Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

主演・広瀬すず、ここまでクールで感情がつかみにくい役は初めて! 映画『水は海に向かって流れる』 2023年6月公開!& 超特報映像解禁

2022/11/19 21:04

主演・広瀬すず 映画『水は海に向かって流れる』2023年6月公開

ティザービジュアル

 

2021年に映像化もされた「子供はわかってあげない」で漫画賞を総ナメにした田島列島の傑作漫画「水は海に向かって流れる」が、主演・広瀬すず、監督・前田 哲(『そして、バトンは渡された』)で映画化が決定、2023年6月より全国公開される。

本作は、ある雨の日の思いがけない出会いから始まる物語。過去の出来事から心を閉ざしてしまい、どこか冷めていて、日々を淡々と過ごす26歳のOL榊さん。「恋愛はしない」と宣言する彼女の止まっていた時間を動かすのは――。

シェアハウスに住むいつも不機嫌そうなワケありOL・榊千紗(さかき・ちさ)を演じるのは、広瀬すず。この度、<ティザービジュアル>と<超特報映像>も解禁。

ビジュアルでは、大人の雰囲気をまといつつも心に何かを抱えているような、これまでにないクールな表情を浮かべる榊さんこと、広瀬すず。前田監督に「今まで見たことのない広瀬すずを見せてくれるのではないか。すずさんの表現に私たちスタッフは心が鷲掴みにされることが何度もありました」と言わしめるほどのハマり役。そのキャラクターの繊細さをしっかりと写し出すビジュアルになっている。

また、超特報映像では、本作でも重要なシーンのひとつ「ある雨の日の思いがけない出会い」を切り取っている。雨と傘を開く音が印象的で、さらに、榊さんの不機嫌そうな声と表情、海で美しく映し出される横顔、「俺がいなければ、この人の肩が濡れることはなかったのに」という言葉…この物語の行方を見届けずにはいられなくなる映像となっている。

特報映像: https://youtu.be/gDCNU-_YsRo

原作者・田島列島が「脚本を読んだ段階ではわからなかった、音楽も合わさって生まれる映像ならではのエモさ、コレ、漫画じゃ出来ねんだよなあーと思いました」と太鼓判。

そして、広瀬は「お話を頂いたとき、『どうして、私なんだろう?』というのが率直な感想でした。ここまでクールで、感情がつかみにくい役も初めてでしたが、いつか、やってみたいと思っていた役でもありました。実際に撮影に参加させて頂いて、すごく楽しかったです。私自身も我慢するタイプなので、彼女の気持ちを理解できる部分は多くありました。ある過去の出来事をきっかけに人に期待し過ぎず、自分の中にちゃんと信念を持ち、そして、とても優しい榊さんは年上ですが、寄り添ってあげたくなる人です。 そんな彼女が、信じたいと思える人に出会い、固く結ばれた糸がほぐれていくように変化していく様を大切に演じました」とのコメントを寄せた。

映画『水は海に向かって流れる』 (配給:ハピネットファントム・スタジオ)
2023年6月 TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
©2023映画「水は海に向かって流れる」製作委員会 ©田島列島/講談社

関連記事


Page Up