Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ヒュー・ジャックマン来日!真田広之らと『ウルヴァリン』ジャパンプレミアに登場!

2013/8/31 10:15

人気スーパーアクション映画『X-メン』シリーズの主人公“ウルヴァリン”を描いた作品第2弾、『ウルヴァリン:SAMURAI』が、いよいよ9月13日より全国公開される。公開に先立ち、8月28日、東京・六本木ヒルズアリーナにてジャパンプレミアが開催され、主演のヒュー・ジャックマン、共演の真田広之、TAO、福島リラ、そしてジェームズ・マンゴールド監督が出席。約1200人のファンの熱い歓迎を受けた。

DSC_9219のコピー
ハリウッドが本格的日本ロケを遂行し、全世界で話題となっている本作は、全米をはじめ、世界103ヶ国で初登場No.1を獲得し、日本を舞台にしたハリウッド映画で歴代No.1に輝いた。全世界の興行収入が22億ドル=2200億円を突破した空前のシリーズ最新作が、ついに日本上陸。

DSC_9227のコピーDSC_9431のコピーDSC_9354のコピー
ステージには日本家屋をイメージしたセットが設置され、会場が暗転すると障子に侍や忍者の争う影が・・・。なかなか決着がつかない様子のところに、その瓦屋根の上にヒュー・ジャックマンが登場。屋根から火の玉を投下し終結させるというド派手な演出に、ファンたちから驚きにも似た大きな歓声があがった。続いて、炎につつまれ障子の奥から真田広之らが登場。

DSC_9452のコピー
真田とガッチリ握手をかわしたヒュー・ジャックマンは、「こんばんは! 私は日本に来られてとても嬉しい。すばらしい!」と日本語で挨拶し、会場を沸かせた。親日家としても知られているヒューは、「私は、日本が大好き!日本で撮影ができて、本当に夢がかなったような思いです。」とコメント。「ちょうど1年前に日本で撮影しました。日本のエキストラやスタッフの方々がとても良くしてくれました。皆さんのおかげでこの作品が成功しました。」と感謝の気持ちを述べ、福山市の鞆の浦での撮影が縁で、ウルヴァリンが福山市の観光大使に選ばれたことを告げると、温かいお祝いの拍手が送られた。

DSC_9407のコピーDSC_9370のコピー
真田広之は、「日本を舞台にしたこの作品を、ようやく皆さんにお見せできることができて・・・(ヒューのモノマネをして)すばしい!ヒューの穏やかな笑顔のおかげで、楽しく撮影期間を過ごせました」と喜びを表し、「古き良き日本の作品がモチーフになっていています。この映画ならではの風景をぜひ楽しんで欲しいです」とPRした。

DSC_9378のコピー
マンゴールド監督は、「私が都内のいろいろな場所にこっそりと潜入し、ここがいいと思った場所で、車の中で待機しているヒューたちに降りてきてもらって撮影しました。普通に歩いている一般の皆さんに混じって撮影をしていたんですよ(笑)」と撮影エピソードを明かした。

DSC_9405のコピーDSC_9272のコピーDSC_9412のコピーDSC_9322のコピー
ハリウッド映画初挑戦となったTAOと福島リラは、「この作品に出演することができて光栄です」「今日の日を迎えることができて幸せです」と感慨深げ。ヒューも「彼女たちは初めての演技とは思えない素晴しい仕事をしました。」と称え、「監督は、(キャラクターの)役柄を掘り下げ、ウルヴァリンの持つ葛藤やドラマの部分を浮き彫りにしてくれました」と絶賛し、アクションだけではない物語を強調した。

DSC_9545のコピー
さらに、撮影場所となった鞆の浦の皆さんが“ウルヴァリン”と命名されたバラをゲストにプレゼントするサプライズも。小さな女の子から花束を贈られ、満面の笑みを浮かべたヒュー・ジャックマン。最後は、レッドカーペットを闊歩し会場を一周。笑顔で握手やサインなど、ファンとの触れ合いを楽しんだ。

DSC_9557のコピー
『ウルヴァリン:SAMURAI

9月13日(金)よりTOHOシネマズ 日劇 他全国ロードショー!!

公式サイト:http://wolverine-samurai.jp

 

関連記事


Page Up