2PMテギョン、ウヨンら『ドリームハイ』放送記念会見に出席!!

2011/8/11 02:17

TBS「韓流セレクト枠」にて好評放送中の韓国ドラマ『ドリームハイ』の地上波放送を記念して、7月4日、六本木・VANITY LOUNGEで記者会見が行われ、キャストのキム・スヒョン、ペ・スジ(missA)、オク・デギョン(2PM)、チャン・ウヨン(2PM)が登壇した。ドリームハイ』は、ペ・ヨンジュンとRAINやワンダーガールズなどを育てたカリスマプロデューサー、J.Y.PARKがタッグを組んで手がけた注目のドラマで、韓国では驚異的な視聴率を記録した。

芸術専門学校に通う若者たちが、挫折や葛藤を抱えながらも、世界的なスターを夢見て努力し、愛と友情を築いていく感動的なストーリー。ペ・ヨンジュンが、高校の理事長として特別出演し、J.Y.JARKは教師役として出演している。また、日本でも大人気の2PMのオク・テギョンとチャン・ウヨン、missAのペ・スジ、IU、T-araのハム・ウンジョンらが出演し、K-POPアイドルがドラマの中で実際に歌いダンスする、リアリティ十分な描写も魅力。期待の新星俳優キム・スヒョンも出演し、話題となっている。キム・スヒョンは、「サムドンは、男らしくて、明るく愚直なところがあり、魅力ある役だった。ダンスや歌という挑戦にやりがいも感じた。」と振り返り、オク・テギョンはチン・グク役を演じ、「1つの夢に向かって駆け抜ける。そして1人の女性を守っていくという部分は僕自身と似ている。」と語った。圧倒的なダンスの実力を持つ役柄のチャン・ウヨンは、「ダンスが好きという共通点はあっても、上手くやらなければいけないというプレッシャーを感じた。演技は、僕にとって初めての挑戦だったので難しかったけれど、ステージでパフォーマンスするのも、演技することと一緒なので、とても勉強になった。」と満足感を表した。初主演のペ・スジは、初めて台本を手にした時の気持ちを「歌手という役でとても嬉しかった。初めは上手く演じられるか不安でプレッシャーもあったが、共演者が同年代だったので、気持ちを楽にして楽しみながら演じることができた。」とコメント。主人公ヘミのキャラクターについて、ペ・スジは「まず、私は決して性格が悪くありません(笑)。」と断ってから、「感情表現が上手にできないというところは似ているかも。でも、私はよく笑うのでそこは違うと思う。よく笑ってしまうので、演じるのに苦労した。」と明かすと、キム・スヒョンは、「ヘミは、生意気に見えるが内面はナイーブ。家族や友だち思いで、サンドンに夢や愛へ突き進むきっかけを与えてくれた。ヘミのような女性がいたらいいなと思う。」と付け加えて話した。そして、「(僕は)サンドン役を通して、男らしく純粋な魅力を自分のものにしようと頑張った。以前より純粋になったと思う。」と言って会場の笑いを誘った。また、大先輩のペ・ヨンジュンとJ.Y.PARKとの共演について、「とても情熱的な姿を見ることができて、大きな刺激を受けた。」とキム・スヒョン。チャン・ウヨンは、「ペ・ヨンジュンさんが握手をしてくれて、パワーを感じた。」と述べ、全員が今回の共演で大きな影響を受けたと伝えた。

 最後に「『ドリームハイ』は、全員がベストを尽くしたドラマなので、愛して下さい。」とPRした。

★『ドリームハイ』放送情報

TBS「韓流☆セレクト」にて毎週月~金曜午前10:05~11:00絶賛放映中

 ★DVD情報

『ドリームハイ』DVDBOXⅠ、Ⅱが9月28日発売。

 「ドリームハイ プレミアムイベント 2011」が9月4日(日)にさいたまアリーナにて開催される



photo:Yasuhiko Akiyama

関連記事


Page Up