~嗚呼!そりゃあいけねえぜ!~」

配信用メインビジュアル

ふぉ~ゆ~(福田悠太/辰巳雄大/越岡裕貴/松崎祐介)主演 舞台「隅田川ヤングロード物語 ~嗚呼!そりゃあいけねえぜ!~」が、2022年10月から11月、東京・有楽町・ヒューリックホール東京、東京・よみうり大手町ホール、大阪・松下IMPホールにて上演される。

ふぉ~ゆ~は、多数の舞台やドラマ、バラエティなどに出演、M-1グランプリへの出場やネット配信を行うなど、型破りなグループとして注目されている。

そして、演出を務めるのは、2018年の「放課後の厨房男子」から5年連続でタッグを組むことになる小林顕作。コメディ要素満載の演出の中にある深い人間ドラマや、華やかなステージング、コミカルな作品を得意としており、現在上演中の舞台「呪術廻戦」の演出も務めている。

共演は前野朋哉、野澤祐樹(ジャニーズJr.)、田中穂先(柿喰う客)や、楢木和也(梅棒)、三倉茉奈・三倉佳奈らおなじみの通称“劇団尺伸ばし”メンバー。

下町家族の涙と笑いのドタバタライフを、ふぉ~ゆ~のエンターテイメント性をフルに発揮し、歌って踊って描いていく新作オリジナルコメディ。団子屋「丸福商店」の主人・丸福五郎(福田悠太)と、その息子・末吉(辰巳雄大)、飼い犬のポチ(松崎祐介)、そして、おとなりの呉服店の若旦那・高輪はじめ(越岡裕貴)ら昔なじみがのんびり暮らす下町のさえない商店街「隅田川ヤングロード」。ある日、末吉の幼馴染・加藤花形(野澤祐樹)が数年振りに隅田川ヤングロードにやってきたことで、平和な商店街に かつてない危機が訪れる。窮地に響く合言葉は『嗚呼!そりゃあいけねえぜ!』

舞台「隅田川ヤングロード物語 ~嗚呼!そりゃあいけねえぜ!~」
東京公演: 2022年10月22日(土)~30日(日) 有楽町・ヒューリックホール東京
東京公演: 2022年11月12日(土)~18日(金) よみうり大手町ホール
大阪公演: 2022 年 11 月 26 日(土)~27 日(日) 会場 松下 IMP ホール
※チケット一般発売はいずれの会場も10月1日(土)発売

公式サイト https://event.1242.com/events/syr

 

福田悠太 コメント
ふぉ~ゆ~の福田悠太です。周りからは福ちゃんと呼ばれています。
さて、毎年お騒がせのあの連中が今年も帰ってきます。今年も騒がせるぜと張り切っております。
3年間「放課後の厨房男子シリーズ」で客席を独自の笑いでぶち上げ、昨年は、井上三太氏原作「BORN 2 DIE」で自分達の表現の幅を広げすぎて困っているところ、今年はオリジナル新作です。し、ん、さ、くです。
演出家は毎年恒例の小林顕作さんです。け、ん、さ、くさんです。

辰巳雄大 コメント
ふぉ~ゆ~、また演劇界に新たな作品をふぉ~ゆ~します。『隅田川ヤングロード』廃れた商店街を舞台にした家族の物語です。
辰巳は丸福末吉を演じさせて頂きます。メンバー福田の息子役で松崎が家のペットの犬です。越岡は隣の呉服店の主人です。
オモロい配役です。そして裏の顔を持つ家族というオモロい設定です。演出の小林顕作さんとは5年連続で作品を作らせて頂いていますが、顕作さん原案の初のオリジナル作品。オモロい事、間違いなしです。やりたい放題暴れます。
是非、劇場でしか味わえない時間を共に過ごしましょう。

越岡裕貴 コメント
小林顕作さん演出のもと、厨房男子シリーズ、去年は『BORN 2 DIE』という作品に挑戦させてもらいましたが、今年はなんとなんと初のオリジナル作品となっておりまーす!
ビジュアルを見て下さい!MA-1のジャケットを着た、良い写真が載っているはずです。
『隅田川ヤングロード』このタイトルと結びつかないでしょー!
そうなんです、一体どんな作品になるか僕自身も楽しみで仕方ありません。
是非皆さん楽しみに待っていて下さい。

松崎祐介 コメント
皆様、この季節がやってきました!
劇団尺伸ばし公演のオリジナル作品でございます!
『隅田川ヤングロード』
タイトルを聞いた時に頭の中で『インタレスティング』の文字が渦巻きました。絶対に面白いぜ?この舞台って!
二面性の顔を持つスーパーヒーロー!
僕の役、ポチにも注目です(笑)

小林顕作(原案・演出)コメント
何年前からでしょうか。秋になるとふぉ~ゆ~との舞台がやってくる流れが出来てまいりました。
でも今年はそれこそゼロの段階から、さて、何やりましょうってお話から頂きまして、兼ねてからふぉ~ゆ~とやってみたかった、「家族もの」で、「ムー一族」や「寺内貫太郎一家」みたいなぶっ飛んでるけど人情味のある舞台やってみたいですって話したら、本当にやる運びになりました!
4 年間で出来上がったカンパニーのチームワークで、皆様にまた新たな娯楽を!
こうご期待!

関連記事


Page Up