Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

鈴鹿央士、飯豊まりえ アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』予告映像第⼆弾解禁

2022/8/16 17:00

アニメ映画『夏へのトンネル、さよならの出口』予告映像第⼆弾解禁

無題a

 

優しさと切なさに満ちたひと夏の青春を繊細な筆致で描き、デビュー作にして第 13 回小学館ライトノベル大賞のガガガ賞と審査員特別賞のW受賞を果たした八目迷の「夏へのトンネル、さよならの出口」(小学館「ガガガ文庫」刊)が、劇場版アニメとして映像化、9月 9日(金)より全国公開される。

欲しいものが手に入るという“ウラシマトンネル”。心に秘めた想いを抱え、不思議なトンネルに足を踏み入れた少年少女のひと夏の物語を描いた本作。監督を務めるのは映像表現に定評のあるアニメーション監督・田口智久(『デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION 絆』(20)、「アクダマドライブ」)、キャラクター原案・原作イラストを精緻でドラマティックなイラストレーションで知られるくっか (「D_CIDE TRAUMEREI」キャラクター原案)、制作を『映画大好きポンポさん』(21)などを手がける新進気鋭の制作会社 CLAPが担当するなど、次世代アニメーション界を担う注目のスタッフが集結。

主人公・塔野カオルを鈴鹿央士、転校生・花城あんずを飯豊まりえがフレッシュに演じ、夏の終わりにふさわしい、エモーショナルで心に響く少年少女の成長物語が誕生した。

解禁された予告映像では、雨が降るなか海を見つめるあんずに「傘、使う?」と声をかけるカオルの場面から始まる。真っ赤な紅 葉が立ち並び、トンネルの中と外で時間の進み方が異なるという奇妙なウラシマトンネルは「欲しいものがなんでも手に入る」という。互いに欲しいものがあるカオルとあんずと共同戦線を結び夏休みにトンネルの攻略へ挑む。eill が本作のために書き下ろした主題歌「フィナーレ。」のどこかノスタルジックな旋律と共に、カオルが過去に抱えた心の傷を想像させるシーンや、あんずが夢中でトンネル内に散らばった紙をかき集める姿が描かれ、物語の展開に期待を膨らませる映像となっている。世界を断絶するトンネルに2人が願った「欲しいもの」、そしてカオルがあんずに伝えたいこととは一体…。

予告映像第⼆弾:https://youtu.be/nlv68sEBaDg
©2022 ⼋⽬迷・⼩学館/映画『夏へのトンネル、さよならの出⼝』製作委員会

映画『夏へのトンネル、さよならの出口』 9月9日(金) 全国公開

関連記事


Page Up