Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

超新星ソンモ&SUPER JUNIORカンインが、『ミュージカル宮(クン)』東京公演開催 記者会見!

2012/9/4 02:26

9月1日より開催される『ミュージカル宮(クン)』の東京公演に先立ち、8月28日、都内にて記者会見が行われ、主演の皇太子イ・シンを務める超新星ソンモとSUPER JUNIORカンイン(Wキャスト)、監督のソン・ビョンジュンが登壇した。

ミュージカル『宮~Love in Palace』が、さらにパワーアップして再び上陸する。2006年に韓国で放送されたドラマが大ヒット。2010年秋、東方神起のユンホが初演し、昨年12月の東京公演では、キム・キュジョン(SS501)とソンモ(超新星)が主演を務め大人気を集めた。


昨年に引き続き主役を演じるソンモは、「2回目なので、少し余裕があります。もっとレベルアップした舞台をお見せしたいので努力しています。アドリブを入れながらファンの方々が思いっきり楽しめる舞台にしたいと思います。」とコメント。

初出演のカンインは、「僕は余裕がありません(笑)。でも、焦っているわけではないです。」と笑顔を見せ、「日本では初めてのソロ活動なので、緊張もしているし不安もありますが、初日から千秋楽までいつも同じ公演をしていきたいです。稽古も楽しくできました。今ここで演じてみてと、言われたらすぐ出来る状態です。」と意気込んだ。

 さらに、「同じ台本や役でも、演じる人によって違うものになると思います。僕の演じるイ・シンは、少し強いシンになるのではないかな。自分の内面がシンに出てきているような気がします。」と、個性あるシンをアピール。


思い入れのあるシーンを問われ、ソンモは「チェギョンと一緒にいる部屋のシーンです。超新星の歌を歌うWake Upのシーンですね。」と答え、カンインは「舞台の最初の歌が始まると、これからみんなと盛り上がるんだと気持ちが高ぶります。本当にたくさん練習したので、特にダイナミックなフェンシングやダンスシーンをぜひ見てほしいです。」と胸を張った。


今回の公演では、前回から舞台を100%リニューアルし、夢の皇室を再現する。ソン・ビョンジュン監督は、「以前は柱を中心にした平面的な舞台でしたが、今回は高さと深さを加え、より立体的にしました。新しいミュージカルナンバー3曲が追加され、歌やダンスでよりミュージカルらしく、字幕を読まなければならない日本の観客の皆さんにも近づいた、楽しい舞台だと思います。」と語った。

また、2人の主役について、「二人とも生まれつきの舞台体質。舞台では100%以上の演技を見せてくれます。ソンモ君は、外から見たら冷たいけれど内面的に熱いシン。カンイン君は、強気な感じに見えるが、誰よりも温かい心を持ったシンを演じてくれました。」と絶賛。


同じ作品に出演するのは初めてとなる二人だが、カンインは「ソンモは、とてもいい弟分で実力のある後輩。いつも礼儀正しくてとてもいいヤツです。好きです。」とニッコリ。ソンモは「5年前、韓国でデビューした日がSUPER JUNIORのカムバックステージでした。カンインさんは、芸能人らしくてすごくカッコいいなと思いました。一緒に食事をしたり仲良くしてもらっています。一緒にミュージカルができて嬉しいです。」と明かし、「カンインさんは、体がモムチャンなので、隣にいると僕が子供みたい。」と苦笑い。

するとカンインがソンモを見つめ、「カワイイ」と日本語で言い会場を沸かせ、「ソンモは、同じ職業をもち、同じ気持ちを持つことのできる同僚だと思っています。いつもプロフェッショナルな姿を見せてくれるので、その影響をうけて僕もさらに努力をするようになりました。感謝しているし、尊敬しています。」とべた褒め。時折、ソンモのひざに手を置くなどスキンシップし、親しい様子をみせた。


それぞれがグループで活躍しているが、メンバーからは、「今回は2回目なので(安心して)、『僕たちが行かなくてもいいでしょ?』と言われました。寂しいですよね(笑)。」とソンモ。カンインは、「ミュージカルをやっているメンバーもいるので、意見交換をすることもあります。」「ドンへは『日本に観に行きたい』と言ってくれますし、ウニョクは、『飛行機代を出してくれるなら行きたい』と言っています。」とジョークを飛ばした。

また、同じ事務所の東方神起のユンホからも応援があったことを明かしたカンイン。「僕のために練習室にまで来て、自分の経験をもとにアドバイスしてくれました。とても役にたちました。」と感謝の気持ちを表した。

最後に、ソンモは、「昨年、ファンの皆さんから『またやってほしい』と言われました。自分もすごくやりたくて・・・。超新星のライブツアーもあるし、事務所から“無理だ”と言われたけれど、なんとか説得して出演することができたんです。」と本公演への熱い思いを伝え、カンインは「観てくださった方々が、『あー良かったな』と思ってもらえる作品です。ぜひ、チケットを買って観に来て下さい。」と力強くPRした。

もしも、まだ韓国に王室が続いていたら・・・

『ミュージカル 宮』は、9月1日より13日まで東京・五反田ゆうぽうとホールにて上演される。

 

『ミュージカル 宮』公演概要

公演スケジュール:2012年9月1日(土)~9月13日(木)<全23回公演>

※ソンモ・・・9月1日~7日

※カンイン・・・9月8日~13日

会場:東京・五反田ゆうぽうとホール

キャスト:カンイン(SUPER JUNIOR)、ソンモ(超新星)、チャン・ユジュン、

ソン・ウォングン、チェ・イェスル、シン・ゴウン他

主催/制作:(株)Creative Leaders Group Eight

チケット:全席指定 S席 12,000円 A席9,000円

     チケットぴあ(http://pia.jp/t/)ほか発売中

公式HP:http://www.musical-k.com

 

関連記事


Page Up