Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【後編】NHK連続テレビ小説『なつぞら』で広瀬すずの妹役を好演! 清原果耶「物語を動かせる存在になれたら」

2019/7/8 03:52

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

080s

——今回、物語の途中からの参加となりましたが、その立場から見て撮影現場の雰囲気はいかがでしたか?

現場では、チームやファミリーの絆を感じました。それはキャストの方だけじゃなく、スタッフの皆さんも一丸となってこの作品に取り組んでいるからだと思いますし、その力の強さを感じたので、私も負けないように、そして邪魔をしないように、千遥として存在できたらいいなと思いました。

077s

——広瀬さんや岡田さんは、現場でどのように過ごされていましたか?

実は、スタッフの皆さんに配慮していただいて、お二人には現場で会わないようにしていたんです。現場でお二人にお会いしたら、作中での臨場感や、リアルタイム感が薄れてしまうんじゃないかと思ったので。何よりも視聴者の皆さんを裏切りたくなくて、現場でもお会いしないようにしました。

——広瀬さんとは映画『ちはやふる−結び−』でも共演されていますが、広瀬さんの印象は? 広瀬さんが演じるなつの妹という役どころですが、そういった意味で広瀬さんを意識しますか?

すずちゃんは、相談にも乗ってくれるお姉ちゃんという印象です。例えば私が雑誌の「セブンティーン」の専属モデルになったときに「おめでとう」って連絡をくれて。すずちゃんの妹役を演じるということで「頑張らなきゃ」と思いました。

070s

——ストーリー的にも14週は大きな盛り上がりを見せる週になると思います。役作りをする中で、どのように千遥の気持ちを作っていきましたか?

「14週で突然出てきた千遥」という人物を演じているのではなくて、私自身は千遥が生きてきた道のりを抱えた上で演じるようにしています。なので、いろいろな過去を持った千遥が柴田家の皆さんに会ったり、様々な経験をしたりすることに対して、私自身も震えるような気持ちを感じます。でも、それ以外は特に気負って演じたわけではないと思います。

——今回、広瀬さんや岡田さんに会わずに撮影するという徹底した役作りをされたとお話されていましたが、女優として活動された最初の頃からそういった役作りの仕方をされていたんですか?

『あさが来た』の時は、全てが初めての経験だったので、何に対しても驚きが先行していて、身につく前に通り過ぎていってしまうということも少なくなかったのですがそこで役の作り方を知りました。その後経験させていただいた作品で、作品ごとにどういう風に役を作っていくかが異なるということも学びました。今回はいろいろなスタッフの皆さんに協力していただいて、こういった丁寧な役の作り方をさせていただけたということです。

066s

——『あさが来た』も本作も、朝ドラに出演したことの影響力はどんなところで感じますか?

『あさが来た』に出演させていただいた時に、私のおじいちゃんやおばあちゃんから喜びや驚きの言葉をもらったので、影響力の大きさを身にしみて感じました。やはり、幅広い年代の方が観られる枠のドラマだと思います。

——今回の千遥という役は、オーディションで決まった役ではなく、オファーを受けての出演だと聞いています。オファーだったことについては、どう感じますか?

純粋に嬉しい気持ちが大きかったです。なつにも大きな影響を与える、演じがいがある役をいただけて。プレッシャーは数え始めたらキリがないので、台本を頂いてから自分ができる最善を尽くそうという思いでいました。

——今後、朝ドラのヒロインを演じてみたいという思いはありますか?

私としては、こうしてもう一度、朝ドラに出演できることだけで、本当に幸せですし、ありがたい経験をさせていただけているという思いです。でも、まだ自分では想像もできないですが、もしヒロインをやらせていただける機会があるなら、今までの経験や朝ドラの現場で感じたことを生かしてやれたらいいなとは思います。今は『なつぞら』のことで頭がいっぱいなので、先のことまで考えられないですが…。

039s

——今後、どういう女優になりたいですか?

何か一つのことにこだわらずに、いろいろなジャンルや役に挑戦して、いろいろと勉強していければいいなと思います。

NHK連続テレビ小説『なつぞら』はNHK総合で月曜〜土曜8時〜ほかで放送。清原果耶が出演する第14週は、7月1日(月)から放送。

ヘアメイク FACCIA 面下伸一
スタイリスト ISON KAWADA( IMPANNATORE INC. )
刺繍ワンピースドレス\31,000/ニアー ニッポン(お問い合わせ先 ニアー TEL 0422-72-2279)、
ヒールサンダル\27,000/カルチェグラム(お問い合わせ先 デュプレッックス TEL 03-5789-3109


 (取材:文/嶋田真己 写真撮影/篭原和也)

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up