Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

sg WANNA BE+ 「2011 THE LAST」Concert in JAPAN

2011/11/21 03:52


潮の香りが漂う山下公園を望む神奈川県民ホールには外の寒さを吹き飛ばすような熱気が溢れていた。2011年11月17日(木)、ステージ上のスクリーンには「2011 THE LAST Concert in JAPAN」の文字と共にローマのコロッセウムに流れ落ちる流れ星が映し出され、ファンはそのときを待っていた。18時30分、ついにそのときが来た。


スクリーンは「Part1 春」。そして、スポットライトを浴びながら、ブラックのスーツに身を包んだキム・ヨンジュン、キム・ジノ、イ・ソクフンの順に登場し、ジノの歌声ではじまる「僕の人 Partner of life」(第3集収録)が会場の隅々まで響き渡った。会場のファンは彼らをいまかいまかと待っていただけあって、盛大な拍手と歓声、オールスタンディングで彼らを迎えた。ヨンジュンのソロパートになったとき、来年、入隊の噂があるヨンジュンは思いが高ぶったのだろう、声を詰まらせてしまった。ファンからは「ヨンジュン!」と彼を励ます声援が飛び、横にいるジノやソクフンも「大丈夫だよ。頑張れ」といわんばかりに労わる。冒頭から調和するハーモニー以上の彼ら3人の絆が感じられた。そして、「LaLaLa…」とsg WANNA BE+の3人と会場のファンが声を合わせ、ペンライトの光は大きく左右に揺れていた。

続いて、「こんなに美しい」(第5集収録)がファンの「ヨンジュン!」、「ジノ!」、「ソクフン!」、「オッパ!」という声援へのお返しに、披露された。


まず、「アンニョンハセヨ(こんばんは)。ありがとうございます。神奈川の皆さんこんばんは。sg WANNA BE+のヨンジュンです。チェソンハムニダ(ごめんなさい)。ミッチョンナバヨ(信じられないよ、おかしくなったみたい)。…「2011 THE LAST」に来てくださって、ありがとうございます。このコンサートは韓国全国ツアーの日本公演です。韓国で歌っていない曲も歌いますので、楽しみにしていてください。」とさきほど声を詰まらせてしまったことをちょっと恥ずかしそうにはにかむお兄さん的存在であるヨンジュンの挨拶があった。

 そして、ムードメーカーのジノは「1、2、3 ありがとうございます。(3人で上手下手と会場中を見渡して挨拶)sg WANNA BE+のジノです。今日の僕たちのコンサートは楽しいコンサートというより、心に残るコンサートにできればうれしいです。」


ソクフンからは「こんばんは。sg WANNA BE+のソクフンです。日本ファンミーティング…(?)ファンミーティングからまだ1ヶ月しか経っていませんが、皆さんとたくさんお会いできるのは僕もうれしいです。今日のコンサートは四季をテーマに準備してみました。季節ごとにみなさんとの思い出を思い出させる音楽を準備しました。さきに歌った2曲は春に関する曲でした。これから歌う曲は雨の音をはじめに、夏と秋、冬を歌います。それでは聴いてください。」と。なんとこれらの挨拶はすべて日本語。カンペを見ながら、ちょっとたどたどしいところもあったが、一生懸命にファンに自分たちの言葉を届けようとする彼らの姿はなんともうれしく、感動すら覚えた。

 ソクフンの言葉通り、スクリーンに「Part2 夏、梅雨」と雨ににじむ風景が映し出され、「雨降る日の水彩画」(第2.5集収録)がファンに送られた。そして、赤いライトのもと甘美なメロディーの「死ぬほど愛してました」(第1集収録)が流れ、ジノの歌声が会場に響き渡った。続いて、「生きて」(第2集収録)にファンは聴き入った。sg WANNA BE+を代表するような曲が次々と…。


sg WANNA BE+には派手なパフォーマンスやダンスはない。しかし、そこには少しハスキーな温かい声のヨンジュン、力強い声のジノ、優しく包み込まれるような声のソクフン、彼ら3人のすばらしい歌声がある。そして、お互い共鳴し合う彼らのハーモニーがある。それだけで十分だと思わせるステージがsg WANNA BE+のステージだ。

