Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

桐谷美玲28歳サプライズバースデーケーキに感激!映画『リベンジgirl』公開直前イベント

2017/12/19 03:55

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

1218日、映画『リベンジgirl』の公開直前女性限定スペシャルトークイベントが都内で行われ、主演の桐谷美玲、佐津川愛美、そして唯一の男性、三木康一郎監督が登壇した。会場は70%10代という若い女性で埋め尽くされた。

本作は、東大卒、ミスキャンパスグランプリなど才色兼備ながら、極度な性格ブスである宝石美輝(桐谷)が、失恋をきっかけに女性初の内閣総理大臣を目指して奮闘する姿が描かれる。

180A3279S

はじめに桐谷は「(試写会後の)映画を見てくださった方と顔を合わせるのが初めてなのでワクワクしているんですけど。これだけの女子が揃うとピンクのオーラを感じます」とコメント、さらに美輝について「前半はかなりぶっ飛んでいます(笑)。イタイ女と言われても仕方がないことをたくさんしているんですけど、真っ直ぐで正直なところはいいところと思いながら演技していました」と胸を張った。

当日の女子会の見届け役として参加した三木監督は、「恥ずかしいな。一人40過ぎのオッサンが混ざって」と言いつつ、桐谷と佐津川の印象については「桐谷さんはずっと出ずっぱりで、しゃべりっぱなしなんです。疲れた顔をしてやってきた日が何日もありました。でも本番になるとキュッと変わって演技をするというONOFFを使い分けられるスゴイ方だなと思いました」と語り、さらに佐津川については「美輝と凛子(佐津川)が抱き合うシーンで、美輝がセリフを言った2秒後に涙を流してというオーダーにキッチリ応えてくれ、すごいなと思いました」と二人を絶賛した。

180A3198S

桐谷は、佐津川との印象的なシーンについて「抱き合うシーンともう一つは雨の中のティッシュ配りのシーン。監督はすごく暖かそうなおしゃれなレインコートで(笑)。私たちは豪雨の中で、ずっと濡れっぱなしで寒かったです。とても!」と補足した。

俊也(鈴木伸之)、裕雅(清原翔)二人について恋愛の対象としてどうかの質問に、桐谷は「俊也はドS過ぎますよねって、鈴木さんと話しながら撮影していました(笑)。もっと優しい人がいいと思います。裕雅は裏の顔が怖すぎ!前半はラブラブ期のバカップルで楽しいかとは思うのですけど」など、佐津川と二人で大盛り上がりだった。

この後は、公式SNSや会場に集まった女性たちからキャスト陣に相談したいことを募り、“お悩み相談室”のコーナーになった。会場に集まった140名の女性たちから事前にアンケートをとった結果、恋人がいない人が80%に及ぶと聞いた二人は「逆なんですね」とびっくり。また、クリスマスの予定は、「友達と過ごす50%、家族と過ごす20%、恋人と過ごす12%、仕事6%」という結果には、桐谷が「仕事が一番いいですよね。仕事は裏切らない!」とコメント。

お悩み相談として、「裏切られて、最終的にバッサリフラれました。前を向いて新しい恋に進むにはどうしたらいいか?」という相談には、桐谷は「私だったら前向きになりたいから、友達に話を聞いてもらって、スッキリしたい」、佐津川も「私もいいと思う。無理して頑張ろうと思うと余計に引きずってしまう。友達に全部吐き出すのはいいと思います!」と素晴らしい回答だった。

180A3259S

そして、最後に12月16日に誕生日を迎えた桐谷に、特製バースデーケーキが贈られた。桐谷は「(ケーキの中の顔写真を見て)私がいる!すごーい!(笑)」と大感激。「28歳最初の作品が『リベンジgirl』で、本当に魂込めて作った作品だったので、それがいい作品になったのは縁を感じるし、嬉しい気持ちでいっぱいです。28歳になったのが全然想像つかないです。気持ちが23、24歳で止まっているので、そこに追いつけるように少しずつ大人なれたらなと。これからもマイペースに頑張っていきたいと思います」と抱負を語り締めくくった。

映画『リベンジgirl』
©2017映画『リベンジgirl』製作委員会
公式サイト:http://revengegirl-movie.jp/
Twitter   :@revengegirl1223

Instagram :@revengegirl1223
12月23日(土・祝)全国公開ロードショー

 

関連記事


Page Up