Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

手塚治虫生誕90周年記念舞台『プルートゥ PLUTO』 土屋太鳳が舞台初出演、舞台はスゴイです!

2018/1/6 11:39

取材:記事・写真/RanRanEntertainment

15日(金)、Bunkamuraシアターコクーンにて翌日の16日より開幕する舞台『プルートゥ PLUTO』のプレスコール、記者会見が行われ、会見には、主演の森山未來、土屋太鳳、大東駿介、吉見一豊、吹越満、柄本明、そして演出・振付を担当したシディ・ラルビ・シェルカウイが出席した。

180A4695s

2015年に世界初の舞台化を実現した本作が、3年の時を経て、新しいキャストを迎え、構成・演出を刷新した。演出・振付のシディ・ラルビ・シェルカウイ(以下ラルビ)は、ローレンス・オリヴィエ賞を 2度受賞、2014年には母国ベルギーでその活動が高い評価を得て国王から爵位の名誉称号を授与されるなど現代舞台芸術を牽引する世界的天才振付家として名高い。幼少期に手塚治虫作品に出会い多大なる影響を受けていたラルビは、2011年に手塚治虫の思想/生涯をダンスというメディアで展開する『テヅカ TeZukA』を創作。2015年には浦沢直樹、長崎尚志作品のファンでもあったシェルカウイの長年の夢が叶い本作の上演が実現、今回はその再演となる。

主演には、俳優、ダンサーといった垣根を越えた表現者として高い評価を得ている森山未來。2015年の公演で心揺さぶると絶賛された「アトム」に再び挑む。不思議な能力を持つ「ウラン」とゲジヒトの妻「ヘレナ」には、本作が初舞台となる土屋太鳳。シェルカウイ演出・振付のもと、森山・土屋のパフォーマンス競演にも注目が集まっている。さらに、大東駿介(ゲジヒト)、吉見一豊(お茶の水博士)、吹越満(アブラー)、柄本明(天馬博士)ら、最強のキャスト・クリエイターが集結している。

180A4432s180A4477s180A4490s180A4511s

本作2度目の演出について

ラルビ:再演できることは大きな歓び。原作漫画をとても大事に、ニューフェースも増え魔法のような時間を過ごしています。

見どころ、初日への意気込みについて

森山:原作を大事にしつつ、さらに再構築し、より作品をブラッシュアップしていくというイメージでワークしてきた。ストーリーとしても素晴らしいし、またニューフェース含め素敵なキャスト。3年間に観た方も今回初めて見る方も衝撃を受ける舞台になっていると思います。

土屋:舞台はスゴイです。宇宙でした。ユニバースというか(笑)。たくさんのお客さまの心を感じながら演じたいと思います。前日の取材会見はTVで拝見し、あこがれだったんですけど、緊張で心と体が幽体離脱になりそうです(笑)。(プレスコールのステージでは)2回噛んじゃったんですけど(笑)たくさんのアドバイスをいただき、(舞台出演は)人生で大切な節目になるだろうなと感じています。

180A4365s

大東:3年前に舞台を拝見し圧倒されたその舞台に立ててすごく幸せ。身体表現が圧倒的で引き込まれる。それぞれが新しいアイデアを持ち寄り、日々成長していくのが刺激的で充実した稽古でした。明日からの本番がすごく楽しみです。

今年の抱負

ラルビ:勇気をいっぱい持ちたいです。

土屋:初舞台、海外公演もあるのでそういったときこそ気を引き締めて、いろいろなものに恋をしていきたいと思います。

大東:この期間中筋トレしていて、楽屋で柄本さんからプロレスラーになるのかと言われたんですけど、今年の抱負はプロレスラーになることではなくことではなく、体と仲良くなることです。

吉見:怪我と病気はしないようにしたいです。

森山:毎日お酒を飲んで楽しめたらいいなと思います。飲みすぎないようにしたい。

吹越:海外公演が楽しみ。

柄本:自律神経を注意して、この一年無事に済めばいいなと思っております。

ヨーロッパツアーへの意気込みについて

ラルビ:日本が発信となる“漫画”という媒体は今や世界を征服していると思う。ヨーロッパ公演により“漫画”の扉を世界に開くようになれたらと祈っております。すでに根づいている国もあるので、自信をもってこの公演をひっさげていく。人間とは何なのかという普遍的なテーマ、世界共有のテーマを楽しんでいただけると思っています。また、浦沢直樹、長崎、手塚の原作紹介にもつながればうれしい。言葉の垣根を越えて人を動かすことのできる作品だと思っています。

森山:できる限り多くの方に見てもらいたい作品。このタイミングでヨーロッパ各国を回れるのはとてもうれしいこと。

シアターコクーン・オンレパートリー2018
手塚治虫 生誕90周年記念
鉄腕アトム「地上最大のロボット」より
『プルートゥ PLUTO

演出・振付:シディ・ラルビ・シェルカウイ
出演 森山未來、土屋太鳳、大東駿介、吉見一豊、吹越満、柄本明 ほか


【東京公演】公演期間:201816日(土)~128日(日) 全27 回公演
会場:Bunkamura シアターコクーン
【欧州ツアー】
イギリス・ロンドン公演 201828日(木)~11日(日) Barbican Theatre
オランダ・レーワルデン公演 2018215日(木)~17日(土) Stadsschouwburg De Harmonie 
ベルギー・アントワープ公演 2018222日(木)~24日(土) deSingel Red Hall
【大阪公演】
公演期間:201839日(金)~14日(水)
会場:森ノ宮ピロティホール

 

関連記事


Page Up