Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Jun. K (From 2PM)、自身3回目のツアーファイナルの日本武道館2DAYS公演で「必ず帰ってきます!約束!」

2016/12/29 11:25

Jun. K (From 2PM)

日本武道館2DAYS公演で「必ず帰ってきます!約束!」

%ef%bd%a1%ef%be%9a1222-%e9%9c%91%ef%bd%bd%e8%9c%89%ef%a3%b0_%e5%9f%9f%e5%88%a4jpg%e3%83%bb%e4%ba%a5%ef%bd%b0%e6%93%be%ef%bd%bc__u1a7705s

アジアNo.1野獣アイドル2PMのリードボーカルJun. Kが日本で3度目となるソロツアーのファイナル公演を12月21日22日に日本武道館で行い、超満員の観客は、熱狂と感動の嵐となった。

今回の全国ツアーは、オリコンウィークリーチャート2位(12/26付け)を記録した、自身3枚目となるソロミニアルバム『NO SHADOW』を引っ提げ、全国4か所10公演を約1カ月半行い、最終日の日本武道館には超満員のファンが詰めかけ、開演前から会場内ではツアーファイナルへの熱気が漂っていた。

%ef%bd%a1%ef%be%9a1221-_%e5%9f%9f%e5%88%a4-jpg-%e3%83%bb%e4%ba%a5%ef%bd%b0%e6%93%be%ef%bd%bc__u1a5832s

%ef%bd%a1%ef%be%9a1222-%e9%9c%91%ef%bd%bd%e8%9c%89%ef%a3%b0_%e5%9f%9f%e5%88%a4jpg%e3%83%bb%e4%ba%a5%ef%bd%b0%e6%93%be%ef%bd%bc__r0a1064s

これまで2PM曲の楽曲制作にも携わり、前回のツアー同様、今回パフォーマンスされた全19曲のプロデュースはもちろん、コンセプト、ステージセット、構成、ライブアレンジまですべて本人自らプロデュース。今回もステージは全面「白」。ステージ上に置かれたライト、バンドメンバーの衣装、ステージスタッフの服に至るまで、全て真っ白に飾られた。

会場が暗転すると、Jun. Kは背面の大型LEDが2つに割れ、バックライトを浴びながら神々しく登場。会場は悲鳴のような大歓声で迎えた。今年、韓国での初のソロ曲「THINK ABOUT YOU –Japanese ver.-」のメインバースをアカペラで披露し、徐々に熱を帯びていく情感たっぷりのヴォーカルで、1曲目から観客を魅了。2曲目からはヒップホップチューン「Alive」「TRUE SWAG」を、それぞれこのツアー用にアレンジしたヴァージョンでパフォーマンスし、ファンを唸らせるアップチューンを連続で披露、「僕の3回目のソロツアーは今日で最後です!盛り上がっていきましょう!!」と話すと、ピンクのペンライトが一斉に大きく振られ、Jun. Kに応えた。

%ef%bd%a1%ef%be%9a1222-%e9%9c%91%ef%bd%bd%e8%9c%89%ef%a3%b0_%e5%9f%9f%e5%88%a4jpg%e3%83%bb%e4%ba%a5%ef%bd%b0%e6%93%be%ef%bd%bc__r0a4274s

その後も3枚目のミニアルバムからの楽曲を中心に、自身がプロデュースした2PMの楽曲のソロヴァージョンなど多彩に披露、中盤に披露された、今回のリード曲「NO SHADOW」では、再びLEDが2つに割れその奥に作られた、床、天井、壁、すべてが白の「ホワイトルーム」が登場。楽曲のコンセプトに合わせた立体的なCG映像がプロジェクションマッピングで投影され、よりディープなJun. Kワールドが繰り広げられた。

%ef%bd%a1%ef%be%9a1222-%e9%9c%91%ef%bd%bd%e8%9c%89%ef%a3%b0_%e5%9f%9f%e5%88%a4jpg%e3%83%bb%e4%ba%a5%ef%bd%b0%e6%93%be%ef%bd%bc__u1a8741s

1221-_%e5%9f%9f%e5%88%a4-jpg-%e3%83%bb%e4%ba%a5%ef%bd%b0%e6%93%be%ef%bd%bc__k2a3783s

最後のパートでは観客のリクエストに即興で応え「My House -Japanese ver.-」「ミダレテミナ」を披露。ツアーバンドとの息もピッタリで、Jun. Kの伸びやかで唯一無二な歌声が日本武道館全体に響き渡りった。そして、本編ラストの曲「EVEREST」では“マネキンチャレンジ”を曲の中で挑戦。曲のブレイク部分でJun. K、バンドメンバー、ダンサー、ツアースタッフ、場内の警備員、そして1万人の観客全員がマネキンとなり、まさに空気が止まった。その異様な雰囲気から一転、再びJun. Kがシャウトし、そのタイミングで勢いよく発射された銀テープを合図に再び大きくリズムが放たれ、この日一番の盛り上がりで会場は揺れる中、エンディングを迎えた。

アンコールでは、Jun. Kのソロ曲を代表する曲「NO LOVE」を熱唱、涙を拭うファンも多数見受けられた。「これで僕の3回目のソロツアーは終わりです。こうやってたくさんの皆さんが来てくださって僕は本当にうれしいです。少しの間、待っていてください。必ず戻ってきます。約束!」最後のMCでそう話したJun. Kは、「最後まで盛り上がって行きましょうか!」と「LOVE & HATE Remix」を披露。Jun. Kは、名残惜しそうに、そして愛おしい表情で超満員のファンを見渡しながらステージ袖へと向かい、熱狂と陶酔に包まれたツアーは大団円を迎えた。

この模様は、2017年2月にフジテレビNEXT/NEXTsmartで独占放送される。

%ef%bd%a1%ef%be%9ajun1

Jun. K (From 2PM) Solo Tour 2016 “NO SHADOW” (Tour Final)
12月22日 日本武道館 セットリスト
Opening~
M-1. THINK ABOUT YOU -Japanese ver.-
M-2. Alive
M-3. TRUE SWAG
M-4. Love Letter
M-5. Better Man
M-6. NO SHADOW
M-7. LOST BOY ~道をなくした少年~
M-8. PHONE CALL
M-9. YOUNG FOREVER -Japanese ver.-
M-10. Good Morning
M-11. MARY POPPINS
M-12. Mr. NO♡ -Japanese ver.-
M-13 HIGHER
M-14 My House -Japanese ver.-
M-15. ミダレテミナ
M-16. 50 50 (Album ver.)
M-17. EVEREST
EN-1. NO LOVE
EN-2. LOVE & HATE Remix

関連記事


Page Up