Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

辻村深月のベストセラー小説が劇場アニメ化!主演・當真あみ『かがみの孤城』 新たに北村匠海、宮﨑あおい、ほか追加キャスト解禁

2022/9/20 11:47

主演・當真あみ『かがみの孤城』

 kagami_b1_poster_sainyuko_ol_rgb

 

2018年に本屋大賞を史上最多得票数で受賞、ダ・ヴィンチBOOK OF THE YEAR2021(文庫部門)など9冠に輝き累計発行部数150 万部を超える辻村深月のベストセラー小説『かがみの孤城』が劇場アニメ化、12月23日(金)に公開される。

主人公こころ役に抜擢された話題の新人女優・當真あみ(発表済)と共に、キャラクターに命を吹き込む追加声優キャストが解禁。今回解禁されたのは、北村匠海、宮﨑あおいをはじめ、吉柳咲良、板垣李光人、横溝菜帆、高山みなみ、梶裕貴、麻生久美子。

本作は、学校での居場所をなくし家に閉じこもる中学生・こころを主人公に「鏡の中の城」で巻き起こるファンタジーミステリー。ある日突然、こころの部屋の鏡が光り出し、吸い込まれるように中に入ると城のような不思議な建物と、見ず知らずの中学生6人が集められていた。全ての謎が明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる-。

 

★「かがみの孤城」組み写真-(002)

 

主人公こころとともに「鏡の中の世界」に招かれたのは、リオン、アキ、スバル、フウカ、マサムネ、ウレシノの6人。サッカーが得意で、誰にでもフラットに接する爽やかな少年リオン役に北村匠海。しっかり者で、皆のお姉さん的な存在のアキ役に、6年間努めたピーターパン役を今年で卒業した吉柳咲良。飄々とした、どこか浮世離れした雰囲気の少年スバル役には来年のNHK大河ドラマ「どうする家康」にも出演が決定、今作で声優初挑戦となる板垣李光人。幼少時から生活の全てをピアノに費やす眼鏡女子フウカ役に、ドラマ「義母と娘のブルース」(TBS)で主人公の娘役を演じ演技力が評判を呼んだ横溝菜帆。皮肉屋でゲーム好きなマサムネ役に「名探偵コナン」「忍たま乱太郎」などのキャラクターを数多く担う高山みなみ。恋愛気質で惚れっぽく、マイペースなウレシノ役にアニメ「進撃の巨人」「七つの大罪」など数多くの人気キャラクターを演じた梶裕貴。そして、こころの母役には麻生久美子。こころを優しく見守るフリースクールの先生・喜多嶋先生役を宮﨑あおい

北村は「細かな心情、アニメーションならではの呼吸感、空気感。台本を読み進めるのがすごく楽しくて、それでいて彼らの気持ちがすごくよくわかる。そんな作品でした。」とアフレコ収録を終えた感想をコメント。宮﨑は「子どもたちの見ている世界を今より少し広げて あげられる様な作品になるのではないかと思っています。」と本作への期待を込めた。

 

【ストーリー】 学校での居場所をなくし部屋に閉じこもっていた中学生・こころ。ある日突然部屋の鏡が光り出し、吸い込まれるように中に入ると、そこにはおとぎ話に出てくるようなお城と見ず知らずの中学生6人が。さらに「オオカミさま」と呼ばれる狼のお面をかぶった女の子が現れ、こう告げる。「おめでとう、君たちは選ばれし7人だ。どんな願いでも、一つだけ叶えてあげよう」。なぜ自分が選ばれたのか? 7人の共通点とは? それぞれが抱える<人に言えない願い>とは? 全てが明らかになるとき、想像を超える奇跡が待ち受ける――。

『かがみの孤城』
配 給: 松竹
制作: A-1 Pictures

©2022「かがみの孤城」製作委員会
2022年12月23日(金) 全国公開

関連記事


Page Up