Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

エリック、除隊後初のファンミーティングでファン熱狂!

2010/12/29 11:56

2010年12月18、19日

「お帰りなさい~エリック!」。
 ファンの大合唱で迎えられた人気グループ、神話(SHINHWA)のERICが、201年10月末に軍服務を終え、2年ぶりに日本のファンの前に帰ってきた。

 

2010年12月18日東京・ゆうぽうとホールで、19日兵庫・アルカイックホールで開催された『エリック 除隊初ファンミーティング2010』。兵庫では、「お帰りなさい~エリック」という大合唱の後に、司会の計らいで、全員で「もうかりまっか~?」という言葉をかけると、笑顔で登場したエリックが「ぼちぼちでんな♪」と大阪弁で答え、なごやかな雰囲気でスタート。「ようやく皆さんの元に帰ってこれました。みなさんにまたお会いできて幸せです」と日本語で挨拶した。


除隊後すぐに、俳優ムン・ジョンヒョクとしてドラマ『ポセイドン』の撮影に入ったエリック。この復帰第1作について、「海を舞台にした、特殊救助隊の話です。実際に海に入るシーンもありますが、島の人たちの生活を助けたりもします」と、撮影中のエピソードを写真とともに紹介。復帰作として期待が高まっている。

 この日、神話の曲をランダムに流し、それに合わせて振り付けどおりに踊ったりRAPを披露するという、ファンを熱狂させる演出が盛りだくさん。どうしても思い出せずに座り込んだシーンもあり、「ステージで振り付けを忘れて呆然とする夢をよく見るのですが、今まさにそんな感じで、怖くなりました(笑)」と、素顔を見せた。



またエリックは、プロデューサーとして新人ガールズグループ4人組をプロデュースすることになり、彼女らがステージに登場。韓国でも未発表の新曲をデュエットなどで披露した。まだ名前の決まっていないグループで、エリックは「僕たちが初めて舞台に立ったとき、頭が真っ白になったのですが、この4人はうまく舞台を務め、『最近の子は違うなあ』と頼もしく思いました」と感想とともにエールを送った。

さらに、神話の各メンバーから届いたビデオメッセージを紹介。服務中のアンディからはなかったが、「今、国ではいろいろあるので、アンディは休暇も返上して勤務に当たっています。無事に除隊できるようみなさん応援してあげてください」とファンに伝えた。







客席を回って自らファンに質問を受け付けたり、選ばれたファンをステージに招いて「ラブポッキー」「ラブタイタニック」「ラブ抱っこ」などと書かれた的をエリックが矢で当て、それをファンにしてあげる、というコーナーもあり、親近感あふれる演出でファンを感激させた。最後の握手会まで、エリックの持ち前の素朴さだけでなく、目や笑顔の美しさが一人ひとりのファンに届いたファンミーティングとなり、予定の時間を30分以上過ぎてなお、ファンを喜ばせていた。
(取材:西元まり)

<ファンクラブ情報>

・ERIC ジャパンオフィシャルファンクラブ ~Moon Light~

 http://www.ericfan.jp/

 問合せ先:ERICファンクラブ事務局

 mail : info@ericfan.jp

 

 <放送情報>

『ERICファンミーティング2010 ~Hello Again~』 

初回放送:2011年2月19日(土)午後11:00~深夜0:30

韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」

スカパー!ほか、全国のケーブルテレビで視聴可能
   www.mnetjapan.com

Mnetカスタマー TEL:03-3502-3141
 (Weekday 10:00-12:00 13:00-18:00)

関連記事


Page Up