Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

嵐の相葉雅紀単独初主演映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の初日舞台挨拶で相葉が号泣?!

2014/11/22 17:02

2014.11.22 取材:記事・写真/RanRan Entertainment

 

公開前から話題沸騰の、嵐の相葉雅紀単独初主演映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』の初日舞台挨拶が11月22日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7にて行われた。

9J9A7658-2のコピー

上演後の熱気あふれる客席にフォーマルな装いで登場したのは、出演者である相葉雅紀、榮倉奈々、ハン・ヒョジュ、生田斗真、劇団ひとり、塚地武雅、そして監督である犬童一心の7人。

今回の舞台挨拶は全国の映画館にて同時中継が行われたため、端にあるカメラに手を振りながらの登場となった。

映画に対し、出演者に対しての温かい歓声と大きな拍手の中挨拶。

9J9A7752-2のコピー

相葉:「本日はお忙しい中劇場にお越しの皆さん、中継先の皆さん、いらして頂き本当にありがとうございます。短い時間ではありますが楽しい時間にしたいと思います!」

榮倉:「会場に入った瞬間の皆さんの温かさで、改めて相葉さんって凄いなと思いました。今日はよろしくお願いします」

ハン:「この映画で私が感じた温かさを皆さんも感じていただけたら嬉しいです。」

9J9A7689-2のコピー

生田:「相葉くんの単独初主演映画に関わることが出来て嬉しいです。今日は本当に、相葉くんにとって特別な日なので今日きっと最後には相葉くんが号泣するのを期待しています。」

劇団ひとり:「声の出演だけで、収録時間も2.3時間なので、あの本当に、思い出話が1つもないんです。とりあえず、良い天気になって良かったなと。」

9J9A7781-2のコピー

塚地:「僕も撮影時間が短かったんです。と、話している間にも相葉くんとか斗真くんを見ている皆様、少しは僕も見てください。本日はよろしくお願いします。」

犬童:「相葉くんの初主演映画ということで、監督冥利につきます。幸せでした。」

相葉が、みなさんどうでしたか?と尋ねると客席からは大きな拍手が。

また、本作で相葉演じる書店員の光の心の声、デビクロ君の声を担当する劇団ひとりはなんと相葉の中学の先輩だそう。そんな先輩から見た後輩の心の声は?と尋ねられたところ、「とにかく休みたそう。忙しそうだから。」とのこと。

その後もMCとして場を仕切った劇団ひとりが相葉に、ハン・ヒョジュの印象を聞くと

「とにかく日本語の上達がすごくて、撮影前は全然だったのに今はこの(普通の)ペースでも理解してるでしょ?」

と言われハンが笑顔で頷く一幕も。

9J9A7899-2のコピー

公開前からテレビで流れている、「好きです」とカメラに向かって告白をする本作のCMが大きな話題となっているとのことで、相葉、生田、そして塚地が生で客席とカメラに向かっての「好きです」を披露し、真剣な表情とその後の照れた仕草で映画以上の胸キュンを届けた。

 9J9A7853-2のコピー

最後に本作が単独初主演、まさに本日が記念の日となった相葉雅紀から皆さんへメッセージ。

「素敵な作品ができました。見てくださった皆さんありがとうございました。まだ、見ていない方はぜひ見てください。(会場の人は皆見てるよ、とのツッコミが入り)そうですね!お願いします。ありがとうございました!」

映画そのもののような個性的なキャラクター、そして現場の雰囲気の楽しさや温かさが、数十分の間にすべて伝わってくる舞台挨拶となった。

本作はいよいよ本日から公開。この冬一番のときめきをぜひ劇場で!

9J9A7909-2のコピー

〈あらすじ〉

漫画家をめざす書店員の光(相葉雅紀)は、世界的な照明アーティストのソヨン(ハン・ヒョジュ)と偶然知り合う。一瞬で恋に落ちてしまった光は彼女を運命の人と思い込み、幼馴染の杏奈(榮倉奈々)に相談するが、なんとソヨンと杏奈は仕事仲間だった。光の片想いを応援する杏奈、だが彼女自身も子供の頃から光に秘めた恋心を抱いていた。一方、光は大学時代の同級生で売れっ子漫画家の北山(生田斗真)と再会したのだが、彼がソヨンの元恋人だと知ってしまう。すれちがう4人の片想い。そんなとき、光にしか見えない相棒のデビクロくんが現れる。

『MIRACLE  デビクロくんの恋と魔法』

11月22日(土) 全国ロードショー

・2014 『MIRACLE  デビクロくんの恋と魔法』製作委員会

・2013 中村航/小学館

 

関連記事


Page Up