Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

舞台『BIOHAZARD THE Experience』の製作発表記者会見に横浜流星、篠田麻里子らが出席!

2017/1/19 03:05

2017.01.18  取材:記事・写真/RanRan Entertainment

118日、舞台『BIOHAZARD THE Experience』の製作発表記者会見に出演者から横浜流星、篠田麻里子、東幹久、Raychellと音楽を担当する上松範康、演出の鈴木勝秀、原作監修の小林裕幸らが登壇した。

9J9A8851-2a

小林裕幸 鈴木勝秀 東幹久 横浜流星 篠田麻里子 Raychell 上松範康

全世界で7100万本の販売を誇るサバイバルホラーゲームの代名詞である「バイオハザード」。いまやひとつのコンテンツと化し、ゲームシリーズだけでなくハリウッド実写映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』の公開も記憶に新しく常に大きな話題を呼んでいる。そんな中生まれる最新の舞台公演『BIOHAZARD THE Experience』は超体感型ステージと銘打ち、多方面で活躍する俳優陣と完全オリジナルストーリーで2月に東京で幕を開ける。

キャスト・スタッフ陣からのコメントは以下である。

9J9A8797-2a

横浜流星:世界的なゲーム、映画化もされるシリーズに出演できることを光栄に思っています。稽古を通して皆さんの胸をお借りしながらも座長として頑張っていきたいと思います。バイオハザードの原作好きな方、知らない方沢山の方に世界観を楽しんでいただきたいです。

9J9A8895-2a

篠田麻里子:今回の体感型舞台とのことで出演者のエネルギーやパワーも皆さんに感じていただきたいです。見どころはですね、カラサワ(横浜流星)とのキスシーンですかね?()是非とも足を運んでください。

9J9A8656-2a

東幹久:僕はバイオハザードのゲームに昔どハマりしてまして、徹夜でやった思い出があります。極限状態に置かれた人間の強さ、弱さをなかなか感じないので、そこを演じるべく稽古をしております。

9J9A8659-2a

Raychell:舞台バイオハザードシリーズの出演は3作品目でして、また違った世界観を体感できると思います。今回はエンディングテーマソングを歌わせていただくのですが、温かく切ないメロディーに、生と死をストレートに描いた歌詞を載せました。ぜひそちらも楽しみにしていてください。

9J9A8665-2a

上松範康:テーマソングの製作をいたしました。Raychellの歌声を以前聞いたときに、いつか彼女と仕事をしてみたいと思っていたのが今回実現しました。世界的な作品のテーマソングをつくらせていただいたことを誇りに思っています。

9J9A8806-2a

鈴木勝秀:今回はバイオハザードの世界観を日本に置き換えた全くのオリジナルストーリーです。体感型とのことで今回は匂いもあります。またゾンビもかなりの人数を用意できましたのでどこから出てくるかわからない楽しみ方ができると思います。極限状態の中でどう生きるかがテーマで、ちなみにキスシーンはないです()

9J9A8827-2a

小林裕幸:バイオハザードは20年以上にわたってゲームを作っておりまして、新作は来週に出ます。映画も大ヒットというさなかに日本を舞台にオリジナルストーリーとして誕生するということでメインキャラ13人がすべてオリジナルです。個々の役作りや生の演技もぜひ劇場でご覧いただきたいです。

 9J9A8780-2a

今回20歳という若さながら座長を務める横浜はバイオハザードという作品に触れた感想として「映画を見たのですがホラーなだけではなくて人間ドラマなど魅力も詰まった作品でした。」とコメント。また、見どころには自身が空手経験者であることからアクションシーンをあげると東が、「僕も今回アクションがあるんです。横浜くんと27歳差のアクション。頑張ります。」と意気込んだ。

9J9A8777-2a

また、稽古中の出来事で印象深いことは?という質問にはRaychellが、「篠田さんが手作りのアップルパイ作って持ってきてくれたんです!」と明かし、共演者も「おいしかった!」と口々に大絶賛。篠田は「あれ13000円なんで。」と照れつつ笑いを誘った。

会見後行われた囲み取材の際にもお菓子づくりの話題になり、公演中バレンタインを迎えますがどなたか渡す相手は?との質問を受けた篠田は「東さんと横浜くんにあげます!1個だけにして2人でサバイバルで取り合って」と今回の舞台にちなんだ返しをし、これには東も横浜も「やったー」と喜んだ。

9J9A8868-2a

『BIOHAZARD THE Experience』

【ストーリー】
「…一体ここはどこだ?」 どこかわからない洋館の一室。理由も分からず眠らされ、どこからか連れて来られた男女13名が目を覚ます。 お互いの素性がわからず名乗り合うが、それが真実なのかどうか。しかしここから脱出するため、共に行動をすることになったのだが・・・。 「得体の知れないヤツらがうろついている!」 腐敗臭を放つ得体の知れないヤツら…ゾンビ。その恐怖とお互いの疑心暗鬼の中、様々な感情が交錯する。 そしてゾンビに噛まれた人間もまたゾンビとなってしまった時、その恐怖は頂点に達する。 先ほどまでは人間だった…だが、もはや人間であるとは思えない。良心の呵責と人間としての尊厳を保ちつつ、人として生きるため、殺し始める…。互いを疑い、ある者は強い者を頼りにし、脱出のための行動をする。 一体これは何なのか?誰が何の目的で…

≪公演概要≫
公演名:BIOHAZARD THE Experience
作・演出:鈴木勝秀 原作:CAPCOM(「BIOHAZARD」シリーズ)
原作監修:小林裕幸(CAPCOM)
出演:横浜流星  篠田麻里子//青柳塁斗、今井れん、Raychell/ IZAM/福本有希・志村玲於(Wキャスト)、紗綾、太田光る、大原海輝、石田ヨウスケ/ 池田努/東幹久 ほか
<東京公演> 2017年2月10日~26日 Zeppブルーシアター六本木(東京都港区六本木5-11-12)
<神戸公演> 2017年3月4日・5日 新神戸オリエンタル劇場(兵庫県神戸市中央区北野町1-3)
公式サイト:http://www.biohazard-stage.com/

 

 

関連記事


Page Up