Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

クィーンズスクエア横浜クリスマス2014×映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」公開記念「ミラクル☆ツリー」点灯式

2014/11/18 12:20

2014.11.17 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

11月17日横浜みなとみらい・クィーンズスクエア横浜にてクリスマスツリーの点灯式が開催された。ミラクル☆ツリーは高さ12メートルの巨大なツリー、それに点灯するのは、11月22日(土)から公開される映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」に出演する嵐の相葉雅紀、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真の4人。人気の4人が登場するとあって、3000人のギャラリーが集まり、大いに賑わった。

IMG_3592のコピー

 点灯に先立ち、昭和音大を卒業したメンバーによる金管五重奏が披露。そして、続いてのゲスト4人による面白トークでは最高に盛り上がった。

「映画では、クリスマスの夜にミラクルが起こる?というお話。デビクロくんが恋のキューピッド的な存在になるということで、さて皆さんは今年のクリスマスは誰とどう過ごしたい?」という質問に対して、まず生田君は「去年のクリスマスは相葉君の一緒。なので、今年も相葉君の一緒と思います。」というつまらない回答。相葉君が援護。「よく一緒にいるんですよ。なので、クリスマスも一緒にいるよね。きっと。」・・・。

IMG_3516のコピー

ハン・ヒョジュ:「クリスマスは愛する人と一緒がいいですよね。今年は無理だと思うので、家族と過ごしたいです。」

榮倉:「暖かいクリスマスを体験してみたいです。タンクトップのサンタクロースが見たいです。相手は誰でもいいです。」

相葉:「やっぱり、斗真と過ごそうかな。あるいは、誕生日会をしていただいたことがないので、誰でも参加できるような会費制のワン・コイン誕生日会をしたいです。(笑)」

それぞれがクリスマスの想いを打ち明けたが、まだ具体的な計画が固まっていないようである。

このあと4人がスイッチを押し、巨大なツリーが華やかに点灯。12月25日まで点灯されることになっている。

IMG_3581のコピー

映画「MIRACLE デビクロくんの恋と魔法」は、みんな、片思い。この冬、きっと恋がしたくなる夢ときめくミラクル・ラブストーリー。映画もぜひ愉しんでいただきたい。

《あらすじ》漫画家をめざす書店員の光(ひかる:相葉)は、世界的な照明アーティストのソヨン(ハン)と偶然知り合う。一瞬で恋に落ちてしまった光は、彼女を運命の人と思い込み、幼馴染み杏奈(榮倉)に相談するが、ソヨンと杏奈は仕事仲間だった。だが、彼女自身も子供の頃から光に恋心を抱いていた。一方、光は大学時代の同級生で売れっ子漫画家の北山(生田)に再会したのだが、彼がソヨンの元恋人と知ってしまう。すれ違う4人の片思いは・・・。そんなとき、光しかみえない相棒のデビクロくんが現われ・・・。

『MIRACLE  デビクロくんの恋と魔法』

11月22日(土)全国ロードショー

(c) 2014 『MIRACLE  デビクロくんの恋と魔法』製作委員会 (c)2013 中村航/小学館

 IMG_3598のコピー

 

関連記事


Page Up