ミュージカル『ファントム』、城田優が演出&主演、Wキャストに加藤和樹。開幕直前会見&ゲネプロがおこなわれた。「感じるお芝居、感じる歌、皆様の胸に届くように」

2019/11/11 06:30

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

城田優が演出&主演で話題のミュージカル『ファントム』が、TBS赤坂ACTシアターにおいて、119日(土)から121日(日)まで、梅田芸術劇場メインホールで127日(土)から16日(月)で上演される。
開幕直前の118日に会見とゲネプロ取材が行われ、ファントム役の城田優と加藤和樹、クリスティーヌ役の愛希れいかと木下晴香、シャンドン伯爵役の廣瀬友祐と木村達成の囲み会見が行われ、息の合った熱い思いが語られた。また、会見後には加藤和樹、愛希れいか、廣瀬友祐らが出演したゲネプロが公開された。


0005s

 (左から)木村達成 木下晴香 城田優 加藤和樹 愛希れいか 廣瀬友祐


『ファントム』はフランスの小説家ガストン・ルルーのベストセラー小説『オペラ座の怪人』を原作としたミュージカル。脚本家アーサー・コピットと、作曲家モーリー・イェストンの黄金コンビにより、怪人ファントムの人間像に焦点をあてたストーリーと独創的な楽曲で、高い評価を得て以来、世界中の観客を魅了している。日本でも2004年に初演以来、数々の劇場で上演され、大人気のミュージカルとなっている。

0015s

『ファントム』史上初、演出と主演の二役を担う城田は「囲み取材はだいたい準備ができた状態で臨むことがほとんどですが、今は言葉にできない謎の感情と戦っています。」と話した。
「みんなが舞台に立つのは楽しみで仕方がないですが、僕がやらなければならないのは、ヤバいやつですね」と告白すると、どの辺がやばいのかと問われ、「稽古ができていない。(城田出演日まで)自主稽古してちゃんとしたクオリティのものをお届けしますが、今まで自分がやってきたスタイルと違う時間の過ごし方をしてきたので、不安要素があります。」と答えた。
これまで、演出をしたことはあったが、演出をしながら自分が芝居もするという両立に悩んだようだ。
「客観性と主観性の使い分けですとか 話すと2時間ぐらいかかってしまいます()。とにかく最高のクオリティを作りたいが故に自分の中で葛藤した部分もあり、ほんとに未知の世界というか、できることは何でもやってきたので、今、キャストのみんなや作品には心配要素はないです。一番輝かしく、愛に満ち、希望と絶望が入り混じった、2019年最高のエンターテインメントができたと自負しております。」と胸を張った。

0018s

演出家城田優について、ダブルキャストでファントムを演じる加藤和樹は「そうですね(城田優から耳打ちされ)素晴らしかったです(),こんなに素敵な人は世の中にいないです。彼とはもう15年ぐらいの付き合いなのですが、いい意味で変わっていない。芝居に対する思いとか自分の頭の中にあるイメージを僕らに伝えてくれて、僕らもがんばってそれを形にしようと食らいついていってました。彼はこの作品に対して愛情があって、ほんとにファントムを愛していて、彼についていくのが一番の近道だと思ってやってきました。それはキャスト、スタッフ、皆同じで、彼を信じていました。(城田は)人を引っ張る力がある、人としての力、演出家としての力があります。また、役者としての共通認識があるので、心強いものがありました。」と全幅の信頼を寄せていた。

0033s

クリスティーヌ役の愛希れいかは、「(城田は)作品に対する愛と、私たちスタッフに対する愛と、愛にあふれた方だと思いました。だから私も付いていこうという気持ちで稽古をしてきましたし、ご自身はお稽古していないから不安だとおっしゃっていましたが、その時間を全部私たちに費やしてくださったのですごく感謝してます。」と、静かに語った。

0028s

同じくクリスティーヌ役の木下晴香も、「こんなにお稽古期間から本番を迎えるまであっという間に感じた舞台は初めてで、ものすごく充実した期間を過ごさせていただきました。演出家と主演という立場は難しい、どういう立ち位置でいればいいかわからないとおっしゃっていましたが、私たちには、『不安なことがあったらいつでも声をかけてきて』とおっしゃってくださったり、連絡くださったりしながら、一番にエネルギーを出してみんなを引っ張ってくださいました。私は常に、頼もしい背中を観ながら必死で走ってきました。」と続けた。

