押見修造の人気コミック 『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』映画化 公開初日舞台挨拶

2018/7/16 12:34

15歳の実力派若手女優・南沙良&蒔田彩珠ダブル主演
  『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』
 人気漫画家・押見修造感無量!
100点満点以外、言いようがない!

集合写真S

映画『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』の公開初日舞台挨拶が714日(土)、新宿武蔵野館にて行われ、W主演の南沙良、蒔田彩珠(まきたあじゅ)、萩原利久、湯浅弘章、原作の人気漫画家・押見修造が登壇した。

本作は、押見修造が実体験をベースにした同名作の映画化。待ちに待った初日舞台挨拶は、期待値マックスの観客で満員御礼!キャスト&監督、そして原作者の押見修造氏が集結し、さらには映画の感動そのままに志乃(南)、加代(蒔田)、菊地(萩原)がスクリーンから飛び出してきたかのような制服姿で登場!映画の魅力から舞台裏話、さらには押見修造による原作誕生の秘話など熱い想いが溢れる舞台挨拶となった。

映画を見終わった直後で感動の余韻に浸る観客の拍手が鳴りやまない中、感慨深い表情で南・蒔田・萩原、湯浅監督、原作者の押見が登壇。湯浅監督が「こんなにも多くの人に劇場にきていただけて本当に嬉しい」と涙目に挨拶。また、原作の押見は「ひとりぼっちだった学生時代を投影した漫画をみなさんがこうして演じてくれて、さらにたくさんの人に観ていただいて本当に嬉しいです」と熱い気持ちを言葉にした。

吃音により言葉が上手く話せない志乃という難役に挑んだ南は「実は、小さい頃からセーラー服に憧れてて、劇中で制服を切る事ができて嬉しかったです」と撮影時には明かしていなかった想いを吐露。一方、志乃が心を開いていく友人・加代を演じた蒔田は、志乃とのやりとりを振り返り「演じる際は、言葉が上手く話せない志乃が言葉や気持ちを伝えきるのを待ってから答えることを心がけました。コンプレックスを抱えてきた加代なら、笑われたり遮られるのがどれだけつらいか分かっているはずだから」と語った。

湯浅監督は「一番手をかけたのは、冒頭、クラスの自己紹介で志乃が自分の名前を言えないというシーン。それは、この作品がどのような作品か、志乃がこれまでどのような人生を歩んできたのかを表現しなくてはならないから」と映像表現ならではのアプローチの仕方を語った。原作者の立場からの満足度を問われると「キャストの生々しい演技に、まるでドキュメンタリーを見ているようでした。原作者としては100点満点の出来ですね!」と笑顔で言い切り、会場からは拍手が巻き起こった。

最後に、南は「私自身、コンプレックスがたくさんあった。この作品に出会うまで、それをどう排除しようか考えてきたが、コンプレックスとどう向き合ってあげて、還る場所を作ってあげられるかが重要だと気づけた。この作品がみんなに伝わったらいと思う」と語り、蒔田は「同年代の学生だと特に共感できる部分がある作品だと思います。一方、大人も当時の気持ちや懐かしさを感じてもらえると思う。多くの人に見て欲しいです」と会場に訴えた。

©押見修造/太田出版©2017「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」製作委員会
新宿武蔵野館ほか大ヒット上映中!


 

関連記事


Page Up