Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

『夢の向こう側~ROAD LESS TRAVELED~』公開初日舞台挨拶に、ヴァネス・ウーらメインキャスト4人が登壇!

2013/6/8 10:54

6月1日、台湾映画『夢の向こう側~ROAD LESS TRAVELED~』がついに日本公開された。同日、これを記念して都内にて舞台挨拶が行われ、メインキャストのヴァネス・ウー、ジミー・ハン、ディーン・フジオカ、エリック・トゥーが登壇し、公開の喜びをファンに伝えた。DSC_5950のコピー本作は、音楽で成功する夢をかなえるため、一人アメリカから台湾へやってきた青年が、仲間たちと出逢いバンドを組み、一緒に夢に向かっていく友情と成長を描いた青春物語。

台湾を代表するスターであり日本では“F4”のメンバーとしても知られるヴァネス・ウーが、友人のジミー・ハン、エリック・トゥーと映画製作会社を立ち上げ、制作した長編第1作目。脚本や音楽、編集、プロデュースを務めるのはジミー・ハン。父親の香港の大スター、サモ・ハンもエグゼクティブ・プロデューサーとして参加している。

爽やかな笑顔で4人が登場すると、日本公開を待ちわびたファンで埋め尽くされた会場が、大きな拍手と歓声に包まれた。普段から仲のよい4人は最初からリラックスムード。なごやかな雰囲気で舞台挨拶がスタートした。DSC_5868のコピーまずは、「皆さん、おはようございます。」と日本語で挨拶したヴァネス。「皆さん、応援に駆けつけてくださってありがとうございます。一生懸命頑張って作った映画なので、ぜひ楽しんで下さい。」と続けた。ジミーは、「日本で上映できることに心から感謝します。この映画は僕たちの会社のデビュー作なので、楽しんで観て下さい。」と流暢な日本語で。ディーンは、「興奮しています、鼻血が出るくらい(笑)。」とし、エリックは「皆さん、今日は来てくれてありがとうございます。ぜひ楽しんで観て下さい。」と笑顔を見せた。

Q:F4とTENSIONについて触れるシーンがありますが、あれはアドリブ?

ヴァネス:脚本を読みながら、こういうネタもありじゃない?とジミーに相談したら、「本当にいいの?やっちゃうよ。」と言われて、実現したんです。結果、いいシーンができて正解だったのではないかと思っています。

Q:ディーンさんは、すでに台湾映画『ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode1』で凱旋来日され、それに続く日本公開で日本のファンの皆さんとお会いした気持ちは?

ディーン:とても嬉しく思っています。あの~、日本人です、僕(笑)。台湾のブラザーたちと一緒にこの映画のために日本に戻って来れて、今日はとても特別な日です。皆さんも楽しんでもらえると嬉しいです。

Q:ジミーさんのお父さん、サモ・ハンさんと共演されていかがでしたか?

ジミー:緊張しました。最初はみんな楽しんで撮影をしていたんですが、父が到着した日は誰も喋らなくて・・・。静かだなって思って振り向いたら、後ろに父がいたんです(笑)。親に支持することなんて、あまり経験することではないですよね?最初はすごく緊張したけれどアドバイスをお願いしたり、相談しながら作ることができてエンジョイできました。

エリック:dream come true!夢が叶いました。幼少の頃からサモ・ハンさんの作品を見ていたので、すごく嬉しかったです。

ヴァネス:以前、共演させていただいているので久しぶりにお会いできて嬉しかったです。そしてなにより、親子で一緒に仕事をしているのを見ているのがとても楽しかったし、感動的でした。

ディーン:生きる伝説のような方と、一緒に仕事ができて光栄でした。ジミーの緊張する様子がおかしくって(笑)。でも、彼のおかげで現場の雰囲気が締まって、作品にとてもいい影響を与えてくれたと思います。素晴しい経験でした。

途中、エリックが、ウィリアム・ハンのモノマネを披露したり、ディーンの武術の練習好きから羽田空港でのアクシデント話など、終始笑いの絶えない、わきあいあいとした楽しい舞台挨拶となった。DSC_5971のコピー『夢の向こう側~ROAD LESS TRAVELED~』

【STORY

成功を夢みてアメリカから1人やってきたジョー。台北に到着した日、ギターを盗んだと勘違いされ突然マイクに襲われる。誤解を解き、意気投合したメンバーはロックバンド≪SMASH≫にジョーを迎える。ほどなくデビューが決まった彼らは順調とは言えないものの少しずつスターへの道を歩み始める。初めてのツアーが成功を収め、注目を集めるようになると、次第にマイクの生活が荒れ、それまで積み上げてきたメンバーの絆にヒビがはいり始める。そしてようやく掴んだ成功を前に、≪SMASH≫に最大の試練が訪れる… 

監督:セブン・リー

脚本・音楽・編集:ジミー・ハン

プロデューサー:ジミー・ハン、エリック・トゥー、ヴァネス・ウー

エグゼクティブ・プロデューサー:サモ・ハン

出演:ヴァネス・ウー、ジミー・ハン、ディーン・フジオカ、エリック・トゥー、クリス・ルンほか

特別出演:サモ・ハン

配給:ワコー 

公式サイト http://www.yumeno-mukougawa.com/

(C)Smash and Grab Productions

ユーロスペースにて絶賛公開中!

全国順次公開!

 

関連記事


Page Up