Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ミュージカル『パジャマゲーム』で待望の超イケメン役に挑む新納慎也にインタビュー!<後編>

2017/8/1 04:21

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

9J9A4059-2a

――新納さんはドラマ「真田丸」での秀次役を好演され、その最後が印象深く“秀次ロス”という言葉が話題になりましたが、ご自身はどう感じられましたか?
『秀次ロス』と言ってもらえるのは嬉しいですね。でも、撮影している時は役の気持ちしか考えなかったので、“ロス”とか言ってもらえるなんて思いもしなく、ただ一生懸命演じていただけなので。今思うと、転機となった役だと思います…。今でも取材などで秀次のことを語ると泣きそうになるんですね。思い入れが凄過ぎて、可哀想に思えて泣けてくるんです。夕方のニュース番組の時、秀次のお墓の前で思わず泣いてしまって周りのスタッフに引かれたこともあったんですけど(笑)。

特別な役ではありますが、今までどんな役でも、それくらいの気持ちを持って舞台に向かっているんです。ただ、あれが大河ドラマでしたので世間も注目してくれたのだと思いますし、舞台というのが人目に触れることが少ないだけであって、僕の姿勢は変わらずに、いつも同じような気持ちで役に向かっているんです。真田丸で注目して『新納慎也の演技がよかった』と言ってくださる方にも、もっとすごいことをやっているので舞台を観てくださればいいなと思いました。舞台ではもっといい役や感情が伝わる役などいろんな役をやってきましたし、これからもテレビではやらないような役もやっていくと思いますので、テレビや大河ドラマなどをきっかけに舞台へ足を運んでくださるお客様がもっと増えればいいなと思います。

――パジャマ工場を背景に描かれる舞台にちなみ、普段、どんなパジャマでお休みになられるのでしょうか?お気に入りのパジャマがあったら教えていただけますか?
僕、ひどいですよ(笑)。グレーのスウェット、僕はグレーのスウェットを愛してるんです!(笑)。帰宅したらすぐそれに着替えます。みなさんパジャマ派?朝起きたら上半身全部上がってない?(笑)。スウェットにパーカーだったり、夏はリラコだったり、パンツにTシャツだったり。いわゆる男の人という感じ?学生みたいな格好しています。

――好きなブランドなどはありますか?
パジャマで?(笑)正直に言いますとスウェットは、今Champion(チャンピオン)を着ていますが、ユニクロの上下1980円みたいなものも好きで、寝るには薄くて柔らかいので結構好きなんですよね。もう少し高いものだと生地が厚くなってくるので、薄いものの方が寝るには最高なんです(笑)。といいましたが“シルクのパジャマ”と書いておいてください(笑)。

――色はグレーに拘っているんですね。
なんだろう?(笑)。グレーって“家”感ないですか?帰ってきてリラックスしてます感?(笑)。黒はよそ行きな感じがするのでグレーが一番リラックスできる感じなんですよね。グレーのスウェットが一番です!(笑)。

――リラックスされている時はどんな風に過ごされていますか?
ソファに横になって海外ドラマをエンドレスに観ています。海外ドラマが大好きで病的に観ていますね。おすすめは新シーズンが始まったゾンビものの『ウォーキングデッド』。そして、一番のおすすめは『グレイズ・アナトミー』。もう10年以上続いている海外ドラマですね。

9J9A4048-2a

――2017年、新納さんはブログでも変化の一年と言われていましたが、今年、お仕事やプライベートで挑戦してみたいことはありますか?
去年から「真田丸」をきっかけに映像の仕事やバラエティなどもよく出演させてもらっていますのでそういったことも出来る限りは続けていくつもりです。もちろん、舞台をベースにしながらですが。今まで拘って舞台しかやってこなかったので、また別の表現の場をどんどん広げていけたらと思っています。2016年は「真田丸」の影響も大きかったですが、2017年に限らず、これからはまた違った展開で色々な表現の場を作っていきたいと思います。

――最後に本作を踏まえて、これまで応援してくださるファンの方、また「秀次ロス」となった新たなファンの方へメッセージをお願いします。
「真田丸」で注目してくれた方が最近少しずつ、舞台に足を運んでくださることが増えてきて『初めて来ました』という方も多くて嬉しく思っています。舞台やミュージカルはドラマや時代劇とは全く違う世界ですが、新しいエンターテイメントとしてそういう方に是非、観てほしいです。劇場に足を運んで生で観ることに興味を抱いてほしいですし、画面の中でロスになるくらい愛してくださった方には是非とも生で、観に来ていただきたいなと思います。

ブロードウェイ・ミュージカルの名作『パジャマゲーム』は2017年9月25日(日)より、東京・日本青年館ホール、10月19日(木)より大阪・梅田劇場シアター・ドラマシティにて上演。

公式ホームページ http://pajama-game.jp/

 

関連記事


Page Up