Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三大テノールのドミンゴが認め、羽生結弦やプルシェンコがエキシビジョン使用曲に!「IL VOLO」日本初来日!!

2017/11/28 06:00

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

三大テノールのプラシド・ドミンゴが奇跡の才能と認め、羽生結弦やプルシェンコがエキシビションで彼らの曲を用い、YouTube再生回数は驚異の1億回を突破。今、圧巻の歌唱力で世界中に大旋風を巻き起こしているイタリア男子3人組「IL VOLO(イル・ヴォーロ)」が初来日した。東京公演(1129Bunkamuraオーチャードホール)、川崎公演(121日カルッツかわさき)を前に、1127日(月)イタリア大使館にて彼らの記者会見が行われた。

180A2185S左からジャンルカ・ジノーブレ、イニャツィオ・ボスケット、ピエロ・バローネ、スタラーチェ駐日大使

 

多くの記者が詰めかけた会見場には、ピエロ・バローネ(24歳)、イニャツィオ・ボスケット(23)、ジャンルカ・ジノーブレ(22歳)の3人組および、ジョルジョ・スタラーチェ駐日大使も出席した。

始めにスタラーチェ大使が「皆さん、こんにちは(日本語で)。ようこそイタリア大使館へ。私自身、IL VOLOの来日を心待ちにしておりました。IL VOROは、インターナショナルの分野でも大活躍していて、イタリアにとって誇りで、宝と言っても過言ではありません。IL VOLOは飛躍という意味で、このグループにはぴったりの名称。コンサートを拝聴できることを楽しみにしております」と挨拶した。

180A2200S

IL VOLOのメンバーは、「イタリアで最も知られているのは食べ物、車、そして音楽。その音楽を日本で披露できるのが大変うれしい」ことだと語った。今回日本で行われる2回のコンサートのタイトルは“時空を超えて三大テノールが甦る IL VOLO初来日記念コンサート『Notte Magica~魅惑の夜~』”。かつて、ドミンゴ、カレーラス、そして今は亡きパヴァロッティの3人が日本で熱唱したオペラのアリアを中心に、『オー・ソレ・ミオ』、『帰れ、ソレントへ』などイタリアの名曲、そして羽生結弦のエキシビション曲『NOTTE STELLATA(白鳥)』なども歌われる。

やはり、3人とも三大テノールのコンサートがIL VOROを結成するに至ったきっかけと話すが、今後はポップスからロックまで取り入れて、より大きくなっていこうと考えている。

180A2146S180A2134S

3人が絶妙なハーモニーを奏でる中、それぞれのパートについては「声の特長を考えながら曲を配分しているが、多くの曲の歌い始めはジャンルカ。声域が暖かいためで、曲が盛り上がっていくにしたがい、声域に合わせ他の二人に振り分けていく」とのこと。

皆イタリア人とあって、ユーモアに富んだ会話で会場を和ませた。「3人とも、ヒゲを生やしていて、イタリアではヒゲがはやっているのか?」の質問には、「イタリアの理髪師が死亡したため、伸び放題」。また、「私たちのリーダーは大使。4人でカルテットをやっていきたい」など、時折日本語を交えながら話すなど、初来日とは思えない勉強熱心な真面目なところを披露した。

180A2255S

日本公演のチケットは東京公演がソールド・アウトとなっているが、新たに発売され、世界各国で話題沸騰中のCD『グランデ・アモーレ』(11月22日発売)は是非聞いて欲しい。IL VOLOのこれからの活躍を絶対に見逃せない。

公式サイト(英語):http://www.ilvolomusic.com/
Youtube : http://www.youtube.com/user/IlVoloVEVO


 

 

関連記事


Page Up