Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『ビブリア古書堂の事件手帖』主演:黒木華×野村周平×監督:三島有紀子!実写映画化決定

2017/11/8 05:00

主演:黒木華×野村周平×監督:三島有紀子

『ビブリア古書堂の事件手帖』実写映画化決定!!

『ビブリア古書堂の事件手帖』素材S

鎌倉の片隅にあるビブリア古書堂の店主である篠川栞子(しのかわ しおりこ)が古書にまつわる数々の謎と秘密を解き明かしていく三上延・著「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズは、発行部数はシリーズ累計640万部を突破。驚異のミリオンセラー文庫ミステリーが、この度最高のスタッフ・キャストで遂に実写映画化される。

若く美しいビブリア古書堂店主・篠川栞子を演じるのは、『小さいおうち』(14)で第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を日本人最年少で受賞し、同作と『母と暮せば』(15)で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を2年連続受賞するなど、高い演技力で日本映画界を牽引する黒木華。極度の人見知りだが、驚くべき本の知識とプロファイリング能力を持つ文芸女子、栞子を魅力たっぷりに演じる。

そして、ひょんなことからビブリア古書堂で働き始め、栞子に密かに思いを寄せる五浦大輔(ごうら だいすけ)に、『ちはやふる 上の句・下の句』(16)、『帝一の国』(17)、『22年目の告白私が殺人犯です』(17)など大ヒット作への出演が続く今最も旬な俳優、野村周平。過去の体験から本が読めなくなった特異体質を持ち、不器用ながらも誠実で憎めないキャラクター、大輔への好演に期待がかかる。

監督は、『しあわせのパン』(12)や『繕い裁つ人』(15)などのヒット作を手掛け、今年9月には最新作『幼な子われらに生まれ』(17)が第41回モントリオール世界映画祭審査員特別大賞を受賞した三島有紀子。厳しさと優しさを込めた眼差しで人物像を深く描くことに定評のある三島監督が、1冊の古書から始まるミステリー溢れるストーリー展開と共に栞子と大輔の純朴で愛らしい関係性と変化を緻密にそして繊細に描く。

古書と、そこに刻まれた謎と秘密を紐解く古書ミステリー映画が、2018年、満を持して誕生する!

 

関連記事


Page Up