Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

映画『アバウト・レイ 16歳の決断』ナオミ・ワッツエル×エル・ファニングまるで本物の親子

2018/1/18 06:30

映画『アバウト・レイ 16歳の決断』

ナオミ・ワッツエル×エル・ファニングまるで本物の親子

エル・ファニング×ナオミ・ワッツ 母息子解禁スチールs

『リトル・ミス・サンシャイン』(アカデミー賞主要2部門受賞)では、幸せの黄色いバスに乗った落ちこぼれ家族を、『サンシャイン・クリー ニング』では、事件現場のクリーニングをする崖っぷち家族を描いてきたチームが再び集結し製作した映画『アバウト・レイ 16歳の決断』(『3 Generations』)が2月3日(土)より新宿ピカデリーで公開される。

『マレフィセント』のオーロラ姫役で一躍人気を博し、ソフィア・コッポラの新作など出演作が相次ぐエル・ファニングがトレンドマークのロングヘア―から一転、本当の自分を求め、心も身体も男になると決断したトランスジェンダー(FTM)の主人公・レイを熱演。そして、アカデミー賞に2度のノミネートを誇るナオミ・ワッツが、恋多きシングルマザー・マギーに、名優スーザン・サランドンが、破天荒なレズビアンのおばあちゃん・ドリーに扮する。最初は「レイの決断」に戸惑いながらも、次第に誰よりもレイの一番の理解者となっていく二人。ぶつかり合い、傷つけ合っても、家族だから何度でもやり直せる―。新しい時代の新しい家族の形が、観る者に大きな愛を惜しみなく与えてくれる、感動の物語が誕生した。

*トランスジェンダーとは?→身体の性と心の性が異なる。
*FTMとは?→女性の身体で生まれてきたが、性自認が男性。

映画『アバウト・レイ 16歳の決断』
原題:3 Generations
監督:ゲイビー・デラル
出演:ナオミ・ワッツ、エル・ファニング、スーザン・サランドン、リンダ・エモンド、テイト・ドノヴァン、サム・トラメル
配給:ファントム・フィルム
© 2015 Big Beach, LLC. All Rights Reserved.
2月3日(土)、新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー

 

関連記事


Page Up