Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【後編】宮下かな子インタビュー! TBS金曜ドラマ『最愛』社長秘書・児島彩夏役「彩夏はピンクや花柄が好きでネイルもピンク。華やかさが出せたらいいなと思っています」

2021/10/15 17:40

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

0176s


――ドラマに引き続き、10月23日(土)から始まるウォーキング・スタッフ プロデュース『手の平』に出演されます。どのような舞台なのでしょうか?


再演の舞台なのですが、脚本がまだ完成しておらず、演出家の方がいろいろと変えている段階です。大まかにいうと、都市開発が進む小さな町の商店街で、立ち退きを迫られる家族の物語です。お家をどうするかというのをめぐって、家族の意見が分かれていて、バラバラの家族がどうなっていくか…といった内容です。

0101s


――宮下さんの役は、その家族の一人なのですか?


はい。皆さん血が繋がっているのですが、私はお嫁さんとして家族に入ったので、血縁がないんです。私は、家族の話を今までやったことがないので、家族を題材にした話に参加できるというのはとても嬉しいです。

――舞台のお稽古は脚本ができてからということになりますね。

そうです。楽しみですね。

――宮下さんは、映画の中では『東京物語』が一番お好きとおっしゃっていましたが、家族の物語に出たいというのもそこからですか?

そうですね。

0105s


――日刊サイゾーには映画コラム「宮下かな子と観るキネマのスタアたち」を連載していらっしゃいますね。どれぐらいのペースで書いているのですか?


コラムは2週間に1回で、月曜日に更新しています。

――どういうきっかけで始められたのですか?

サイゾーさんはグラビアのお仕事でご一緒したことがあって、その時に映画の話をしていたことと、文を書くのが好きだったことがきっかけになりました。

――やってみていかがですか?

辛いです(笑)。文を書くって大変ですよね。しゃべるのが苦手なので、書くのは自分で直していけるのでいいのですが、表現も偏りたくないので、意外と文字数も多くて、難しいなと思います。文章を書いている皆さんを尊敬しました。

――題材はご自身で選んでいらっしゃるのですか?

そうですね。一応決まりを作ろうということで、キネマ旬報のベストワンの作品を観て、今書いています。今映画館でやっている作品は書きやすいと思うのですが、あまり手を付けていない作品を観るきっかけにもなっているので、有難いお仕事をいただいたなと思っています。

0147s


――『東京物語』もそうですし、昔の作品に惹かれるのはどうしてなのでしょうか?


どうしてなんでしょうかね?誰かに分析していただきたいです(笑)。歌とかも昔の歌であったり、漫画も高野文子さんとか、大島弓子さんとかが好きです。今の人はあまり読まないですよね。

――お母さま世代でしょうか?

別に母から教わっていたとかではないのですが、不思議です。懐かしい感じに惹かれます。

――現代のものもご覧になるのですよね?

はい、幅広く観ます。

0129s


――SNSではイラスト“ひとこまみやした”を描かれています。これを始めたきっかけは?


絵はもともと描いていて、“ひとこまみやした”は、アウトプットしていなかった時期に、何か自分で発信できたらな、と思って始めました。すごく毎日いろいろあるものだなと始めてから気づきました。

――日常の見方が変わるようなことはありましたか?

いろいろなことに目を向けるようになりました。嫌なことがあっても“ネタにしよう”と思ったり、“あ、ひとことみやした”があるというのが自分の中で救いになっていることがあるかもしれないです。

――皆さまからの反響はいかがですか?

コメントが増えていますね。皆さんのコメントのセンスがすごいなと思って、毎回楽しみにしています。

0078s


――連続ドラマも決まって、舞台もありますが、今後挑戦したいことはありますか?


準備近いが長い、しっかり役作りをしないといけない映画をやりたいですね。

――最後に、ファンの皆さまに向けてメッセージをお願いいたします。

いつも応援してくださってありがとうございます。お芝居でもイラストでもいろいろな形で、これからも見せられたらいいなと思っていますので、応援よろしくお願いいたします。

――ありがとうございました。ドラマも、舞台も楽しみにしています。

0092s

前編https://ranran-entame.com/ranran/79922.html

金曜ドラマ『最愛』
放送日時10月スタート 毎週金曜22:00~22:54(初回15分拡大)
脚本:奥寺佐渡子 清水友佳子
プロデュース:新井順子
演出:塚原あゆ子
出演者:吉高由里子 松下洸平
田中みな実 佐久間由衣 高橋文哉 奥野瑛太 宮下かな子
薬師丸ひろ子(特別出演) 光石研 酒向芳 津田健次郎 及川光博 井浦 新
主題歌:宇多田ヒカル(ソニーミュージックレーベルス)
製作:TBSスパークル TBS
公式サイト https://www.tbs.co.jp/saiai_tbs/

 舞台
ウォーキング・スタッフ プロデュース『手の平』
2021年10月23日(土)~31日(日)
演出:和田憲明
脚本:池内風
出演:石井愃一 / 岩本淳 / 本間剛 / 町田マリー / 池内風 / 永島敬三 / 岡田地平 / 宮下かな子
公式サイト https://ishii-mitsuzo.com/category/walking-staff-produce?_fsi=EoSV4BV6

 

サイン入りチェキプレゼント

9J9A9536-2s


ランランエンタメではサイン入りチェキをプレゼントいたします!
<応募方法>
(1)ランランエンタメの公式Twitterアカウントhttps://twitter.com/ranranentame」をフォローする。
(2)記事・プレゼント告知ツイートをリツイートする (前編、後編両方リツートする)
(3)ダイレクトメッセージで申し込む
   ①「宮下かな子さんのチェキ希望」とお書きください。
   ②お名前
   ③ご年代
<応募締切>
2021年 11月15日(月)23時59分
<当選発表>
締切後、厳正なる抽選の上、当選者を決定。ご当選者様には、ランランエンタメ公式アカウントよりTwitterのダイレクトメッセージにて当選連絡をいたします。2日以内にご返信がない場合は当選の権利が移ります。発表には少々お時間を頂戴いたします。ご了承ください。
<ご応募について>
※リツイートは、公式リツイートに限定させていただきます。
※Twitterアカウントを非公開にしている場合、リツイートを確認することができないため、応募対象外となります。
※ご応募後のキャンセル、変更、返品、お届先の変更はできかねますので、ご了承ください。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
<商品発送について>
※商品の配送は日本国内のみとさせていただきます。お届け日は、指定できません。
※当選者の長期不在や、賞品お届け先ご住所や転居先が不明等の理由により、賞品のお届けができない場合は、ご当選を無効とさせていただく場合がありますので、予めご了承ください。
<注意事項>
※プレゼントの応募によりお預かりした個人情報は商品の発送にのみ使用いたします。
※ご当選の権利は第三者への譲渡や現金とのお引き換えはできません。
※ご応募いただいた時点で、本応募要項に同意いただいたものとみなします。

(取材 文:高橋美帆 / 写真撮影:篭原和也)

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up