Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三谷幸喜作「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール」開幕 ふぉ~ゆ~・辰巳雄大が大河出演へアピール

2020/1/10 07:12

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

舞台「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール」囲み取材・公開ゲネプロが1月9日(木)に東京都内で行われ、佐藤B作、辰巳雄大(ふぉ~ゆ~)、小林麻耶、菅原りこ、あめくみちこ、鈴木杏樹、片岡鶴太郎らが登壇した。

IMG_1693as

本作は、三谷幸喜が1996年に「劇団東京ヴォードヴィルショー」のために書き下ろしたシチュエーションコメディで、今回は9年半ぶりの上演となる。ある日の午後、高級マンションの一室に以前この部屋の持ち主だった鏑木研四郎がやって来る。彼は妻子と別れ、今は愛人と暮らしているが、娘が婚約者を連れて来ることになり、このマンションを自分の部屋だと「嘘」をついて会うことを思いついた。しかし、留守のはずの現在の居住者・鴨田夫妻が帰宅してしまい、事態は思わぬ方向に転がっていく。

IMG_1703s

主人公の鏑木を演じる佐藤は、初日公演を直前に控え「三谷くんの芝居は細かいセリフのやりとり(を中心とした)作品なので稽古が大事なのですが、かなりしっかりと稽古ができたので、本番で失敗する奴が出ないように願うだけですね。何人か(危ないのが)いますから」と軽口を叩きながらも、「笑いが起きなきゃ成立しないお芝居なんで、賑やかな劇場になると思います」と自信をのぞかせた。

IMG_1700s

一方、鏑木の娘・ちよみ(菅原りこ)の恋人役である辰巳は「(共演者たちの)胸を借りて、思いっきり飛び込んでやるだけです」とコメント。グループの活動も多く、忙しいスケジュールを縫っての稽古となったため、稽古場には「10回来られたかどうか」というが、「でも、セリフはバッチリです!」と胸を張る。そして、「三谷さんは2022年の大河(での脚本を担当すること)も決まったので、僕も呼ばれるように(頑張る)。三谷さん、よろしくお願いします!」と出演を熱望した。

また、2019年5月にNGT48を卒業後、初の舞台出演となる菅原は「こうしてお芝居という形で舞台に携わることができるのは新鮮な気持ち。新鮮な気持ちで、大人になった私をもっともっと見ていただけたら嬉しいです」と笑顔を見せた。アイドル活動に心残りはないか?という質問があがると、「やりきりました」とキッパリ。「これからは新しい自分で! 頑張ります!」と意気込んだ。

三谷幸喜作「アパッチ砦の攻防」より「罪のない嘘~毎日がエイプリルフール~」は以下の日程で上演

東京公演:1月9日(木)~19日(日) ヒューリックホール東京
大阪公演:1月23日(木)~25日(土) COOL JAPAN PARK OSAKA WWホール
広島公演:2月18日(火) JMSアステールプラザ 大ホール
福岡・北九州公演:2月20日(木)福岡市民会館/2月22日(土)北九州芸術劇場 大ホール
愛知公演:3月27日(金)~29日(日) 愛知県産業労働センター ウインクあいち

 

 

関連記事


Page Up