Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

KNK(クナクン)2019年初の日本ツアー、2月15日(金)東京公演からスタート!

2019/2/17 14:00

取材:記事/RanRanEntertainment
写真/オフィシャル

2019年2月15日(金)マイナビBLITZ赤坂にて、韓国のボーイズグループKNK(クナクン)が「KNK JAPAN TOUR 2019 – Move on -」と題したツアーの初日を迎えた。

14時から開催されたファンミーティングに続いて、19時からスタートしたコンサートは、ブラックのスーツに身を包み、今年韓国でカムバックしたタイトル曲の「Lonely Night」からスタート。「Rain」「DAY BY DAY」と3曲を立て続けに披露。会場を埋め尽くしたファンは、冒頭から総立ちとなり、大きなコールで彼らを応援した。

knk02162-2a

「日本のみなさん、こんばんは!KNKでーす!」とまずは全員でご挨拶。「こんばんは!ギターを弾く末っ子、オ・ヒジュンでーす。」「リーダーとダンスを担当しているキム・ジフンでーす。」「こんばんは!KNKのかわいいソハムでーす。」「KNKでメインボーカルをしているチョン・インソンでーす。」「初めまして。私はドンウォンです。」と、一人一人自己紹介。

「今日、ドンウォンさんは初めてのコンサートです。本当に緊張しています。」「僕たちはデビューしてからコンサートまで時間がありましたけど、ドンウォンはアルバムを出してすぐにコンサートです。すごく良い経験になったと思います。」とこの日初コンサートを迎えた新メンバーのドンウォンを気にかけて何かと声をかける他のメンバー。「短い期間に準備をしたので、すごく心配ですごく緊張もしていますが、上手くできるような気がします。」と本人も緊張しながらも、自信を覗かせた。

「最初のパートで、僕たちのパフォーマンスの味見をしてもらったとしたら、次からは僕たちが持っているものすべてを注ぎ込んでお見せしますので、楽しんでもらえたら嬉しいです。」

「いつもコンサートの時に話すんですが、ライブが始まるとまばたきをしている間に、もう終わり?といったように早く過ぎてしまいますよね。ですから、後悔しないように1分でも1秒でも僕たちの姿を目に焼き付けて行って下さいね。」

ピアノのイントロが印象的な「Think About You」から入った次のパートは、「What Do You Think?」「I Remember」とミディアムテンポのラブソングを披露。

アップチューンの盛り上がるパートに入る前にティンカーベル(ファンクラブ名)の歓声を聞きたいとリクエストしたKNKは、「僕たちはみなさんの応援を食べて生きている歌手ですから!」「みなさんの応援が小さかったら、僕たちのダンスも小さくなります。」と身振りで表現。「みなさんの応援が大きかったら、僕たちもこんな風に頑張ります!」とキレキレのダンスで魅了。

ティンカーベルの歓声をパワーに「Tonight」「Feel So Good」で大いに盛り上がった後、「Sun, Moon, Star」では一転、シックなパフォーマンスを披露した。

リーダーのジフンが、Crushの「fall」を、ヒジュンが、Loco x Hwasaの「Don’t」をカバーするスペシャルなステージを挟んで、メンバーが一番好きだと言っても良い曲だという「Propose」「Angel Heart」を歌った。「ティンカーベルに伝えたいメッセージが込められていて、僕たちも愛情を感じている曲で、歌うたびに幸せになります。」
ラストは、「GONE + BACK AGAIN」「STAY + U」というせつな系メドレーで、ティンカーベルを魅了した。


アンコールを求める「クナクン!」のコールに再び舞台に姿を見せた5人は、手にはオリジナルのペンライト、ツアータイトルがプリントされたパーカーを身に着け、「DAY N NIGHT」でアンコールステージを開始、舞台狭しと動き回り、会場中が一つとなり盛り上がった。続く「Love You」でもボルテージは上がり続け、「Beauty」で最高潮に達し、熱い熱いライブは終了となった。
「いつも言っていますが、僕たちが公演をする度に、いつもみなさんから元気をもらっています。そのおかげでエネルギーを充電できています。残りの公演もみなさんのパワーを頂いて、一生懸命がんばります。」(ヒジュン)「僕たちKNKが海外でもこんなに愛されていることが、本当に幸せなことだし、不思議なことだと思います。僕にとっては初めてのコンサートだったんですが、まだ満足ではありません。更にこれからもがんばって一生懸命やって行きます!」(ドンウォン)「みなさんが2F席まで埋めるほどたくさん来て下さって心から感謝しています。僕たちKNKのことを忘れず来て下さってありがとうございます。エネルギーを下さい~!」(インソン)「今年はカムバックもしましたし、良いことばかりがあるような気がします。ティンカーベルから良いパワーをもらって、また、新しいアルバムを出して早く戻って来たいと思います。残りの予定も一生懸命頑張ります。僕たちも終わったら美味しいものを食べますから、『みなさんも美味しいゴハンを(日本語で)』」(ソハム)「ドンウォンの初コンサートということで、ドンウォンはもちろん僕たちも心配でした。小さな失敗はあったんですが、みなさんが温かく見守って下さったと信じています。僕たちも今日は良いパワーを頂いて帰れるので、感謝しています。ありがとうございました!」(ジフン)最後に一人ずつ、感想とファンへの感謝を述べて、ステージを後にした。


【KNK JAPAN TOUR 2019 –Move on- 特設サイト】
http://r-t.jp/knk-2019


【KNK JAPAN OFFICIAL FANCLUB】
http://knkjapan.com/


【KNK JAPAN Official Twitterアカウント】
https://twitter.com/knkjapanfc


【KNK JAPAN Official Instagramアカウント】
https://www.instagram.com/official_knk_japan/

関連記事


Page Up