 「Part3 秋」の最初を飾ったのは、ソクフンのソロ曲「手紙」。「これから僕のソロステージです。秋に合う歌を準備しました。歌詞が出ますので、見ながら聴いてください。頭に浮かぶ人、会いたい人、愛した人を思い出してください。」とファンに語りかけるソクフン。ファンからは「ソクフン!」と頑張ってというように声援がかけられた。その声援に応えるように「君がいたから大変だった日々を耐えられた。感謝しているよ。心から幸せになってほしいと願っている。…」と歌い上げる伸びやかなソクフンの歌声が会場を包み込んだ。しっとりとした今の晩秋に合う曲だ。そして、また3人揃って、「LOST」(日本1stアルバム収録)「フロントグラスの星空」(日本1stアルバム収録)、が続き、次の「Timeless」(第1集収録)では聴かせるバラードからミディアムテンポになったことから会場のファンはスタンディングとなり、ペンライトの光も秋の星空のように光を放っていた。


sg WANNA BE+の3人がいないステージのスクリーンには雪景色の中じゃれあう2人の男女の姿が。春夏秋とくれば、そう「Part4 冬」がここから始まった。

再び登場した3人はイメージそのままというようにも感じられもするそれぞれの個性が光るスタイルだった。ネイビーのジャケットのヨンジュン、黒のセーターのジノ、白のデザインジャケットのソクフン。「これから準備した冬を歌います。春が終わり、夏、秋が過ぎてこれから冬です。(笑)」そして、次の歌の紹介はジノのこの言葉だった。「sg WANNA BE+がはじめて出したアルバムに入っている曲です。どのときよりも熱い夢を持っていたときでした。」と。それはしっとりしたそしてどこか温か味のある彼らの思いが詰まった「その時まで」(第1集収録)だった。この後、ヨンジュンのソロ「悲しい縁」となった。「君とまた会い、たくさんの涙を流すのだろう。ぼくのそばにいてくれるよね。…幸せだったたくさんの思い出の中で…」とまるでヨンジュンからファンへ贈る言葉のようだった。

また3人で「冬の木」(第7集収録)、さらに、日本のブライダルソングとして1993年に一世風靡した山根康広のリメイク曲「GET ALONG TOGETHER」(日本1stシングル収録)。どの曲も冬の厳しさはあるものの、温かい気持ちがその寒さを覆うような曲ばかりだった。


四季は春、夏、秋、冬…だが、寒い冬で終わるのはどことなく寂しい。1年過ぎればまた春が来るものだ。桜舞い散る映像とともに「Part5 そして、また春」となった。ファンの目の前のスクリーンにはひまわり畑が広がっていた。そう、暖かい春を思わせる明るい曲調の「ひまわり」(第7集収録)だ。雪が解け、誰もが待ちわびていた花が咲き誇る春の到来を祝うかのように。ファンもオールスタンディングで、手拍子で盛り上がる。ジノの「ご一緒に!」という言葉と共に、彼らとファンとのコラボとなり、会場は一つになった。ヨンジュンはできるだけファンの傍に行こうとばかりに客席に近づいていく。会場を埋め尽くしたペンライトはまるでタイトルのようなひまわりのようだった。さらに会場の温度と気持ちはヒートアップしていく。そこで流れ始めるのはsg WANNA BE+の代表曲である「ラララ」(第5集収録)だ。ファンも手で大きくハートを作って踊り、歌声を彼らに合わせ会場は一体となった。その興奮も冷めないままビート感溢れる「More than Diamonds」(日本シングル第2弾収録)。タイトルと同じ虹色のライトの中、「虹色」(日本1stアルバム収録)が。ジノは「最高!」と叫び、3人ともダンス。そして、最後にソクフンはヨンジュンに向けて「fly」!しっとりと聞かせるコーラスも良いが、こんなおどけて見せる3人の姿もまたファンの記憶にいつまでも残ることだろう。心に残るコンサートにしたいという彼らの思いと共に。