0037s

廣瀬友祐は「いろんな意味で大きくて(城田がふざけて190㎝(笑))ただ尊敬でしかなかったですが、誰よりも大変なポジションを誰よりもパワフルにエネルギッシュに引っ張っていってくれた姿は感動しましたし、尊敬でしかないです。明日初日でが、僕としてはお客さまはもちろんですが、まずは城田優を感動させたい思いです。彼とは同い年なのですが、演出家という立場をなんの違和感もなく受け入れることができました。優君から見たら先輩後輩いろいろな年齢層の方に、(.演出の)自分のプランを平等に訴え続けている姿はすごいなぁと思いました。」と語った。

0039s

木村達成は、「稽古に入る前に余裕がなくなったらみんなに厳しい言葉をかけてしまうかもしれないと話していましたが、いつも笑顔でにこにこして現場にいてくださるのを見ると、もう飛び込んでいこうと思いました。こんなに一ヶ月間考えた現場はなかったのですが、「考えるな」「感じろ」と常に声をかけてくださっていたのも優君で、そんな優君に本番でしっかり成長した姿を見せたいです。」と熱く語った。

0087s0108s

みんなから誉められるばかりで恐縮していた城田だったが、大変だったことは何かと問われ、「『形で作る芝居ではなく、心で作る芝居』をテーマにしているので、すべてのキャストに歌い過ぎるな、芝居し過ぎるなということは常日頃から言っていて、そこが一番大変だったかもしれないです。それぞれみなさん人間としての核があるので、核の中から役が生まれてくる、そこを大事にしつつ、役作りをそれぞれにやりたい方向性を確認した上で作ってきたので、個性を生かしつつ自分の見せたいディレクションにしていくということが難しかったです。さらに自分も相手役になったり舞台上で絡むので、そこで自分が説得力を持たせなければならない。人生で一番大変な期間でした」と、振り返っていた。

0130s0150s0204s0232s

今回は劇場のエントランスから雰囲気が違うのだが、これも城田のこだわりだ。
「入口を入ったらそこから『ファントム』の世界が広がっていて、帰るまで『ファントム』。アトラクションの乗り場の園内みたいなイメージで、中に入ったらメインのアトラクションが始まるのです。ぜひそこも含めて楽しみにしていただきたい」と語った。
劇場に足を運び、扉を開けたら、城田が語ったこだわりが理解できる。
視覚的にはクリスティーヌの目線をテーマにしているという。「クリスティーヌのオペラ座やパリという町への憧れが、ファンタスティックにマジカルにクリスティーヌの目線で描かれています。クリスティーヌから見た世界がみなさまがこれからご覧になるファントムの世界だと思ってください。」と続けた。
劇中のオルゴールも高価なものを使用しているそうで、城田のリクエストに応えるためにスタッフも心を込めて準備したそうだ。

0237s0265s0256s0373s0292s0395s

最後に城田に『ファントム』に見どころを聞いた。
「約2年前から始まったこのプロジェクト、今日の日まで毎日毎日熟考して、こうして『ファントム』という世界を、僕の頭の中を具現化して皆様にお届けできるよう作ってきました。感じるお芝居、感じる歌、皆様の胸に届くように、そしてこの物語の一番大事なテーマ、「愛」がつまっていて、どんな方でも楽しめる作品になっていると思います。ピュアな愛だったり、時には濁ってしまう愛だったり、様々な愛が描かれています。この作品はミュージカルを観たことがない人にもすっと入ってくる、歌とお芝居のバランスが素晴らしいと思っています。僕が大好きな、愛が溢れる作品をどう描いたのか、劇場で体感していただきたいです。何よりここに並んでいるキャスト、裏で待機しているキャストたち、スタッフの人たちのエンターテイメント、楽しみにしていただきたいです。」

0343s0406s

ミュージカル『ファントム』
11月9日(土)~12月1日(日) TBS赤坂ACTシアター
12月7日(土)~16日(月)  梅田芸術劇場メインホール


 

 

 

 

 

 

関連記事


Page Up