Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

俳優チョ・ヒョンジェが、桜が満開の高麗神社へファンと一緒に列車の旅!

2014/4/15 01:21

2014年4月7日(月)、韓国俳優チョ・ヒョンジェが古代高句麗の里として知られる、埼玉県日高市にある高麗神社へ、貸切列車に乗ってファンと触れ合いながら旅をする「日韓交流スペシャル企画&GFSC Charity(チャリティー)」に参加。『Meets Komago高麗郷への旅×チョ・ヒョンジェ』と題したこの企画は、毎年4月に行われる「日韓友情フェスタ」の一環で、前日6日(日)には渋谷公会堂でファンミーティングが開催された。9J9A4731-2のコピー
このNPO日韓交流会の行事の趣旨に賛同したチョ・ヒョンジェが、チャリティー後援者とともに、7日(月)に西武新宿駅~高麗駅までの特別貸切電車に乗り、高麗神社までの道のりを共にするというファンには嬉しい旅。

9J9A4743-2のコピー
この列車は、普通は運行ダイヤには無いもので、年に一回だけ特別にこの日のためだけに運行される特別電車とあって、隣駅の高田馬場には、その運行を知ってか鉄道ファンがカメラを構えて待っていた光景も見えた。元々、高麗駅は西武線でも池袋線経由の駅のため、新宿線からアプローチするために2回、先頭車両が変わったのもレアな運行!

それに付け加え、東伏見駅付近では桜が満開の場所を通る際に、特別に速度を止まるか止まらないか程度まで落として乗客サービス満点!そして、2度のチョ・ヒョンジェからの車内アナウンス、ファンへの車内挨拶まわりなど充実感いっぱいの旅となった。

その列車の中で、個別インタビューに応じていただけました。

9J9A4817-2のコピー
インタビュー

-日本に来ると、必ずすることや行く場所などはありますか?-

ヒョンジェ:渋谷や原宿が好きでよく行きます。ファッションストリートです。服を見にいったりします。色々なものを見ます。

-昨日、渋谷公会堂でイベントがあり、ファンの方々とお会いになられていかがでしたか?-

ヒョンジェ:単独ファンミーティングをしたのが、久しぶりだったので皆さんとお会いできて嬉しかったですし、時々撮影現場へいらしてくださったファンの方々を覚えているので、その方々に昨日もたくさん来ていただいて嬉しかったです。

-今日は一日明けて、ファンの方々と郊外へ行きますが、今までファンの方々と一緒に旅行したことは?-

ヒョンジェ:このようにファンの方々と電車に乗って旅行することは今まで一度も無かったので、とても新鮮な気持ちです。これからも色々なこういうことをできたらいいと思います。

9J9A4803-2のコピー
-趣味が登山ということですが、韓国の山にもよく登りますか?-

ヒョンジェ:華岳山、北漢山、清渓山にはよく登ります。仕事がオフの時は週に2度ほど登ることもあります。いつも登山で鍛えているので、足はとても丈夫です!登山の魅力は、頂上に行った時の達成感がありますし、やはりストレス解消になるので、気分が晴れ晴れします。

-来月5月はヒョンジェさんの誕生日がありますが、いつも誕生日はどのように過ごされていますか?-

ヒョンジェ:だいたい、友達か家族とバースデーパーティーをしています。

9J9A4844-2のコピー
-ヒョンジェさんといえば、ヒロインを一途に愛するというナイーブな魅力で人気の俳優さんですが、今回の『帝王の娘スベクヒャン』では百済の25代王を演じられた時には、どのような役作りをされたのでしょうか?

ヒョンジェ:ミョンノン王というのは、今までの時代劇とは少し違った感じで演じました。時代劇の王様というと、重みがある雰囲気に思われますが、このドラマ自体がトレンディーな感じでしたので、ミョンノンの持っている独特な雰囲気を出すために少し可愛らしさやお茶目な感じが出るように努力しました。

9J9A4903-2のコピー
インタビューのあとには、RanRan Entertainmentへビデオメッセージをいただくことができましたのでどうぞご覧下さい!

9J9A4974-2のコピー
列車がいよいよ高麗駅に到着。まずは駅前にて大勢のファンも一緒に、記念撮影。そしてバスに乗り、10分ほどの場所にある高麗神社に先にチョ・ヒョンジェが到着すると、まずは本堂で厳粛な雰囲気の中、参拝。

その後、昼休憩を挟み午後1時20分より、フォトセッションが行われ、ファンが想い出のショットをゆっくり撮影する時間が設けられた。そして、最後は「日韓もちつき」が韓国式の様式で行われ、チョ・ヒョンジェが杵を上げ餅をつくと、ファンから応援の掛け声がかかり美味しそうなお餅が完成。

9J9A5022-2のコピー
9J9A5099-2のコピー
臼ではなく板を地面に置いて、その上に餅を置いてゴマ油を少しずつ入れながらつくという日本とは全然違うスタイルの餅つきに皆、味はどんな味だろう?と興味深々。私達も少しいただいてみましたが、ゴマ油の香りがほんのりしてとても美味しいお餅でした!

そうして楽しいチョ・ヒョンジェとの旅はここで、お開きとなりファンは名残り惜しそうに彼を見送った。天気も良く、桜も満開のこの時期に清々しい一日を送って参加者全員、満足そうな笑顔で高麗神社を後にして、今年も有意義なイベントとなった。

9J9A4828-2のコピー

関連記事


Page Up