Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

KAI、日本デビュー直前ショーケース開催、ドラマティックな歌声に感動!!

2012/3/24 03:45

韓国のイケメン&エリート歌手、KAI(カイ)が、2012年5月ついに日本デビューを飾る。これに先立ち、3月23日、東京・表参道アリストホールにて“スペシャル・ショーケース”が開催された。


2002年に国際的なコンクールで優勝。その後、国際的歌手スミ・ジョーに実力を認められ、彼女のツアーに同行し一躍注目を集めたKAI。韓国の敏腕プロデューサー、キム・ヒョンソクのプロデュースによる韓国デビュー・シングル『パニッシュメント』は、2009年韓国のジャンル別チャートで4週連続第1位を獲得。スミ・ジョー以外にも世界中のアーティストから共演の依頼が殺到。アイルランドとノルウェー出身の“シークレット・ガーデン”や、Hyundai Capitalの『Stop & Listen 2 - Classic Surprise』、“2010倉本裕基&フレンズ”など、数々のステージを重ね、他にもドラマOST、ラジオDJ、ミュージカル俳優など、マルチな才能を発揮している。

爽やかな笑顔をたたえて登場すると、「初めまして、韓国の歌手KAIです。宜しくお願いします。」と日本語で挨拶し、日本デビュー・シングル『愛は深く』(日本語バージョン)と、『パニッシュメント』(韓国語バージョン)を披露。その甘く美しい歌声に客席からはため息にも似た感動の声と拍手が送られた。


日本にはプライベートを含め、10回ほど来日しているとのこと。「日本に来るとなぜか気持ちが落ち着きます。日本では色々なものを見て学ぶことがたくさんあるので、できるだけ頻繁に日本に来たいですね。」と目を輝かせた。

日本の好きな食べ物は?と問われ、「日本食は大好きで、特に納豆が好きです。韓国に帰るときには必ず梅干しを買って帰ります。日本の友達に、“君こそ本当の日本人だね”と言われました。(笑)」と答え、好きな日本語は「“愛してる”の他に、“え~!”とか“かわいい~”など、感嘆する姿や言葉が美しいですね。日本人の方々の、お互いを褒めるということを惜しまない姿が微笑ましいと思います。」と、早くも日本人の心までキャッチしている様子。

「日本の好きなアーティストは小田和正さん。小田さんの歌にとても感銘をうけてよく聴いています。そしてAKB48も好きです。」と笑顔を見せた。

また、KAIはソウル芸術高校を首席で卒業し、ソウル国立大学の声楽課の学部課程と大学院を修了しているエリート。試験は難しくなかったですか?と尋ねられると「確かに難しかったですが、幸運にも入学できました。でも、それを自慢にはしたくないです。謙虚な心を忘れずに、何よりも美しい音楽を作っていくのが大切なので、どこの学校を出たのかはあまり関係ないと思います。これからもいい音楽を届けられるよう一生懸命努力して頑張りたいです。」と真摯な言葉が返ってきた。


将来の目標について、「5月末に日本でのアルバムが発売されます。子供のころから日本と韓国を行き来しながら音楽活動をすることを夢見ていたので、これで小さなスタートを切ることができ、大変嬉しく思っています。韓国と日本というような区別をつけず、より多くの人々に僕が感じた音楽、感動した音楽を届けて分かち合えるような歌手になりたいです。僕がもっている音楽に対する愛や平和の気持ちを日本のすべての皆さんと頻繁に分かち合えるようになりたいです。」と力強く意気込みを語った。


続いて、『愛という名前』を韓国語と日本語バージョンで歌い、「僕のことを“ポペラ歌手”(ポップスとオペラを融合させた歌手)と聞いたことがある方もいるかもしれませんが、音楽はジャンルを分ける必要はないと思います。ジャンルは関係なく、美しい心、美しい声、美しい歌を通して、皆さんと熱い気持を分かち合っていい音楽を感じていければ嬉しいです。これからもたくさんの愛情と関心を宜しくお願いします。」と気持ちを伝えた。

最後に、ミュージカル“ジキルとハイド”の『ディス・イズ・ザ・モーメント』を熱唱。

その力強くも美しい歌声に惜しみない拍手と感嘆の声援があがった。


屈託のない少年のような笑顔を見せるKAIから、いわゆる“クラシック”という堅苦しさは全く感じらない。しかし、彼の実力は間違えなく折り紙つき。他のK-POPシンガーとは一線を画す正規の音楽教育を受けた、本格的クロスオーバー・シンガーがいよいよ日本に上陸する。KAIの日本での活躍が待ち遠しい!!

日本デビュー・シングル『愛は深く』は、安全地帯など数々のアーティストに作品を提供してきた松井五郎氏が作詞を手掛け、KAIのソウルフルなヴォーカルパワーが発揮された心揺さぶられるバラードとなっている。また、韓国で大ヒットした『Punishment(パニッシュメント)』や、イル・ディーヴォらも歌って日本でもお馴染みの名曲『ユー・レイズ・ミー・アップ』(限定盤収録)、『アイ・ビリーヴ』(通常版収録)など、KAIの抜群の歌唱力が堪能できる内容となっている。

なお、同曲はBS11「韓ラブ」5月度エンディング・テーマにも決定している。

日本デビュー第1弾シングル

『愛は深く』/KAI

2012年5月30日発売

★限定盤(CD+DVD):UCCS-9033 \1,890(税込)

★通常盤(CD):UCCL-5009  \1,260(税込)

Universal Classics & Jazz

★韓国デビュー・アルバム

『I Am KAI』  輸入盤発売中!

オフィシャルHP:http://kai-music.jp/

先日、ランランエンタメ一押しのKAIに単独インタビューをさせて頂きました。

近日中にお届けしますので、お楽しみに!

関連記事


Page Up