楽しい時間が過ぎるのが早い。確実にラストに向っていた。

ヨンジュンが「そろそろ…ぼくたちが準備してきたコンサートはいかがでしたか?今回の公演ではみなさんに僕たちの歌をたくさん聴いてほしくて準備しました。あと少しですが、一生懸命に歌いますので、歌いますので(?)(笑)最後まで聴いてください。」と。そして、「お知らせがあります!」と。ファンは胸を高鳴らせながら「何?」と聞き返す。すると、ファンが驚く言葉が続いた「12月21日ヒルトン東京でクリスマスディナーショーやります!!詳しくはファンクラブのホームページをご覧ください。(笑)」。これに続く言葉はファンへの感謝の言葉だった。「たぶん日本での今日がラストコンサートです。皆さんいままで本当にありがとうございました。」と。ファンは「ヨンジュン!ヨンジュン!」と。ジノは「これからも一生懸命歌います!」と意気込みを宣言し、ソクフンは「皆さんの心のなかにしまっていた思い出、記憶、愛すべてを思い出せる時間になるように歌いましたが、最後の3曲ですが、最後まで心を込めて歌います。」とラストに向かっていった。


新曲「愛の掟:サランポプ」が披露された。そして、ジノのソロ曲「あの日」、別れの痛みに耐える男性像が天を見上げながらしっとり歌いはじめられ、そしてアカペラで力強く歌い上げられた。

ラストはもちろん3人揃って「アリラン」(第4集収録)。韓国の国楽であるパンソリを組み合わせた楽曲であるこの「アリラン」に合わせ、伝統舞踊のような手の動きをするジノの姿が印象的だった。そして、「アリラン」が流れる中、この日、会場に集まってくれたファン一人一人にお礼をするかのように3人肩を組み、右、左と深々と頭を下げ、最後の挨拶をした。そして、手を振りながら、ステージのそでに静かに消えていった。ファンはいつまでもいつまでも手を振って、3人を見送った。


しかし、ファンは会場を去ることはできない。「アンコール!アンコール!」の声と手拍子の嵐が会場を包み込んだ。そしてスクリーンに3人のphotoが映し出され、「2004年1月19日から2011年11月17日まで。そして11月17日から。最後と言うわけではない。…永遠に熱く歌っている。愛してくれてありがとう。そして、愛しています。」と彼らの気持ちがコメントとなって流れた。ファンの思いが届き、お揃いのブラウンの革ジャケットを着た彼らが再びファンの前に姿を現した。アンコールとして「愛して本当に良かった」(第1集収録)が最後にファンにプレゼントされた。そして、いつまでも3人一緒だとファンに誓うように肩を抱き合い、これまでの感謝の気持ちとこれからも応援してくださいと言う気持ちからだろう、頭を下げての挨拶のまま、今回のコンサートの幕が下りた。ファンはまだまだ3人のハーモニーを聞いていたいのだろう。「アンコール」と言う声援と拍手は鳴り止むことはなかった。


彼らの言葉通り、sg WANNA BE+のデビューから最新のアルバムに収めされている数々の楽曲が散りばめられて、2004年から2011年までの彼らの足跡を一緒にたどるような2時間だった。この構成は彼らが自分たちをこれまで熱く応援し続けてくれたファンにsg WANNA BE+としての曲を届けたい、伝えたいという気持ちからだろう。その思いは確実にファンに伝わり、心に刻まれただろう。これぞsg WANNA BE+!というコンサートだった。そして、彼らの楽曲を堪能した次は、来月、クリスマスディナーショーが待っている。ファンはこの興奮も冷める時間もなく、また彼らとの楽しい時間を過ごすことになるだろう。誰もがいろいろあったこの2011年を締めくくり、気持ちも新たに2012年を迎える準備をする時間になるに違いない。


クリスマスディナーショーの詳細に関しては

sg WANNA BE+オフィシャル ファンクラブ事務局のホームページにてご確認ください。

www.sgwannabe.net


取材:S.Tomomi

関連記事


Page Up